兼業茶農家の仕事‐雑草と虫とわたし‐





少しずつ暑くなり、雨が増えました。

湿度が高くてもうすでにエアコンの虜。

一番茶期を終えた筆者の畑のその後について、簡単な作業日記です。

暑くなると増えるもの、そう、雑草(と虫)。

それよりなにより筆者の畑がどんなのか知らないけど?

そういえば、畑の詳細について書いていなかったような気がするので簡単にご紹介します。

筆者のところは現在茶畑は4か所あります。
トータルで5反ほど

兼業でやっていけるレベルの畑ですので全体的に畑は小さいです。
写真もいつもバラバラの畑で撮っているので、よく見るとおかしいところがあるかも知れませんがご了承ください。。

筆者のところの畑は農薬も使用せず、緑茶用の畑以外は肥料も撒いていません。

肥料を撒くのも年間通して撒いている訳ではなく、一番茶収穫少し前に芽を元気に出す程度の肥料です。

刈り落とした葉や刈った雑草が自然と肥料になっている状態です。

…聞こえはいいですが、ただのほったらかしです。(笑)

雑草との闘いが本格的に

暑くなり、雨が多くなると増えるのは雑草と虫と病気。

なにせ兼業のため、土日しか畑に行けません。
6月に入ってからは毎週草刈りです。






そしてこちらは、兼業茶農家の畑仕事‐更新という作業について‐でご紹介した畑です。


これね。

丁度一か月前にアップしている記事ですね。

あれ?
芽が出てきた???

と思ったあなた、残念でしたーーーー!←イラっとするヤツ

蔓ですよ…。蔓…。
この畑はまだましな方で、半分くらいしか覆っていませんでした。

とはいえ、思えば更新してから一か月くらいこの畑には行っていなかったので、筆者が悪い…。

それほど暑くもなく、まだ梅雨入りする前だったにも関わらず、半分蔓が覆っているのです。

想像してみてください。
これが6/25~7/25の一か月だったら…。

オソロシイ…。
恐らく茶はどこにも無い状態になっているでしょうね…。

こちらは3畝(10畝が1反(約10ha))ほどしかない畑ですが、相方と二人で黙々とむしるにむしって、気づいたら日が暮れていました。(午後から行った我々が悪い…)

どんな植物がいるの?

蔓にも多数の種類があります。

全部は撮りませんでしたが、今回はこちら。

ヤマイモと草イチゴ(へびイチゴ?)

ヤマイモは蔓が細くて、結構しっかりとしているのでなかなか抜けない…。
秋には実をつけるのですが、「むかご」と呼ばれて食べます。

茶畑の秋の隠れた名物の一つです。

「むかごご飯」は美味しいですよ。
小さいですが、味はちゃんと芋です。

筆者は揚げて食べるのが好きです。

下の写真の草イチゴかへびイチゴはバラ科なので棘が酷いんです…。(涙)

手袋二重にしていても刺さったりします…。
赤い実がなり、あまり美味しくないですがジャム等を作ることはできるようです。

気が向いたらそのうちやってみようと思います。←多分向かないケド

本当はメインの「ヤブガラシ」や「ヘクソカズラ」のようなものの写真を撮るべきだったのに、蔓取りに必死になり過ぎて忘れていました…。また今度…。



虫も増えてきた

虫に関しては、筆者非常に興味津々なのですが嫌いな方も多いそうなので、上げないことにしています。

久しぶりに見かけたこの人だけ、そっとあげておきます。

そういえば大人になってからあまり見なくなったような気がします。

いえ、多分いらっしゃったのだと思いますよ。
筆者が汚い大人になっちまって見えなくなっていたのかな…←

梅雨を感じますね。

カマキリや蜘蛛の卵が大量に孵り、赤ちゃんたちがうじゃうじゃ歩き回っていたのがつい先日の出来事。

もう随分成長してきて、あちこちで蜘蛛の巣がはられ、虫を食べています。

暑い夏が着実に近づいています。

結び

雨が続くと葉の病気も増えてきます。

今年は深く更新を行っているので恐らくそれほど病気にはならないと思います。

トップの画像は更新した後から出てきている茶の赤ちゃんです。

かなり老木の上、葉が刈り取られて光合成も大変な状況でも彼らは生きています。

生きるために芽を伸ばしています。

蔓取りや草刈りは大変ですが、こういう姿を見せてくれると頑張る意欲が湧いていきます。

更新をしていない畑が一つだけあるので、そこは良い芽が出ていれば製茶をまたしようと思っています。

茶殻どうしてる?捨てる?再活用?伊藤園の茶殻リサイクルシステムから考える





お茶を日常的に飲む人たちは皆様感じているとは思いますが、過剰に生ごみを排出しがちじゃありませんか?

■気づくと三角コーナーに茶殻しか入っていない
■可燃ごみの袋の大半は茶殻だ

そう、あなたのことです。(そして筆者のことです)

当然のことながら、お茶を飲めば茶殻が出ます。
ティーバッグも生分解性素材のものだとすれば、ティーバッグごと生ごみです。
▼参照記事:ティーバッグってどこでどうやって生まれたの?素材はどんなもの?ティーバッグについての色々

どうしても発生してしまう茶殻問題。

家庭での茶殻の活用方法や、企業の努力についてもまとめてみたいと思います。

一般家庭どころか大企業も茶殻処理に苦労してる?

先日ニュースになっていましたが、伊藤園が茶殻を活用して、抗菌対策自販機を設置するとのことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

伊藤園は、株式会社ワンウィルとサンロック工業株式会社と共同開発した製品「茶殻配合シート」を活用した「茶殻抗菌シール」を、自動販売機での購入時に手が触れる部分に貼付した、抗菌対策自動販売機を6月より順次展開する。衛生面への配慮が求められる病院や介護施設などから先行し、全国30,000台を目標に展開する。

茶殻抗菌シールは、独自の技術「茶殻リサイクルシステム」により開発され、カテキンなど緑茶成分由来の抗菌効果がある。同社によれば、茶殻配合シートは、大腸菌、MRSA、サルモネラ菌、白癬菌を用いて抗菌力評価試験を行ったところ、抗菌効果が認められたという。

▼引用:“茶殻”を活用した抗菌対策自販機、伊藤園が3万台展開へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を読んでいて、伊藤園で働いている知人から手紙が届いた際に、茶殻入り封筒だったことを思いだしました。

それもかれこれ5年ほど前の話ですが、伊藤園のHPを見ると2000年から独自の「茶殻リサイクルシステム」を開発されているそうです。
そしていくつもの賞を受賞されています。



確かこの6折紙ナプキン、静岡のお茶の郷博物館(現在:ふじのくに茶の都ミュージアム)のレストランで使っていました。
現在は存じ上げませんが…

意識していなくてもお茶のイベントなどで見かけているんですよね。

伊藤園HPにある「茶殻リサイクルシステム」開発秘話などを読むと、「10トンの茶殻を燃やすのに5000リットルの灯油が必要だったため、水を含んだまま茶殻を運んだり処理したりする方法を考えた」とのこと。

ここがすごいところ!

生ごみとして捨てるだけだと、水分を含んで相当な重さになる上に燃やすのに相当なエネルギーを消費するのです。

そのため家庭でも茶殻を再利用する場合は乾燥させてから使用することが多いです。

茶殻は水を多く含みカビやすいため、筆者も余裕がある時はオーブンで乾燥させたり、日干しにしたりしてから可燃ごみとして捨てています。

それを水分を保持したまま処理できるようにしたというところに企業努力を感じます。

あれだけの大手企業ですとペットボトルの売れ数から考えれば、茶殻の量は想像できないほどの量になります。

そこから新たな商品を生み出すとは…。
びっくりしたものにはお茶殻ベンチや屋内向けのタイルまでありました。

そして、ペットボトルが今ほど普及する前からリサイクルについて考えているとはさすがです、伊藤園。



家庭での茶殻はどうしてる?

茶殻の活用方法として、筆者が頻度高く利用しているのは以下になります。

①食べる
②除湿、乾燥剤
③消臭剤
③堆肥にする

簡単にですがご紹介したいと思います。

①食べる


こちらは以前にもご紹介しました。
▼参照記事:茶葉を食べる?筆者おススメレシピもご紹介

新茶の場合、柔らかいものが多いので茶殻にそのままポン酢をつけて食べると非常に美味しいです。

水溶性の栄養分は茶を飲むことで摂取し、脂溶性の栄養分(ビタミン等)は茶殻を食べることで摂取できます。
一石二鳥!

 また、新茶の時期になると、多くの方が新茶を飲んだ後の茶殻でおにぎりを作っていますね。
▼参考:お茶をいれた後の緑茶葉おにぎり

あくまで好みですが、筆者は新茶の時期の煎茶の茶殻を食べるのが一番美味しいと思っています。(ちなみに乾燥状態で食べるのも好き、ポリポリ)

②除湿、乾燥剤
③消臭剤
②と③はほぼ同じくらいの頻度ですね。

こちらは飲んだ後の茶殻を乾燥させてから使用します。

筆者は電子レンジでカラカラに乾くまで乾燥させて、小さい布の袋などに入れて洋服ダンスに入れます。

乾燥剤兼消臭剤として使用できます。

布に入った乾燥茶殻にエッセンシャルオイルを垂らして、ポプリのようにも使用しています。

一番使うのがシューキーパー。

使い古したストッキングやシャツの腕を切って、縫い合わせてそこに乾燥茶殻を詰めるだけ詰めて、ロングブーツに入れると形を保つのにも最適。

これからの梅雨時期や冬のブーツ等を履く時期には消臭剤代わりになって便利です。

匂いが取れたらついに生ごみとしてポイ。

これだけ使えば、心おきなく捨てられるというものです。

③堆肥にする

これは普通の生ごみと同様です。

家庭用コンポストは今かなり安く購入できますね。

ただ、筆者の現在の住まいは庭がないため、コンポストが使えません…。
室内で使えるコンポストもありますが、少々香りがね…ほら夏だし…。。

店時代はこれでかなり生ごみを処理して、ゴミの量を減らしていました。
また、庭の植物への堆肥としても使っていました。

理想的には茶殻をコンポストで堆肥にし、それを茶畑で撒きたいと思っています。
あ、でも共食い…?w

結び





茶殻リサイクルシステムが非常に気になったのは、丁度三角コーナーが茶殻で埋まっていたからでした。

特に今は水出しを毎日3ℓくらい作っているので、お湯で飲む場合よりかなりの茶殻が発生するのです。。
▼参照記事:夏必携!HARIO カークボトルはすごい!割れない、耐熱、横置きできる!
▼参照記事:緑茶の水出し?淹れ方でカフェインの量は変わる?

そしてそれを上回る店時代に茶殻の消費するため色々なことを試しました。
ネットで調べて枕も作ったことが…。



最近よく見かけるのは緑茶配合の上記のような消臭スプレーやアルコールですね。

緑茶に殺菌効果、抗ウイルス効果があることは知られています。

ただし、新型コロナウイルスに関してはまだ研究結果が出ていません。
▼参照記事:「緑茶に含まれるカテキン類が新型コロナウイルスに効果的 」という文言はアウト!消費者庁の注意喚起。

それでも、お茶好きな筆者は「なに?!緑茶成分配合?」と知っては購入してしまうのでした。(笑)

ちなみに、食器用洗剤も現在緑茶成分配合…w

実際に一般家庭でのカテキン効果がどれほどあるのかは筆者も正直よくわかっていませんが、こうして様々な企業も活用しているくらいですから間違いなくあるのでしょう。

リサイクルという意味でも、殺菌効果という意味でも茶殻を活用していきたいものです。

地理的表示(GI)と地域団体商標。茶に絡む商標にも様々なものがある?!





先日「宇治」の商標登録について少し追記をしました。

茶には国に登録し、国から保護されている名称等があります。

また、国に登録はするものの、団体で管理しているものもあります。

今回は「地理的表示(GI)」と「地域団体商標」についてまとめてみたいと思います。

「地理的表示(GI)」とは?

何度かこのブログでも扱っています。
▼参照記事:インド、アッサムティの地理的表示(GI)保護制度
▼参照記事:「西尾の抹茶」が地理的表示(GI)保護の登録取り下げ?!GIの問題点とは?

一番簡単な例は「インドのダージリン地方で作られた紅茶以外、ダージリンティと名乗ってはいけない」というものです。

もしくは、「フランスのシャンパーニュ地方で作られた発泡性のワインしか、シャンパンと名乗ってはいけない」でしょうか。

地理的表示(GI)は「その土地の特徴を生かして作られたものを知的財産として保護するための認定制度」ということ。

元々、茶としては「八女伝統本玉露」と「西尾の抹茶」が登録されていました。

しかしながら、「西尾の抹茶」は2020年2月に登録生産者団体からの要望により消除されています。
▼参照記事:「西尾の抹茶」が地理的表示(GI)保護の登録取り下げ?!GIの問題点とは?

よって、現在(2020/6/15)日本の茶で地理的表示(GI)登録されているのは「八女伝統本玉露」のみとなります。
ちょっと寂しいですね…。



地域団体商標とは?

(図)「地域団体商標 特許庁」カラーのロゴ
「地域に根差した団体が地域ブランドの商標を有し、その団体の構成員が使用できるもの。
地域の名称と商品(サービス)に関連性があり、ある程度の認知度が必要」です。

こちらの登録がされているものが以下になります。

【茶】
足柄茶、伊勢茶、宇治玉露、宇治煎茶、宇治茶、宇治碾茶、うれしの茶、掛川茶、かごしま知覧茶、河越抹茶、川根茶、霧島茶、くまもと茶、甲賀のお茶、静岡茶、知覧茶、西尾の抹茶、東山茶、福岡の八女茶、政所茶、美濃白川茶、八女茶

【茶外茶】
甲斐の桑パウダー、甲斐の桑茶

【海外】
CEYLON TEA(せいろん てぃー)

以前記事にしましたが、中国で「宇治」が商標登録されてそれを訴え、現在も訴訟が続いています。

最近、中国の国家知識産権局が「宇治は日本の有名な都市であり、抹茶の産地」と認めたそうです。
▼参照記事:【2019/11/18、2020/6/12追記あり】中国で「宇治」が商標登録?!今後宇治茶と名乗れなくなる?!

地理的表示(GI)と地域団体商標の違いは?

特許庁に分かりやすいPDFがありましたので、そのまま表を添付させていただきます。


▼引用:地域団体商標と地理的表示(GI)の活用Q&A(2019年6月)

いくつかピックアップすると、

■地理的表示(GI)は「農林水産物、飲食料品店」に限るが、地域団体商標は「すべての商品、サービス」となっている
⇒お茶に関係するものだと「常滑焼」や「九谷焼」等も登録されている

■地理的表示(GI)は品質基準等を公開し国もチェックをするが、地域団体商標は登録団体に品質管理も委ねられている。
⇒地理的表示(GI)の方が厳しい(ように思われる)

■不正使用の場合、地理的表示(GI)は国が介入。
地域団体商標は商標登録団体等が取り締まる

くらいが主な違いでしょうか。

なお、地理的表示(GI)と地域団体商標を二重に登録することも可能です。

しかしながら、地域団体商標は団体によるある意味独占が可能ですが、地理的表示(GI)となると「その地域全体」で使用することが可能なため、独占は難しくなります。

団体のみの利益追求を考えるのであれば、地域団体商標を取って、自衛をしなければならないものと思われます。(国の保護は得られないため)

この辺りは非常に難しい問題ですね…。

輸出等を視野に入れるなら、地理的表示保護(GI)。
近隣地域のみの独占を考えるなら「地域団体商標」。

のように、将来的なビジョンを描きながら登録が必要であると考えられます。
どちらにせよ、周囲と円滑な関係を築かないと難しいところでもあるのかも?

結び


bBearさんによる写真ACからの写真




この二種類だけでも農林水産省のHPと特許庁のHPを見比べなければなかなか理解が難しいです。

他にも茶に関わる権利関係はたくさんあります。
種苗法等もまとめたい…。いつか…。

そして、宇治の問題のように地域団体商標を登録していて、国を跨いだ問題に発展してしまうこともあります。

それが地理的表示(GI)だった場合は国同士が介入するような事態に発展するのかも知れませんね。
※宇治の件は「宇治小山園」の問題のため、国を跨いだ企業同士の争いです。

例えば、フルーツの人気品種の苗が盗まれて、海外に盗用されるような例は後を絶ちません。

日本の食が注目されるようになったという意味では喜ばしいことですが、実際の被害を考えると由々しき問題です。

植物の苗も茶の名称も知的財産には変わりありません。

今後より日本茶を海外の方に広めたいのであれば、知的財産を守るということもきちんと考えていかなければいけないのは当然のこと。

今はコロナウイルスのため、海外へ行くことも来ることもままならない状況ですが、終息した際にはまた多くの観光客がやってきて日本の茶に触れてくださると思います。

茶の素晴らしさを伝えるために、理解してもらうために、地域や国がみんなで協力して管理、保護していっていただきたいと切に思います。

茶を育てるー種から育てる編②ー





一番茶期前に茶の種を植えた話を書きました。
▼参照記事:茶を育てる‐種から育てる編-

前述の記事は書くのが遅かったのですが、3月に種を植えています。

さて、その後どうなったのでしょうか。
(最近ゆるい内容のものばっかりですね…ハハハ)

土壌診断をしてみた

色々事情があり種を植えてからになってしまったのですが、簡易的な土壌診断を行いました。


新規の畑の土壌診断を別途依頼して行い、少々心配な事項を発見。

という訳で、こちらも簡易的に土壌診断を行ってみました。

茶は弱酸性の土を好みます。
pH4-5くらいが良いと言われています。

こちらの畑は若干pHが高く6くらい。
そのため、土壌改良で硫黄を撒くことにしました。

温泉の香りの、あの硫黄です。

そのため、


こんな装備です。(;^_^A

硫黄が人体にどう影響するのかはよく分かりませんが、目とか鼻に入ってしまうのが嫌なので、まるで「コロナファイター」のような出で立ちになってしまいました。。←丁度自粛期間中でしたので、近所の方には不審に思われていたかも…

これが4月頭くらいの話です。
畝間に硫黄を撒いて、あとは雨で土に入っていくのを待ちました。



6月頭にようやく…

畑に足を運ぶ度に見に行っては、「(芽が)まだ出ていない…」とがっかりしていました。

以前自身が3月くらいに種を植えてプランターで育てていた際、GW明けには確かに芽を出していたはずなのです。

ちょっと遅い気がする…。

「もしや、カラスか何かが種を掘り返してしまったのでは…?」
等の不安を常に抱えつつ、時折足を運んでは草をむしったりしていました。

今回も周囲の草払い(草刈り)を。

その後、穴から飛び出ている草を抜いていたところ、いくつか変化が!

おおおお!!!!

出てきたーーーーーー!!!!

今回はすべて同じ列から出ていました。
ここの列はべにふうき近くで拾った種のはず。

遅くに生まれた子供たち。
とても嬉しかったです。

実生(みしょう)の場合、苗で育てるより環境変化に強いと言われます。
自分の力で種から芽を出し、根を張っていってくれます。

時には水をあげたり、肥料や農薬が必要になる場合もあるかも知れません。

ゆっくりと元気に育ってほしいと思います。

結び





家周辺の苗と、こちらの種と、以前からある畑の茶。

大した面積もないのですが時間が限られる筆者には並行して管理をするのはなかなかハードですが、無理せずゆっくりとやっていきたいと思います。

茶の子どもたちを見る度に元気をもらい、今の厳しい現状に立ち向かっていく勇気をもらっています。

畑仕事しては、もう少ししたら夏の芽を摘んで、紅茶や烏龍茶も作りたいと思っています。

あと、草刈り、草むしり…。
夏は雑草たちの育ちが良いんです…。これも自然の力…。

ただ、今年はチャドクガが多いようなので、色々と挫折するかも知れませんが…。(-_-;)

新型コロナウイルスだけで散々ですので、せめて災害の少ない良い夏になることを願うばかりです。

アレンジティ素材①ージンジャーシロップー





2020年、新型コロナウイルスの影響で様々なことが起こるものの、季節は確実に移ろっていきます。

各地かなり暑くなってきました。

そして梅雨も確実に近づいてきています。。(もうすでに梅雨入りしているところもありますものね。)

この梅雨前の時期になると必ず筆者が仕込むものが2つあります。

以前の記事でもご紹介した茶梅コンポート。
▼参照記事:茶梅を漬けてます。本格的な茶梅ってどんな感じ?煮茶梅は簡単?

それと、生姜のジンジャーシロップです。(この時期は新生姜)

店時代から店内で出すように仕込んでいたのが身に付いているようで、この時期になるとソワソワします。

というわけで、アレンジティ素材として使えるものを紹介していきたいなぁと思っています。
今回は季節ものの新生姜のジンジャーシロップをご紹介します。

材料は?

■新生姜 200g
■砂糖 200g(生姜と同量、黒糖でもグラニューでもお好みで)
■水(砂糖と生姜と同量)400g
■スパイス各種
■レモンピール、ライムピール等

初夏になると新生姜が多く出回るようになりますので、割りとどこでも手に入るかと思います。

もちろん通常の生姜でも勿論できますが、筆者は新生姜の方が好きです。
普通の生姜で作るよりも辛味がマイルドでさわやかな感じがしています。
あと、季節感、そういうのって大事じゃないですかー。←意識高い系を装う

ジンジャーシロップを作った後の生姜を食べるには繊維などが柔らかい新生姜の方がお勧めです。

ですが、しっかりと辛味を味わいたいなら通常の生姜の方が良いかも知れません。ここはお好みでどうぞ。

スパイスは今回、「シナモン」「カルダモン」「ブラックペッパー」「クローブ」「鷹の爪」を使用しました。

本当はライムピールがあるとジンジャーエールっぽい仕上がりになるので好きなのですが、レモンしかなかったので今回はレモンピールです。

作り方

1、新生姜を出来るだけ薄く切る

新生姜の場合は外の汚れをしっかり取るだけで、皮をむく必要がありません。
筆者はいつもスライサーでさーーーーっと切ります。
時折爪もさーーーーっと切ったりします←




2、手鍋に生姜と砂糖を入れて水分が出るまで待つ(1時間くらい)
水分がしっかり出たらスパイスやレモンピール(ライムピール)を加えて弱火20分ほど煮込む

スパイス類はだしパックに入れて煮込みます。
シロップ漬け生姜を使う時にこの方が楽です。

3、荒熱を取り、煮沸した瓶などに入れて完成!

使い方は?





ジンジャーシロップと炭酸を2:8か3:7ほどで飲むとジンジャーエールです。

また、同様にアイスティを注いで「アイスジンジャーティ」も作れますし、チャイに入れて「ジンジャーチャイ」も作れます。

煎茶の場合はシロップを入れて甘くするよりも、シロップ漬けになっている生姜を冷茶に入れて飲むのが好きです。

筆者お酒を飲まないのですが、ビールとかに入れても美味しそうな気がします。
確か、ジンジャービールってありますよね…?

生姜焼きのタレに活用したりと、使い方は色々です。
是非お好みの使い方を探して見てください。

ちなみに、今回のシロップ漬け生姜は酢につけて新生姜風にしました。

結び

店時代、毎年キロ単位で生姜シロップを作っていたのでしばらくは作る気が起きなかったのですが、スーパーで新生姜を見るとついつい購入してしまいます。

自分が飲む分くらいなので少な目で、気軽に作れます。

とはいえ、「そんなの作るのめんどくせー」という方が多くいらっしゃるのも事実。

よく店時代に「自分で作るのはめんどくさいから、ここに飲みに来る」と仰っていただいていました。笑

そんなあなたには、


こういうものも販売していますので、どうぞ。

砂糖も添加物も加えず、生姜、レモン果汁、蜂蜜だけで作っているというところがとても気になっています。
(購入したことはないのですが、購入したいリストに入っています)

多分、いや絶対美味しいと思う。←こんな理由でお勧めするっていうw

暑くなり出すと途端にシュワっとしたものが飲みたくなりますので、お時間ありましたら是非作ってみていただけると嬉しいです。