アレンジティ素材③ー生ベルガモットで作るフレッシュアールグレイ2ー







生ベルガモットをいただいたので様々なアールグレイを作ってみました。
▼参照記事:アレンジティ素材③ー生ベルガモットで作るフレッシュアールグレイー

新年一発目だというのに(汗)上記記事の続きとなります。

1、【続】ホットティで楽しむアールグレイ

■パターン3

【材料】

キームン 4g
熱湯 300㏄
冷凍ベルガモットピール 2枚

【所感】

生ベルガモットのピールを急速冷凍してみたものを使用しました。

冷凍ピールは熱湯を注ぐ前に手で細かくちぎって入れています。
冷凍をしてしまうと香りが無くなる(もしくは変わる)かと思いましたが思ったより変化なく、フレッシュな状態で飲むことが出来ました。

長期保存を考えた場合に冷凍が良いのか、乾燥が良いのかは今後もう少し様子を見てみようと思います。

2、アールグレイアイスティアレンジ

【材料】

キームン 4g
熱湯 150㏄
生ベルガモットピール 2枚

<ベルガモットシロップ>
生ベルガモット果汁 50㏄
砂糖 40g




【所感】

生ベルガモットの果汁だけを使って何か…と思ったのですが(ピールばかりを使用してしまうため)レモンのような強烈な酸味があるため、致し方なく砂糖を投入してシロップに。

果汁にはベルガモットの香りは感じません。(ゼロではないのかも知れませんが感知できず)

また、今回水色が少々弱め…。(湯量が少々多かったのは内緒…)

アイスティにする場合はキャンディやディンブラのような水色が紅い、濃い茶葉を使用した方がより良いかも知れません。
しっかり二層になりませんでした…。
アイスティについては以下の記事を参照ください。
▼参照記事:元お茶カフェ店主のアイスティ!自宅で簡単に作れる方法!

シロップの酸味が結構強いので、アールグレイ自身にも甘味を付けた方が飲みやすくなるかも?

その上でソーダを注げばより良いかも??

結び

ひとまずざっとですが、すぐに考えられる方法で生ベルガモットを利用してみました。

ベルガモットという果実でなければ、こんなに長い間アールグレイという存在が世界中の人に愛されることはなかったかもしれない、と思うばかりです。

今回はいただきもので少量でしたので、これで実験はすべて終わってしまいましたがどこかで教室などを行う際にはまた改めて購入してみたいと思います。

ベルガモットに関して言えば毒性は低いと言われていますが、精油は基本的に経口摂取をしてはいけないものです。
▼参考:https://www.aromakankyo.or.jp/

ですが、個人的な実験でベルガモットの精油を紅茶に垂らしてオリジナルのアールグレイを何度か作ってみたことがあります。(希釈したり色々と)

もし自身がカフェをまだやっていたなら、ベルガモットが手に入る時期だけの「限定アールグレイ」を出しても良いなぁと妄想をしていました。

店時代もこうしてあれこれ実験している時間が一番楽しかったことを思い出します。

久しぶりに少しではありましたが素材で遊ぶことが出来て良い時間が楽しめました。

2021年も「茶で遊ぶ」を日々継続していきたいと思います。
更新が亀の歩みですが(汗)どうぞよろしくお願い致します。



【実験②】京番茶を作ってみる







気づくと1週間過ぎ去っているという師走の恐ろしさを痛感中です。
(訳:更新せずに1週間過ぎとった…)

茶畑はすっかり深緑色になり、次の春に備えてじっとしている様子が見えます。

さて、丁度1週間前に仕込んだ京番茶もどきをようやく完成させました。
▼前回:【実験】京番茶を作ってみる

1週間どうしてた?


基本的にはずっとこの状態です。

雨が降りそうな日は中に入れたりしながら1週間ずっと干しっぱなし。

パリパリになっています。

ところどころ湿っているように感じるところもあるのですが、参考YouTube(クリックするとYouTubeが開きますのでご注意を)が1週間と仰っていたので今回はこちら通りに進めました。

京番茶最終工程

油っけのないフライパンでひたすら炒ります。

後から気づいたのですが、おそらく京番茶のいぶしたような香りは葉が一部焦げているものからついたのだろうと思います。

参考動画では鉄の鍋でガス火で炒っていたので時折煙が立っています。

筆者のガスコンロはあまり加熱をすると自動的に止まる仕組みのため焦がすところまでいけずに終わりました。。無念。

全体的に炒ることができた感じになった時点で終了。(5分程度?)

一部焦げた部分があり、まだ青っぽい葉の部分もあります。



いざ、試飲

早速飲んでみることにしました。

宝瓶に葉っぱをモリモリに入れます。
ぐいぐいと押したので葉がぽきぽきと折れてしまいましたがお構いなし。

熱湯を注いで1分。

ほうじ茶のような茶色になり、香りはどことなく京番茶の雰囲気が。

期待して一口。

「あー、番茶だなぁ」

という味わいです。(語彙力…)

正直、乾燥が甘かった時の自家製釜炒り茶のような青っぽさが残っており、少々えぐみを感じました。

もう少し積極的に焦がした方が良いのかと思いますので、改めてもう一度火入れを行ってみたいと思います。

茎の方も飲んでみましたが、茎の方が甘香ばしく美味しいと感じました。
炒っている時、実はフライパンを変更したのですがずっとホットケーキの香りがしていたんですよねぇ。なぜか…。

【2020/12/17 追記】
その後、焙煎機の一番高い温度で焙煎しました。
するとさっぱりとした味わいになり、えぐみも消えました。

やかんに入れて煮立てて飲みましたが癖のない日常使いに丁度良いものになりました。
これからちょいちょい作っていきたいと思っています。

結び

一週間、特に何をする訳ではありませんが作るのに時間がかかるということを除いては非常に簡単でお茶の元祖風の印象です。

今回摘んだ枝は刈り落としをせずに放置している畑から芽が付いた状態のままのものを取ってきたのですが、品種によったり枝を取る時期によっても味わいが異なってくるのでしょうか。

色々と気になるところです。

販売しているものは機械で作られているものがほとんどだと思いますが、何はともあれ、販売している京番茶をもう一度購入してみようと思います。(正解を見失いました…笑)

【実験】京番茶を作ってみる







冬になってくるとほっこりするものが飲みたくなってきます。

ほうじ茶もそうですし、ミルクティ、中国や台湾茶の焙煎が強いもの、そういったものばかり飲むことが増えています。
▼参照記事:ほうじ茶って何?自宅で簡単ほうじ茶の作り方をご紹介!
▼参照記事:寒い時期にはとっておきのチャイを。チャイの作り方のご紹介

とはいえ、筆者の家は冬でも水出しを3ℓくらい常に常備していますので、冷たいお茶も飲んでいますが。(あまりに寒い時はマグカップに水出し茶を入れてチンします。)

畑に行くともう新芽は来春までお休みですので、そろそろ番茶でも作ろうかなと。

今回は京番茶を見様見真似で作ってみることにしました。

京番茶とは?



番茶は様々あるのですが、京番茶というと焦げたような、いぶしたような独特な香りがあります。

筆者が始めて飲んだ京番茶は一保堂茶舗さんのものでした。
一保堂茶舗 いり番茶

HPには、

いり番茶の最大の魅力は、スモーキーな香ばしさと、さっぱりとした味わい。ありがたいことに、その独特の香りのファンになられるお客様がここ最近急増しております。ただ、逆に、「タバコくさい」「煙くさい」など、苦手とおっしゃる お客様も少なくありません。もし、初めてご利用になるようでしたら、お試しに少量をお買い求めいただくことをおすすめいたします。


とあります。

筆者は京都出身の方に「時々京都を思い出して飲むんです」とおすそ分けいただいて飲んだのですが、その時は結構衝撃が強かったです。(笑)
京都の方には懐かしい味わいなのでしょうか。

京番茶の製法は?

今回手で作るため、こちらの動画を参考にさせていただきました。

1、枝を切って、花など不要なものを取る。

2、鍋に入れて蒸す

動画の通り45分にしました。

途中で何度か蓋を開けてはひっくり返します。

最初の10分ほどは青臭い香りが充満していましたが、30分過ぎたくらいからは甘い香りに変わりました。



3、ざるにあけて枝と葉を分ける

4、分けた枝と葉を干す


本日はここまで。

結び

番茶はカフェインやカテキンも少ないので昔から薄めて赤ちゃんや病人に飲ませていたものだそうです。

茶の利益としては現在1番茶2番茶(3番茶、秋冬番があるところも)で終了しますが、その後こうして寒い冬に好まれるよう香ばしく、飲みやすいお茶を作るというのは非常に理にかなっていると感じます。

ここ数年ほうじ茶ブームが来ているのもなんとなく納得です。

品種茶、シングルオリジン、グラスで冷茶を…というようなお洒落でカッコいい日本茶の対極にあるようなほうじ茶や番茶ですが、これこそ本来の日本人にとっての「日本茶」のような気もします。

京番茶を飲んだことがない方は是非一度お試しください。

鍋で煮出して大量に作るにはティーバッグのものもおススメです。


京番茶、というか番茶全般、かなり価格が安いので日常的に飲むには本当に最適です。

さてさて、筆者は冬の間の畑の遊びを色々と考えつつ、年中「茶で遊ぶ」をかなえていきたいところです。

本日仕込んだ京番茶がどうなるのか、また続きを書いていきたいと思います。

ん?最近日本茶に偏っているような…。(;^_^A



【実験②】柚子で小青柑(もどき)を作ってみる


先日、小青柑(もどき)を仕込み、乾燥させるところまでアップしましたので続きです。

その後どうなったのか。

乞うご期待。(嘘)

その後どうしていたの?

茶葉を詰めて、紐で縛って乾燥をさせていました。

出来るだけ日光に晒すように、野菜乾燥用の干し網に入れて、夕方まで外に干していました。


これ、お持ちの方多いと思いますが、普通におススメです。

干し野菜やドライフルーツも作れますし、筆者はよく製茶の時に使っています。

室内萎凋の時や日光萎凋、あとは乾燥の時にも使えますので便利です。

こちらに入れて、晴れると吊るして、雨の日には家に入れて、また出して…。

柚子がパリパリになるくらいまでおよそ2週間それを繰り返しました。


吊るしている時はこんな感じ。


柚子が固いものに触れると、コンコンと音を立てるくらいには乾燥しました。


和紙、というか家にあった障子紙を使用して包んでみました。
紙が厚かったので、綺麗に包めませんでしたが、まぁ保存用なので良しとします。



やってみて今回気づいたこと

①柚子がすぐに乾燥しない
②茶葉を目いっぱい詰めたが、柚子が乾燥して縮むため次第に溢れた
③干し網が大きすぎて(固定できず)、転がって茶葉が出てしまう
④紐で括っておいたが、柚子が乾燥するのですぐに外れてしまう
⑤そもそもこれで良いのかわからない←

干し網を使用していたのはカラスなどにつつかれないためでした。

しかし、風に揺れると茶葉が出て、家に入れる際にもぶつけて茶葉が出て…とどんどん茶葉が減ってしまいました。
とはいえ、柚子の収縮により茶葉の量は丁度良いという不思議な状態に。(笑)

茶葉は乾燥したものを詰めただけだったのですが、例えば最終乾燥前の若干柔らかい茶葉を詰め詰めにするのが良いのでしょうかね…?

紐で括れば蓋も取れないし良いと思ったのですが、あまり関係なく紐は緩むし、柚子は縮むし…で意味なしでした。(;^_^A

まぁ、正直正解が分かりません。。

機会があれば詳しい方に聞いてみたいと思っています。

来年もまたやりたいと思いますので、少し置いてから味をみて改善点は考えたいと思います。(茶葉も5種類変えてみたので)

結び

「茶と遊ぶ」としているのは「茶」という素材を元に、「茶」にまつわるもの、「茶」に関するもの、様々まとめていきたいと思っているからです。

そのため、金銭的にも肉体的にも無理のない範囲で…というのがモットーです。

家にあるおもちゃ(茶)を使って、いかに遊ぶか。

畑仕事がおさまると遊び道具が減るので少々寂しい筆者です。

とはいえ、新規の畑の準備やら製茶道具やらの掃除、片付けも残っているのです。。

今年はお正月も遠出できず、長い休みになりそうですので福袋にも手を出しております。危険!!!

あとは年末恒例のほうじ茶作りをそろそろ始めましょうか。
▼参照記事:ほうじ茶って何?自宅で簡単ほうじ茶の作り方をご紹介!
▼参照記事:年の瀬のほうじ茶作り。2019年に向けての棚卸

今年は和紅茶も焙じていきたいと思っております。
購入数が和紅茶多かったのです。

慌ただしい年末、それでもお茶は欠かせない。
皆様も時々はほっと一息にお茶を忘れずに…!



【完成】茶梅リベンジ2020年ー桂花烏龍茶で漬ける茶梅ー






毎年梅の時期には梅仕事をしています。

▼参照記事:茶梅を漬けてます。本格的な茶梅ってどんな感じ?煮茶梅は簡単?(2018年)
▼参照記事:茶梅その後‐3か月経ちました‐(2018年)
▼参照記事:茶梅リベンジ2020年ー桂花烏龍茶で漬ける茶梅ー(2020年)

バタバタしていて作れなかったりするときもありますがここ数年は割と毎年コンスタントに梅を使って何かを作っています。

季節のものをその旬の時期に加工し、食べることは非常に幸せなことですね。

先日は柚子遊びでした。
▼参照記事:【実験】柚子で小青柑(もどき)を作ってみる

2019年は作れなかったので、2018年以来となっている茶梅のリベンジをしました。

漬けてから半年近く経っているので食べてみました。

茶梅はどう?






今回は桂香烏龍を使用していましたので、香りが少し出るのかと思いきや…。

何も香りません。。

そして、干からびています…。ナゼ???

一応食べてみましたが、ほぼ種でした。

台湾で食べた茶梅は実が柔らかったのですが…。

ナゼ???←2回目

つまりは、失敗です。涙

桂香烏龍茶が悪かった…?
塩で水分抜きすぎた?
砂糖が多かった?

原因が正直全く分かりません…。(-_-;)

そういった時は諦めて…



買います…。

正直どこが美味しいのかは分かりませんが、烏龍茶を出すときのお茶請けに茶梅は最適なので買うことにします…。

烏龍茶系は味が強くなく、香りを生かすために口中にこってり残らないドライフルーツや茶梅、ナッツなどを合わせることが多いです。

淹れ方や合わせ方によってはホイップたっぷりのショートケーキなども合わせられるのですが、個人的にショートケーキだったら紅茶を淹れますね。(個人の見解です)

お茶請けを買いに台湾に行きたいですが、コロナが再燃していますしワクチンが出来るまでの我慢でしょうか…。

もう一つ、茶梅ではないのですが梅酒のチョーヤさんが作っている梅が売っていました。


これ、美味しいですよね。

チョーヤの梅酒を購入した際に必ず奪い合いになります。

鎌倉にある梅体験専門店「蝶屋」に行ってみたいと長らく言ってます。(;^_^A

梅作りの体験が出来るのですよ。
梅も砂糖も選べるという楽しさ。

梅酒を作ってみたいけど難しい、と思っている方は一度行ってみると良いと思います。(梅シロップも選べるようです)

結び

煮茶梅が一番楽で美味しいですね…。←

茶梅は半年かかる上、立て続けに失敗をしているので来年はもう…(諦め)

とはいえ(気が向いたら)作り方の振り返りをして、今度こそ成功させてみたいと思います。
なぜか失敗しても毎年梅を購入してしまうもので…。(笑)

シロップは美味しくできていたので、こちらは紅茶に入れたり、ソーダ割したりして飲もうと思っています。

備忘録を兼ねた記事になってしまいましたが、次回は有益な内容を書きたいところです。(願望)