筆者おススメの本⑤ーグッドバイー






「大浦慶(おおうらけい)」

お茶に興味ある方なら一度は聞いたことがある名前ではないかと思います。

とはいえ筆者には「幕末にはじめて日本茶を輸出した女商人」というくらいの情報しかなく、特に調べることもなく終わっていました。

また、以前はよく読んでいた小説をあまり読まなくなって久しいのですが、何はともあれ主人公が大浦慶ということであれば読まずにはおれません。

栄華と没落、それでも生き抜いていく強さを持った大浦慶とともに、幕末から明治の激動の時代を一緒に駆け抜けたようなすがすがしい気持ちでいます。

お茶に興味がある方には是非読んでいただきたく、ご紹介させていただきたいと思います。

グッドバイについて



朝井まかて著 朝日新聞出版
2019年1月31日 第一版発行

「朝日新聞」2018年4月6日~2019年3月29日に連載。
単行本化にあたり加筆修正。

著書の朝井まかて氏は1959年生まれ。
2006年より大阪文学学校で学び、2008年小説現代長編新人賞奨励賞を受賞しデビュー。
様々な賞の受賞歴がある女性作家。

朝井さんは小説家になる前、長くライターとして働いた。同じように「現状を抜本的に変える案は却下」という経験もしてきた。「リスクを引き受けたくない人々はダメ出しに終始する。その構図は、昔も今も変わらないと思います」
▼引用:好書好日

 

簡単なあらすじ

油商である大浦屋の次女として生まれたお希以(のちにお慶と改める、以後お慶と記載)は総領娘として育てられる。
自身の母親も総領娘として育てられ、父は入り婿だったがお慶が4歳の時に母は世を去り、父は後妻を迎える。

父に商才がないことを見抜いた祖父はお希以に商いの基本を伝えていく。
祖父はお慶が12歳の時に亡くなり、4年後には大火事が起こって大浦屋も焼け落ちてしまう。

その最中父と後妻と子どもは姿を消し、お希以が大浦屋を16歳で継ぐこととなった。

油の商いも下火となりつつある中、海外から入ってくるものを売るのではなく、自ら輸出することを思いつく。

当時嬉野で作られていた釜炒り茶を通詞の品川を通じてオランダ人の若き船乗りのテキストルに渡すことに成功する。
釜炒り茶がオランダで売れるのかどうか、サンプルとして手渡したのだ。

来る日も来る日もオランダ船が長崎に到着するのを待ちわび、3年が経過。
イギリス人のヲルトとい外国人が大浦屋に訪れる。

テキストルと同様若き商人のヲルトはアメリカで釜炒り茶を売りたいと、1万斤(6トン)もの茶葉を調達するようお慶に依頼をする。

長崎中、長崎を飛び出し農家の元まで足を運び茶葉をかき集め、なんとか取引は成功。
その後は順調に売り上げを伸ばし、お希以は油商ではなく茶商として財を成していく。

長崎にいた亀山社中(のちの海援隊)の若者たち、坂本龍馬や大隈重信、岩崎弥太郎ら現在も名を残す幕末明治の偉人たちの援助も行い、茶の商いはますます発展。

しかし、開国をしたのちの日本は海外貿易の拠点が長崎から横浜へ。

次第に暗雲が立ち込めていく中、お慶は現在の価値で3億という負債を背負うことになる詐欺に巻き込まれていく。

大浦屋の運命は?
お慶は一体どうなっていくのか…



筆者おススメポイント

■茶農家とのつながり

お茶が好きな人間にとって、扱っている商材が「茶」であることが何よりポイントです。

オランダ人のテキストルから釜炒り茶のサンプルを手に入れたイギリス人のヲルト、グラバーたちは当時イギリスで大人気の「紅いお茶(紅茶)」ではなく、お慶が扱う釜炒り茶をアメリカへと輸出します。

ヲルトから大量の釜炒り茶を仕入れたいと言われて、お慶は長崎中を奔走しますが全く足らず、佐賀藩嬉野まで足を運び井出茂作という農家に釜炒り茶の在庫をすべて譲ってほしいと頼み込みます。

外国人が訪れることもない山奥でお茶を作りながら、書物を読み世界情勢を学んでいる茂作。
最初の輸出は大成功。
その後お慶は茶畑を増やしてくれるよう茂作にお願いしに行きます。
茂作とヲルトを引き合わせても良いとも。

「ゆうべは胸が高鳴ってしもうて、よう寝られんかった」
ヲルトに引き合わせてもらいたい一心のみならず、何やら意気に感じてくれたようだった。
「異国ば学ぶことにのみ腐心しとったばってん、己の畑で作った物が海ば越えると思うたら総身に力が漲って、じっとしておられん心地になったけん」
※本文ママ

 

筆者、ここでガッツポーズ。←

■再生工場、輸出茶箱

長崎で有名なグラバー邸には当時日本で初の再製工場があったそうです。

再製工場というのは輸出する茶を外国商館で仕上げ(再製す)るための工場です。

なにせ長い期間船に乗せられて海を渡っていきますので、その間にカビが生えたりすることを避けるためしっかりと乾燥を行い直して輸出を行っていました。
その間に着色をしたり、それによってアメリカから怒られたりと色々なこともあったりするのですが…この辺りはまた改めて記事をまとめたいと思っています。

ヲルトやグラバーの邸内にも再製工場があったそうです。
▼参照:【グラバー家ヒストリー EP7】グラバー商会について①
※「生の茶葉」を外国に送っていた、とありますが、荒茶の段階の少々乾燥が甘い状態ではないかと思います。

その再製工場をお慶は自分の屋敷内に作っていました。

仕事のない女性を雇い入れ、釜での再加工を行い、輸出しやすいように茶箱も作ったという記載があります。

最後の方には横浜から輸出された際に使われていた茶箱絵を参考に浮世絵師に依頼して作らせたというような内容も書かれています。

▼参照記事:輸出をされていた日本茶ー商標である蘭字についてー

▼参照記事:これからの時期の茶の保管に最適!茶箱の魅力!

幕末から明治の茶の輸出についてかなり詳細に書かれており、興味深いです。
日本茶の輸出について気になる方にもじっくり読んでいただきたい箇所が多く出てきます。

■お慶という人物

油商の寄り合いで輸入に頼らず、輸出について言及した際に、ぼこぼこにされるのですがそれでも全くくじけない強さ。

3億円もの詐欺事件に巻き込まれ、大きな負債を背負って自身も製茶場に立ち、茶を揉み続けて借金を返済していく商人魂。

多くの人からいいことも悪いことも持ちかけられることが多いのですが、自身の判断で見極め、幕末明治の偉人たちにも信用された女性。

男性には縁がなかったようですが、義理人情に篤い商人として描かれています。

他にももちろん見どころや涙が出るようなシーンもたくさんありますので、是非読んでいただきたいと思います。

結び

グッドバイのタイトルには何が込められているのだろうと考えていました。

本の中に多くの出会いと別れがあります。

お慶は最後に志半ばで亡くなった多くの人たちを思いながら、自分の手に入れた黒船で「グッドバイ」と言います。

その言葉には何が含まれているのか、筆者にはしっかりと読み取れませんでした。

しかし、黒船を手に入れたことが彼らへの弔いであり、鎖国中の江戸時代に栄華を誇った長崎や古い時代への「さようなら」だったように感じました。(執着へのさようなら?)

他にも今の茶業に照らし合わせて考えさせられる内容もあり、お茶好きな方、茶業関係者にも読んでいただきたいと本気で思っています。

小説ではありますが、感じることは多いのではないかと思います。



筆者おススメの本④ー茶道教養講座4 日本茶の歴史ー






冷房をいれなくても快適に過ごせる日も出てきて、外出するとくしゃみが出るようになりましたので紛れもなく季節は秋。

通勤電車の中や自宅に帰って、本を読むことが多くなってきました。

本棚を片付けながら、これどんな本だったかな、これ細かいところ忘れちゃったな、という本を読んでいくようにしています。
とはいえ、筆者ものすごく本を読む速度が遅いです。。

こちらはかなり久しぶりに開いた本です。

今回の本は?



著書、橋本素子先生の出版時(平成28年7月)のプロフィール

梅花女子大学非常勤講師。
1965年生まれ。
奈良女子大学大学院文学研究科終了。
専門は中世日本史。主に喫茶文化史。
京都府茶業会議所学識経験理事。
共著書に「講座 日本茶の湯全史 第一巻中世(思文閣出版)」

長い日本茶の歴史をご自身の見解とともに分かりやすく解説されています。

歴史、特に中世あたりが非常に苦手な筆者からすると、思った以上に分かりやすくするすると読めました。
資格を取る際もこの辺りは試験に出ないことを前提に覚えなかったという痛い記憶が…。

筆者おススメポイント

筆者のおススメポイントが結構あったのですが、2つに絞ってみたいと思います。

①喫茶文化の到来

日本の喫茶文化はやはり中国から入ってくるのですが、橋本先生はこの喫茶文化の到来を大きく分けて3回あったと書かれています。

1、煎茶法
2、点茶法
3、淹茶法

一度目は平安時代前期(800年代はじめ)、唐風の喫茶文化の「茶を煮出して飲む方法」が到来。
煎茶法 (せんちゃほう)
※煎じるの「煎」ですが、この時代の煎は煮出すの意

二度目は鎌倉時代初期(1100年代の末期)、宋から「抹茶(粉末茶)を湯に注ぐ飲み方」。
点茶法(てんちゃほう)

三度目は江戸時代前期(1600年代の後半)、明から「葉茶を湯に浸して飲む飲み方」
淹茶法(えんちゃほう)

これはただ単純に覚えやすい、と思いました。

資格を取る際に、長い歴史をはじめから順に追いながら覚えていたので、全部通して見ると頭の中がぐちゃぐちゃでした。

喫茶文化に限って見ると大きく3回の変革期があったことを頭に入れると、そこに絡めて茶文化を覚えていきやすいと感じます。

②宇治茶は日本一





宇治茶が日本を代表するトップブランドであることは今も変わりはありません。

橋本先生は伝統を重んじる「エルメス」タイプと革新性を重んじる「シャネル」タイプがあるとすれば、宇治茶は常に革新していく「シャネル」タイプだとしています。
 その例え方がまず素敵です。←個人的意見

茶の生産についての資料が多く出てくるのは南北朝時代(1336~1392年)で主に「異制庭訓往来(いせいていきんおうらい)」に詳しいそうです。

※「異制庭訓往来(いせいていきんおうらい)」
⇒『新撰之消息』『百舌鳥往来』『森月往来』などともいう。南北朝時代の初学者向け教科書。1巻。江戸時代,虎関師錬の編とされたが,定かでない。正月から 12月までの行事風物を述べた贈答手紙を掲げ,貴族社会における知識百般を体得できるように工夫されている。中世往来物の一つ。『群書類従』所収。(コトバンクより)

「異制庭訓往来(いせいていきんおうらい)」には初めて日本茶産地ランキングが掲載されていて、第一位は「栂ノ尾高山寺」がトップでした。

それが次第に宇治の評価が上がっていき、栂尾と宇治がトップに。

戦国時代には宇治茶の知名度を上げるために「無上(むじょう)」と「別儀(べちぎ)」というブランドを作ります。

どんどん茶園を広げ、生産量を増やし、経営基盤の安定と強化を図っていきます。

それだけ人気のブランドとなれば、偽物が横行するようになるのは世の常…。

偽物を作らせないように宇治茶ブランドをさらに強固なものにすべく、時の為政者である豊臣秀吉に法令を出してもらいます。

天正12年(1584年)の一条目には
「他郷の者、宇治茶と号し、宇治茶に似た銘袋を似せ、諸国に至り商売せしむ事」とあります。

「以上のことより、近世初頭の宇治茶は、宇治郷内だけではなく宇治郷以外の場所で栽培された茶も、いったん宇治郷に在住する宇治茶師のもとに集積され、製茶やブレンドなどの仕上げの工程を経たのち、全国販売される段には、すべてが「宇治茶」と称された。この時点で宇治茶は、産地名表示ではなく、集散地名表示となっていたのである。」(原文ママ)

そうなってきますと、宇治以外の名の知られぬ産地で作った茶を宇治に持っていって、宇治茶師によって最終仕上げしてもらい高く売るというようなことが当然起こったことでしょう。

それくらい、宇治茶のブランド力が高かったということですね。

内容は違いますが、地理的表示保護(GI)や地域団体商標にも通じるところがありますね。
▼参照記事:地理的表示(GI)と地域団体商標。茶に絡む商標にも様々なものがある?!

それほどに名前が知れ渡っているというのに、まだ宇治茶は革新を続けます。
貪欲。。

ここで登場したのが、覆下茶園からの碾茶栽培。

そして「抹茶と言えば宇治」という今でも続く確固たるブランドを築いていくのです。
▼参照記事:【2019/11/18、2020/6/12追記あり】中国で「宇治」が商標登録?!今後宇治茶と名乗れなくなる?!
▼参照記事:「宇治茶の普及とおもてなしの心の醸成に関する条例」、「府『宇治茶』新条例」(仮称)とは?

この他は是非是非読んでみてください。
難しい言葉も多少は出てきますが、非常に読みやすく分かりやすいです。

結び

世界の歴史も覚えるのが大変なのですが、日本だけでも茶に絞ると相当に覚えることがあります。

筆者は年号を覚えるのが非常に苦手で、茶の教室がある時はずっと壁に向かってブツブツ呟きながら年号を覚えています。(一夜漬け)

こうして、一見難しそうに見えてもさらりと読み流せる日本茶の歴史の本は貴重だと思いますので、是非ご興味ある方は読んでみてください。

橋本先生の著書はほかにも、


こちらがあるそうです。

筆者もこちらは読んだことがないので、早速ぽちっとしてみようと思います。

読書の秋、お茶への知識を深めるにも良い時期ですね。
もちろんとっておきのお茶を片手に。

筆者お勧めの本③ー茶の涙ー






暑い暑いと言いながら、少しずつ朝晩は秋の気配を感じるようになりました

若い頃は「暑さだって寒さだって終わりが来るよ。辛いことも悲しいことも永遠には続かない。」と言われてもその一点の苦痛に目を奪われて先のことなど何も見えなくなっていましたが、今は少し長い目で見ることが出来るようになった気がします。←どうした?!

前回は茶柱倶楽部という漫画のご紹介を書いたので、今日も茶の漫画をご紹介です。

茶の涙について



水面かえる著

2009年から2011年に無料のWEBコミック誌「EDEN&ブレイドコミックアーカイブ』」(現『WEBコミック EDEN』)にて連載。
NPO法人日本茶インストラクター協会協力。

単行本は全4巻。

フランス人のハーフである主人公「内藤涙(ルイ)」は宇治で900年の歴史を持つ老舗茶屋「神那木」の元筆頭茶師。

突然日本茶の輸入禁止を決めたフランス漁農相や中東出身の大富豪を相手に日本茶の素晴らしさを披露し、「神那木」の元筆頭茶師を辞めることになった悲しい過去と対面していくことに。

詳しい内容は是非手に取って読んで見てください。



筆者おススメポイント


漫画の内容も面白く、あちらこちらに茶に関わっている方たちの思いや伝えたいことが入っているので取材協力されている方たちのお顔が浮かんできます。

伝えたいことが多すぎて、4巻には収まりきらない内容になっている感じが正直ありましたが。。

また、巻末に「日本茶 茶のみ話」という本編の補足が数ページ書かれているのですが、ここは日本茶を飲み始めたばかりの方などには非常に役に立つ内容ばかりです。

美味しい淹れ方、水出しの作り方、等はお茶を実際に淹れる時の参考になりますし、「茶問屋について」とか「合組」についての説明等もあります。

品種についても触れており、簡単でかつ明快に説明がされているので自身の勉強にもなりました。
▼参照記事:日本の茶には様々な品種がある?品種について学びたい!
▼参照記事:紅茶の選び方②~シングルオリジン?orブレンド?~

あとは、これは有名ですが、茶業界の有名人がキャラクターとして出ていらっしゃいます。(答え、書いてた…)
▼参照記事:世界お茶まつり2019!<セミナー編③>「日本茶のビンテージを知る」

結び

昔は生粋の漫画っこ(?!)だったのですが、最近は漫画読まなくなっておりました。

頭を空っぽにして漫画の世界にどっぷり漬かるのはなかなかに楽しいものです。
実際はお茶のことで頭がいっぱいでしたが。(笑)

今年の冬も家に籠ることが多いかと思いますので、茶関係の読んでいない図書(読んだけど忘れてしまった)を片付けていこうと思っています。

他にもお茶関係の漫画があるので、そちらも読み次第ご紹介しようと思います。



筆者お勧めの本②ー茶柱倶楽部ー






まだ暑い日が続いておりまして省エネモードですが、少しずつ本を読むようにしています。
(積読と忘れてしまったことが多すぎて…)

本を読むと新たな学びや刺激があるものです。

それと同様に先日オンラインでお茶を学ぶことが出来ることを書きましたが、こちらも刺激になります。

暑いとどうしてもだらだらと過ごしがちですよね。
そういう時はせめてYouTubeで茶関係の動画を見たり、勉強系の動画を流してます。

まぁ、所詮兼業サラリーマンですがね。。(自爆)

そんな暑い日にぼんやり茶のことを学んだり、茶を飲みたくなるような漫画をご紹介します。
今更って言わないでください。。不朽の名作です!

茶の漫画?

茶関係の漫画はいくつかあります。

筆者が学生だった頃には「紅茶王子」が流行りました。

紅茶の入ったティーカップに満月を映すと、そこから紅茶の王子が現れて…という内容です。

イケメンの紅茶王子がいっぱい出てきて、”THE 少女漫画!”という内容ではありますがつい紅茶を飲みたくなるハートフルな内容です。

これを読んだ多くの方が一回はティーカップを持って満月を見に行ったことがあるはずです。(笑)

筆者の友人はこれを読んでからすっかり紅茶にハマり、紅茶が好きすぎて年に一度はイギリスやスリランカを旅行をしています。

茶柱倶楽部とは?


週刊漫画TIMES」(芳文社)にて2010年5月~2015年11月まで連載。
単行本は全8巻で、筆者は青木幸子。

筆者である青木さんにお会いしたことがあります。
お茶の知識がとても豊富で、お茶愛が伝わってくる方でした。

「紅茶王子」は紅茶がテーマですが、茶柱倶楽部は「日本茶」が題材となっています。

主人公である鈴は静岡のお茶屋の娘。
あるときケガをした年配女性を助けてとても美味しいお茶をもらいます。
その年配女性を探しながら、宝くじで当たったトラックを移動茶店にして全国を回っていく物語。

様々な人に出会い、様々なお茶が鈴の手で淹れられ、様々な縁が生まれます。

果たして鈴は年配女性に出会えるのでしょうか。
そして、美味しいお茶の正体を知ることができるのでしょうか。

1話完結が多く、毎回美味しそうな日本茶に魅了され、涙がほろりと出るような心温まる内容ばかりです。

日本茶に興味がある方もない方も是非読んで見ていただきたい漫画です。

筆者おススメポイント


鈴がよく素敵なセリフを言ってくれるのです。

上の言葉は旅に出る前父親に「移動喫茶がどう「茶」のためになる?」という問いに対して、

「お茶の実力が知ってもらえる。

成分だけ抽出したようなものじゃない
きちんと丁寧に煎れた
本物の「お茶」の味…

たいして興味のない人にこそ飲んでほしいの。
専門店とか講習会に来るような人は自分からどんどん飲むでしょう?

だからこっちから行く!」

そう、お茶はお茶を飲んだことがない人にこそ飲んでもらいたいのです。

他にも、筆者のツボに入った言葉。

「≪好みの味≫じゃなくて≪体にいい≫だけを追求するのなら、≪錠剤(サプリメント)にして飲めばいい≫になっちゃいます。

お茶の最大有効成分は、煎れ手と飲み手が向き合う時間だと思います。

これは本当にそうなんです。

以前の記事でも何度も書いていますが、お茶は美味しいから飲むのであって、健康のために飲むものではありません。

もちろん、茶は元来薬とされていた時代もあり、体に良い成分もたくさん含まれていることは研究でも明らかになっています。

ですが、鈴の言う通り「茶の最大有効成分は人が向き合う時間」なのです。

筆者は一人で茶を飲んで内省するのも良いと思っています。

人と人でも良し。
自分と向き合うでも良し。

茶は体よりむしろ心に効くものかも知れませんね。
▼参照記事:茶を飲むのは体に良いから?茶=薬?特定保健用食品?機能性表示食品?(追記あり)
▼参照記事:「緑茶に含まれるカテキン類が新型コロナウイルスに効果的 」という文言はアウト!消費者庁の注意喚起。

結び

新型コロナウイルスで家にいることが多くなっているかと思います。

そんな時、お茶を飲みながらこうしてお茶の漫画や本を読むというのもなかなかオツなものですよ。

お茶をつまみにお茶を飲む、みたいな。←

筆者の茶友達の中には夢は「鈴のように移動茶店をやる」と言いながら日々茶の指導を行っている人や、全国を回って茶の仕入れをしているバイヤー等がいます。

こんな産地があったんだ。
このお茶飲んでみたいな。
こういう風にお茶を煎れてみよう。

などなど、読む度に日本茶が好きになる漫画です。

是非是非読んでみてくださいね。



【レビュー】Amazon限定発売「フォション 紅茶のお酒 ストレート」と「アップル」を飲んでみた!


先日FAUCHONから紅茶のリキュールが二種類発売されるというニュースリリースがありました。

FAUCHONの紅茶は20年近く前に紅茶を飲み始めてすぐ、「フォションのアップルティは美味しいよ!」とお茶友達に教えてもらって購入しました。

思えばメーカーものの紅茶を購入したのはこの時が最初だったように思います。

香りも味も抜群に美味しく、感動したのを今でも明確に覚えています。

買わなきゃダメでしょ!ってことですぐにAmazonで購入。

ようやく手元に届いたのでレビューです。



フォションについて

フォションは紅茶に興味のある方でしたお馴染みかと思います。

1886年にパリのマドレーヌ広場に開かれた高級食料品店です。
その後食のセレクトショップとして今も世界中の人に愛されています。

日本に入ってきたのは1972年。

日本では紅茶が有名ですが、紅茶に合うジャムや焼き菓子も美味しいものばかりです。

フォションのティー・リキュールは実は前からあります。
様々なメーカーから「紅茶リキュール」は出ているのですが、個人的にフォションのティー・リキュールは中でも1位2位を争う美味しさです。

筆者は店でティーカクテル用に購入していましたが、お菓子に使ったりもできます。
アレンジが利くので便利です。


フォション社認定のダージリン茶葉を使用したリキュールです。

筆者が初めて飲んだ10数年前は紅茶のリキュールというと「アールグレイ」のものが多かったのですが、ダージリンを使用しているところが斬新に思えました。
フルーツにも良く合い、今でも時折購入しています。
というのもあまりたくさんお酒を飲まないもので…。

フォション 紅茶のお酒を飲んでみる




どちらも茶葉はスリランカ産のものを使用しているとのこと。

アルコール度数も12%ですので、飲める方はロックでもいけますね。

ただ、ロックで飲むよりはソーダ割やミルク割にした方がより紅茶を感じるのではないかと思いました。
(あくまでも個人的な感想)





筆者はソーダ割(薄め)。

お勧めの飲み方としては割り材とリキュールを1:1だそうです。
ミルクを入れるという飲み方もあるようですので、今度はミルク割で飲んでみたいと思います。

ふわりと紅茶の香りがして、すっきりとした味わいです。
アップルもフォションの紅茶を飲んだ時のような、「香料くさくない」アップルの香りがします。

ちゃんと紅茶の味がします!←ここ大事!!!
写真はちょっと薄すぎましたけど…。

アイスティにアルコールを入れてティーカクテルを作った時のような自然な味わいで非常に美味しいです。

これは毎日の晩酌にも丁度良いのではないでしょうか。

結び

こちらが残っている間にカクテルアレンジも何か考えてみようかと思います。
(すでにあまり残ってないけど…w)

店で出していたティーカクテルのレシピなどもまた記事に出来たらよいなと思っています。

抹茶リキュールやアールグレイリキュール、様々なものを集めてティーカクテルパーティもできますよ!

アイスティは以前作り方をご紹介していますので、そちらも参照ください。
▼関連記事:元お茶カフェ店主のアイスティ!自宅で簡単に作れる方法!