これからの時期の茶の保管に最適!茶箱の魅力!





じわじわと暑くなってきました。

今年は新型コロナウイルスの影響で春も満喫できず、夏の間もマスクをしなきゃならんのかとか陰鬱な気持ちになりますね。。

これからの梅雨、暑い夏、どうしても購入したお茶は悪くなってしまいがち。

お茶専用の冷蔵庫、冷凍庫などをお持ちの方は良いですが一般家庭でそこまで持っている方というはそれほどいない…はず。

さて、どうやって良い状態で保管しましょうか。

茶箱ってなに?

ここ数年、茶箱が非常に人気です。


雑誌などでもよく見かけますし、茶箱のデコレーションを行っている方もいらっしゃいます。
テレビでも紹介されたことがあるようですね。

サイズも様々作られるようになり、プレゼント用の箱としても喜ばれます。(特にお茶好きな方には)

こんなにオシャレに使えるのもいいですね。

茶箱はかなり古くから使用されていたようです。

例えば、明治時代に海外に輸出される際にも使用されており、蘭字(らんじ)と呼ばれた浮世絵風のイラストを貼って使用していました。
▼参照:浮世絵と西洋の出合い 戦前の輸出茶ラベルの魅力



茶箱の良いところは?

トップ画像は汚くて申し訳ないのですが、かなり古い茶箱です。
今でも現役で筆者が使用しています。


ミチミチに入れて茶葉の保管用に使用しています。
こちらには出来るだけ長期保管して熟成具合を確かめたいものを入れています。(中国茶台湾茶系が多いです)

中にアルミが貼ってあるのがわかりますでしょうか。(写真がうまく撮れずスミマセン…)

茶箱は中にアルミ等がコーティングしてあり、防湿性が非常に高く、断熱性もあります。防虫効果もあるそうです。

そのため、夏は快適な温度で茶葉を保管することが出来ます。

暑い日に開けると、中はひんやりとしているのですよ。
お米を入れたり、常温保管できる食材の保存にも最適!

茶箱には他の意味もある?

ちなみに茶箱というのは今までご紹介してきた「茶葉を入れる箱」という意味と「お茶淹れグッズをまとめておく箱」という意味があります。

1、葉茶を運送、貯蔵するのに用いる大型の木箱。湿気を防ぐため、内側にブリキや渋紙などを貼る。
2、旅行や野点(のだて)などのとき、茶道具一式を持ち運ぶための箱。
▼参照:デジタル大辞泉


こんな素敵な本まで発売されていました。

お茶好きな方は、小さい急須(蓋椀)と茶杯を持ち歩いて、宿泊先でお茶を淹れたりしています。

そのため、出張等が多い方は結構「オリジナル茶箱」を持ち歩いていますね。

下のリンクを見てください!

こんなに素敵なセットまであるんですよ!
これを持って山や海でお茶を淹れるというのもすごく良いですね。

籠に入っているところがまたツボですな。(^^♪
こちらプレゼントに今度必ず使おうと狙っているものです。ムフフ。

結び

自身が持っている茶箱はおそらく茶葉が30㌔くらい入る大きなものなので、茶葉を目いっぱい入れるとかなり重いです。

そのため、どうしてもプラスチックケースや衣装ケースを使用して茶葉の保管をしています。
茶の教室やお茶会等にも持ち運びしやすいのです。

現在は賃貸住まいのため躊躇っていますが、筆者もいつか落ち着いたら茶の保管をすべて茶箱に変えるつもりです!(宣言)

まぁ、茶箱に詰める前に飲みきるくらいの量を買うのが本当は正解◎!笑
でも、お茶好きさんはみんな分かってくれるはず!

夏も快適に美味しくお茶を飲むために、茶箱、おススメです♪



製茶をしたい人にお勧めの本「茶の科学」「茶の絵本」

新茶のシーズンを迎え、SNS上でも萌黄色の茶畑の写真が毎日見ることが出来ますね。

茶畑になかなか行けない場所でカフェをやっていた頃は本当にこの時期のSNSは見るのが幸せである反面、行けないことへのもどかしさで辛かったというのが本音です。笑
しかも丁度この時期が一番の繁忙期だったりもするものでもどかしいこと限りなし。

兼業農家になった今は毎日萌黄色の中で過ごせることが幸せでなりません。
とはいえ、ただいま真っただ中ですので記事が書けずにおります。←言い訳

今年は新型コロナウイルスの影響で茶摘みさんを募集できなかったり、茶摘み(製茶)体験会を中止せざるを得なかったりで製茶が出来ない、というお茶好きさんも多いかと思います。

そんな時はお茶を作ることを復習(予習)してみると良いかと思います。



製茶初心者の方におススメの入門本

「お茶ってどうやって作られているんだろう?」
「生葉を摘んでみたけどどうしたらよいかわからない」
「製茶をしてみたい!」

というように製茶というものがよくわからない方には前回の記事でもご紹介していますが、こちらの本がとにかくおススメ。

まずは何かを作ってみるために、家にあるものを使用して製茶の仕方をご紹介しています。


▼詳細記事
製茶を始める前に。「茶の絵本」がおススメ!
▼参考記事
茶を作る2020‐出始めの新芽で作る釜炒り茶‐
茶を作る2020②‐出始めの新芽で作る紅茶‐

絵本と言いますが、侮るなかれ。内容はプロフェッショナル!

製茶をしたいという方は、これは本当に持っていた方が良いです。(断言)
筆者はお茶教室の資料を作る際などにも参考させていただいています。



製茶をしたことがある方には改めて基本を学ぶこちらの本を

昔、茶畑になかなか行けないところに住んでいた筆者が、定期的に製茶を行っている方に

「製茶が出来ないところにいますが、製茶をいつかしたいと思っています。その時に何か参考になる本はありますか?」

と尋ねた際、真っ先にこの本を紹介していただきました。

初版は1992年となっており、少々古い本ではありますが今現在もバイブルとして大活躍してくれています。

例えば、紅茶についての項を一部抜粋します。

「純オーソドックス製法では、自然萎凋であった。
これは風通しの良い萎凋室の萎凋棚に茶生葉をうすく並べて16~18時間静置する。
この間に若いリンゴのような爽やかな佳香が出てくる。この香りが出た頃を萎凋の終わりとする。
烏龍茶の萎凋のように揺青はしない。」


「CTC茶では青葉アルデヒドが主成分で、花香成分に乏しいが、オーソドックス茶ではリナロール、ゲラニオール、フェニルエチルアルコールなどの花香成分が種々バランスよく含まれている。」

等々。

文系の筆者にとって、最初この本を手に入れた時は開いた途端に何度も寝てしまうようなことが続いたのですが、製茶を定期的に行うようになると改めて勉強になることばかり書かれています。

気づくとスムーズに読めるようになっている自分の成長を感じます。←言ってしまった!!!偉そう!!!スミマセン…!!

お茶を科学したい方、是非是非手に入れてみてください!

結び






エピガロカテキンガレート、ヘキセノール、配糖体の加水分解…。

最初は本当に頭が痛くなるばかりでした…。
本には一言ずつ辞書をひいては書き込みをしていた記録が見られます。(苦笑)

趣味としても非常に面白いのですが、兼業農家としては当然美味しいお茶を作りたい訳でして、作るためにはチャという植物について知る必要があると思っています。

そして、チャという植物に限らず、土のこと、虫のこと、肥料のこと、農家をするということ、様々なことを学んでいきたいと思います。

あいにく、知識も経験も追い付いていないのが現状ではありますが、畑で気づいたこと、知ったことを記録し、本を開いて知識として定着させ、また応用できるようにしていければいいなぁと思うばかりです。

今年の新茶期が終わったら、今年学んだことや感じたことを踏まえて改めて勉強を進めていきたいと思います。

様々なことを学ぶ必要があると思うと、人生は短い…!

こちらのブログで茶に興味を持ってくださる方が増えるように、何か少しでも提供できるものがあるように細々ととでも頑張ります。(謎の決意)

他にもお勧めの本があるので、落ち着きましたらご紹介したいと思います。

<紅茶の場合>テイスティングカップの使い方

なんでそんなに押してくるの?

と思われるかも知れませんが、筆者はテイスティングカップをこよなく愛しています。

なんでしょうね。
もしかしたら紅茶にはまって初めて行ったスリランカの茶園で見たあのテイスティングカップが並んでいる風景がずっと頭にあるのかもしれません。

「かっこいい!!!!」

っていう。←バカ

まぁ、それは置いておいて、紅茶にはまった方(はまる予定の方)にはもれなくテイスティングカップの購入をお勧めしています。
ということで、今日は写真多めでテイスティングカップの使い方をご紹介したいと思います。



テイスティングカップについて(紅茶の場合)


できれば最低3個は購入していただきたいと思います。

前回、「茶の鑑定(テイスティング)をする際の道具について」 でご紹介していますが紅茶用、台湾中国茶用と少し形が違っています。

今回は紅茶用ということで改めてご紹介。


使いやすいですし、製品としても安心なのでこちらを勝手にお勧めしております。

最低3個、というのは飲み比べをする際に最低3種類の同時に味わうと明らかに個性の違いが分かって面白いからです。

例えば、スリランカのヌワラエリアとウバとディンブラと比べてみるとか。
アールグレイを会社ごとに飲み比べするとか。

筆者的には5個以上がお勧めです。
いえ、強要ではありませんよ!ただ、本当に非常にあると勉強になるのでお勧めなのです!!!

飲み比べることで自分の頭の中で違いがクリアになり、記憶にも残ります。

筆者は自身で作ったお茶も常にテイスティングカップで飲み比べをしています。

〇月〇日に作った紅茶と△月△日に作った紅茶を飲み比べて、具体的に葉の状態や発酵の程度等を思い起こしてみると最終的に出来上がった紅茶の違いがはっきりとし、改善点も明確になります。

当然、紅茶を購入した時は必ずテイスティングを行います。
ちなみに、テイスティングカップがない時はポットでやっていました。
筆者は店をやっていたので同じ形のポットが大量にありますが、普通の家庭では難しいと思うのですよ…。
なので、テイスティングカップを揃えると場所も取りませんし、便利です。

故にお勧め!!!!←しつこい

テイスティングのやり方


①茶葉を量る

一応、紅茶の場合は3gが基本です。(0.02gオーバーしているのは勘弁してください…)
もっとライトに淹れることも可能ですが、鑑定の際は濃く淹れることによりあえて欠点も強く抽出します。

はかりについては以下の記事を参照ください。
▼参照記事:茶道具について①-お勧めの道具「はかり」-


②テイスティングカップに葉を入れる


③熱湯をカップの線の部分まで注ぐ⇒3分待つ

丁度線の部分までで150㏄となります。





④抽出する

3分はあくまでも鑑定の際に味と香りを強く抽出するためです。
つまり、通常飲む味よりかなり渋みや苦みが強く出るということです。


⑤水色と茶殻を確認

一番手前(左)に少々茶殻が多く入ってしまいましたが(汗)、水色(紅茶液)を見て、茶殻も確認します。

色や香りは鑑定に重要なファクターです。


⑥味をみる

スプーンやレンゲなどで少量すくって味をみます。
ただし、3gを3分抽出していますので非常に味が濃いです。
何度も言ってますが。

あくまでも紅茶の特徴をみるものですので、口に空気とともに液を含み、吐き出すのが本当のやり方のようです。

結び

以前の記事でも書いたのですが、テイスティングカップは鑑定用のため、プロの方が使う道具です。

ですが、例えばカップ一杯分の紅茶を淹れたい場合などはポット代わりにもなります。

大人数で紅茶の飲み比べをするときも非常に楽しいです。
実際にテイスティングカップでの飲み比べ茶会なども開催されているようですよ。
面白そうですよね…!!!

筆者は紅茶教室で必ず使用していますが、何かと便利です。
(ポットより場所を取らないし、割れにくいし)

紅茶の学びをもう少しだけ深めたい方、ぜひぜひ使ってみてくださいませ。



茶畑の二次活用を考える②‐0円でリースを作ってみた‐

前回「茶畑の二次活用を考える‐茶杓を作ってみる‐」を書いた時に「リースでもつくってみんとす」と言っていたのにアップしていないことに気づきました。。
このパターン多すぎ…

まだまだ畑初心者なので、行く度に不思議が多く、分からないことだらけです。

夏の間には非常に多かった虫たちが、少しずつ減っていき、冬には穏やかな風景になります。
ほとんど刈らない畑、手入れが出来ていない畑もあります。
筆者も相方も兼業のため手が回りません。。

そのため(そのおかげ?)本来畑にあるべきではないものたちがたくさんあります。
それを活用していきたいと考えている昨今です。

今回は適当にリースを作ってみました。



何を使ってリースを作ったの?


こちら、ほぼ放棄茶園と化している畑です。

手前側は一応(あまりに一応で酷い有様ですが)茶であることはお分かりいただけるかと思います。
上から少しずつ蔓を取っているところです。

その奥の茶色で覆われているところ。
こちら、すべて蔓なのです。(;^_^A

「天然覆い」とか言ってますが、本気でシャレにならないレベルの蔓…。

夏の間に1週間畑に行かないだけで(何度も言いますが兼業のため(言い訳))、覆いが出来ております。ははは。

蔓を取り払う

昨年(2019年)はどうにもならなかったため、そのまま覆いをかけたまま諦めましたが、蔓が枯れ始めた頃に取り払いに行きました。

根っこから全部抜ける場合もあるのですが、上部の蔓だけしか取れないところがあるため、また今年もこの戦いになりますね。。

マスクをしていても、蔓の粉塵のようなものが入ってしまい、鼻の中は真っ黒になり、目もゴロゴロ。
なかなか大変です。
自分たちで大変にしてしまっているのですがね…。
こちらの畑、無農薬でやっているためこうなってます。

蔓を取り払っている時に、蔓に程よい湿り気があり、ぐるぐるっと巻いてみるといい感じ。

太目で巻きやすい蔓を少しだけ選抜して、持って帰ってきました。



蔓を巻いてみる

もうただひたすらにぐるぐる巻いているだけ。
ですが、蔓が良い感じに柔らかく巻きやすい。
雑なのはご愛敬。性格がこうなんです。←

まずはざっくりな感じのリース土台作りをYouTubeで見て、土台を作ってみました。
出来上がりのレベルが違いすぎる…。
なんでこんなオシャレになるのか…。
センスください、<大きないちもつ>ばりにセンスが欲しいです。←

適当仕上げ

そのままだと土台だけで寂しかったため、家にあった100均の飾りをひとまずくっつけました。

ほらみて、このセンスのなさ。⤵⤵
あ、でもね、今回は0円でリースを作るっていう企画だからさ。ね。。

リースをお仕事で作っているすべての方に謝罪したいと思います…。申し訳ございません…。

結び





リース作り、以前から興味があったのですが必要なのは素材とセンスだということが良く分かりました。。

ですが、今年ももし蔓がどうにもならなくなったら(どうにもならなくならないようにしたいところ)リースを作ろうと思います。
その際は松ぼっくりとか、赤い実(名前分からず)とか色々畑の脇から探して作ります。

オシャレ、かつ0円!
主婦か…w

今回やたらゆるふわですが、真面目に書いている時もありますので今後ともどうぞよろしくお願い致します。←

人々を魅了するチョコレートの歴史や製法について

筆者はカフェをやっていたのでこの時期はチョコレートにまみれて幸せでした。←
昨日(2020/2/4)には「マツコの知らない世界」でココアが紹介されていましたね。
⇒見逃した方はこちら

筆者はただ単純にチョコレートが昔から好きなのですが、チョコレートもお茶と深い関係があり、歴史や製法等も気になるのです。

自身の学びのために今回の記事は書きたいと思います。

ちなみに先日は茶を使ったチョコレートのおススメをご紹介しました。
▼参照:茶とチョコレートの素敵な関係!バレンタインデーには茶とチョコを!



簡単にチョコレートの歴史


チョコラテさんによる写真ACからの写真

現在のメキシコが「アステカ王国」だった頃にカカオ豆をすりつぶした<ショコラトル>という飲み物を飲んでいました。

その後、スペインがアステカ王国を支配してヨーロッパにショコラトルが渡り、<チョコラトル>と呼ばれるようになります。(のちにチョコラテ)

1800年代にオランダ人がココアを発明。
カカオからココアパウダーを作り出すことを発明したのがかの有名な「バンホーテン」


お菓子を作る際も、ココアを作るときも筆者はこちらを主に使います。
濃厚で香り良く良質。
店でもこれを使わせていただいていました。

1847年頃にイギリス人が固形のチョコレートを発明。
さらに、1876年頃スイス人がミルクを加えたミルクチョコレートを発明。

日本では鎖国している間、オランダから長崎にチョコレートが一部入ってきていたようですが、1873年の岩倉使節団がフランスのチョコレート工場を見学し、そこから日本での生産が始まります。



チョコレートは発酵食品?

チョコレートはカカオ豆から作られます。

rie55さんによる写真ACからの写真

さくら✿さんによる写真ACからの写真

カカオポッド(実)(上の写真)の中にある種(パルプと呼ばれる白い果肉)(下の写真)を加工したものがチョコレートになります。

パルプごと、種を取り出して発酵させます。

旅先の写真家さんによる写真ACからの写真

バナナの皮でくるむ(ヒープ法)方法と木箱に入れる(ボックス法)方法がありますが、どちらにせよ1週間ほど発酵することによりチョコレートの風味が出てくるそうです。

この発酵という工程が何よりチョコレートにとって大事。
味噌や醤油と全く同じではないと思うのですが、菌による「発酵」が行われるという意味では同じ<発酵食品>と言えるのだろうと思います。

ちなみに詳しくないのですが備忘録を兼ねて。
酵母菌が果肉の糖分からアルコールを作る。(嫌気性発酵)
酢酸菌がアルコールを酢酸にする。(好気性発酵)
酸と発酵による熱でカカオ豆が死に、ポリフェノールの酸化重合やたんぱく質や多糖類が分解されて香りの前駆体となるアミノ酸や多糖類へ変化し、カカオ豆の色もチョコレートの色に近づく(褐変反応)。

こういった工程を経て、あとは水分を抜く乾燥を行い、チョコレートの前段階のカカオ豆が完成します。

その後は輸出され、各国でチョコレートに加工をします。

カカオ豆からどうやってチョコレートになるの?

こちらも簡単に。

①カカオ豆を綺麗にし、豆を砕いて皮などを取り除く(⇒カカオニブ)


②カカオニブを焙煎

③カカオニブをすりつぶし、ドロドロのカカオマスにする

⇒ここで脂肪分(ココアバター)などを抜き出し、細かくしたものが「ココアパウダー」

④カカオマスにミルク、砂糖、さらにココアバターなどを加える


⑤コンチェという機械で練り上げ、チョコレートの香味を引き出す


⑥温度調整をし、脂肪分が安定した結晶になるようにする(テンパリング)


⑦型に流し込み、冷やし、梱包

という流れです。

昔菓子屋で働いていた時に、シェフたちが「テンパリングに失敗した」と嘆いている姿をたまに見かけました。
チョコレートが艶やかな色と舌ざわりを保つためのテンパリング(調温)はショコラティエの腕によるところが多いようですね。

そして、ここまで来て「チョコレートを自分で作ってみたい!!!」と思ってしまった筆者。
先ほどのカカオニブを購入するのが一番早いと思いますが、その前のカカオ豆の状態も見てみたいと思いますので、調べました。

安心してください!売ってますよ!←古い


ベトナムでもカカオ豆作っているんだなぁというところに感心。
ベトナムってお茶も作ってるし、珈琲も作ってるし、カカオも作っててすごい…。
←多分そこじゃない。

いやー、これは絶対にチョコレート作りやらないとダメですね。
やります。
きっとやります。
そして、記事書きます!絶対、きっと、多分…。

あれ?お茶のブログじゃなかったっけ?

そうですよね。
そうなんですよ…。(;^_^A

ですが、皆さん、世界史を見てください。
チョコレート、珈琲、紅茶はほぼ同時期にヨーロッパ地域に入ってきています。

この三つによって、世界が大きく動きます。
チョコレート、珈琲、紅茶の繁栄に欠かせない砂糖(サトウキビ)の栽培が盛んになることにより、奴隷制度、プランテーション化、三角貿易等が発展します。

非常に興味深いのです!
茶と珈琲、茶とチョコレート、茶と砂糖…。

茶が世界中の人を魅了し、世界中の国々を動かしたということを学んでいく上ではチョコレート、珈琲を知らなくては語れないのです!!!
この辺りはまたきちんとまとめたい…とどこかの記事でも書いている…。

チョコレートに関してはもう少しだけ書きたいことがあるので(気力があれば)また書きます。
また、専門家の方がいらして、間違えているところがありましたら是非お教えください。

筆者がただ伝えたいのは、「チョコレート食べながらお茶飲もうぜ!」ってことです。←?!