簡単!余熱だけでできる紅茶ゼリーの作り方!




2018年は想像を絶する暑さが続いていますね。

暑い時のスイーツはゼリーとかプリンとかつるりと食べられるものしか喉を通らないことがありますね。。

暑くて食欲がない時にもオススメの《とにかく簡単な紅茶ゼリーの作り方》をご紹介します。
 

紅茶ゼリーの材料

 

①紅茶⇒600㏄
②砂糖⇒紅茶の量の10%~20%(お好みで)
③ゼラチン⇒1000㏄に対して15g~20g程度

①紅茶

紅茶は何を選んでも大丈夫です。
通常飲むと渋いと感じるような紅茶でも、ゼリーにすると食べやすくなります。
飲む際に水色(すいしょく)が薄い紅茶で作れば色の薄いゼリーになりますので、紅茶らしい紅色のゼリーを作りたい場合は水色が濃いものを使用ください。

今回はセイロンブレンド12g使用

②砂糖

筆者はグラニュー糖がオススメです。(なければ上白糖)
三温糖や黒糖などを使用してもまろやかでおいしくなるのですが、紅茶の色を残したいのであれば、グラニュー糖が一番透明感がある美しいゼリーが作れます。
ミルクティゼリーにする際は三温糖などがオススメです。

今回は60gのグラニュー糖を使用

③ゼラチン

ゼラチンは少し水でふやかしておいてください。
アガーでも良いと思います。
アガーだと少し緩い感じのゼリーになり、ゼラチンだとプルプルになります。
お好みでどうぞ。

今回はゼラチン10g使用

 

 

紅茶ゼリーの作り方

 

1、ゼラチンに少量の水を入れ、冷蔵庫にでふやかしておく。

2、紅茶を淹れます。
少し濃いめに淹れた方がゼリーとしてはおいしいです。

3、紅茶を保存容器に漉します。

4、紅茶が熱い内に、砂糖とゼラチンを入れて溶かす
熱いうちに砂糖を加えておくことにより、クリームダウンする確率が減ります。
冷蔵庫で冷やしておいたゼラチンも溶かす。

5、粗熱を取るために混ぜながら冷やす

6、冷蔵庫に入れて、3時間程度置く

7、完成

 

 

 

結び

暑い夏にはお湯を沸かすことすら億劫になったりします。
ケーキを焼くのも暑くて嫌だし、クッキーも喉を通りません。
でも甘いものは食べたい。

そんな時にこのゼリーの場合は紅茶だけ淹れてしまえば、余熱で材料をすべて溶かして冷やすだけです。

非常に簡単で、夏にはぴったりのスイーツです。
今回はホイップを乗せて、シンプルに楽しみました。

アレンジとしては、作った紅茶ゼリーにはちみつをかけたり、紅茶のシロップやガムシロをかけて甘くしても良いでしょう。
甘味はすでについているので、牛乳をかけてミルクティゼリーにしても美味しいです。
フルーツを数種類混ぜても美味しいです。

紅茶シロップの作り方はこちら

濃い紅茶液にミルクを加えてそのままミルクティゼリーにすることもできます。
その際は砂糖の量やゼラチン量も調整してくださいね。

さっぱりとした紅茶ゼリーは暑い夏には簡単で最適のスイーツです。
色々とアレンジして楽しんでくださいね。

 

NYで大人気「Macha Bar」!缶商品「Hustle」はどんな味?




ここ数年海外で勢いのある抹茶ブーム。
Instaglamなどの普及により、いわゆる《SNS映えのする抹茶ドリンク》が日本でも人気ですよね。

特に大人気なのが、アメリカ。
ニューヨークで最初の抹茶カフェ《Macha Bar》をご存じの方も多いはず。

期間限定で逆輸入したイベントが今年、昨年と原宿で行われていました。

 

Macha Barについて

Macha Bar公式HP

2014年ニューヨークブルックリンで初の抹茶専門店がオープン。

若い兄弟が抹茶に魅了され、抹茶をエナジードリンク代わりに広めたいと思ったところからスタートしています。

彼ら自身が珈琲やエナジードリンクを摂取しすぎて、体調を崩しがちになりました。
ある時抹茶を飲んだ時に体がだるくないのにエナジードリンクのように元気になる効果があると感じ、さらに美味しくヘルシーであることから天然のエナジードリンクとして販売したいと考えるようになりました。

日本の産地へ行き、抹茶の製法なども学び、2014年に一号店をオープン。
日本のテレビでも「抹茶ブラザーズ」として紹介されたりと、話題になりました。

彼らのカフェではオーガニック素材にこだわっています。

原料の抹茶は日本の農家から直接輸入しているというこだわり。
HPによれば鹿児島の農家のようです。

抹茶ラテはアーモンドミルクやソイミルク(豆乳)、牛乳などが選べるようになっています。
他にも抹茶とフルーツを融合させたり、スパイスを混ぜた抹茶ドリンクもあるそうです。
日本人にはない発想のオシャレな抹茶アレンジドリンクがいっぱい。
スターバックスの抹茶バージョンというイメージです。

原材料をオーガニックにこだわったことにより、珈琲やエナジードリンクで胃を荒らしたニューヨーカーたちに《体に優しくて健康に良いドリンク》と大人気だそう。

現在ブルックリンは閉店しており、チェルシー店のみの営業となっているようです。
ニューヨークに行った際には行ってみてください。
そして情報ください!笑

 

Macha Barイチオシの「Hustle」とは?

 

HPを見ると、抹茶を主体としたエナジードリンクだそうです。斬新。

成分としては抹茶、さとうきび、レモンエキス、ライムエキス、緑茶エキス、乳酸、クロロフィリン(緑色の天然色素)、水となっています。(こちらもHPより)

内容物から想像すると…。

うーん、想像つかない…。

フルーティな抹茶…。
抹茶の濃さにもよりますね、これは。

抹茶と緑茶を混ぜている上にレモンとライムが入っているので、もはや抹茶ではないような…。笑
恐らく日本人の感覚からいくと「???」という味なのではないかと思います。
海外では緑茶に砂糖を入れているペットボトルが多いのと同じ感じかと。

台湾へ行ったときにスーパーで買った緑茶が甘くて驚いたことがあります。
タイやベトナムでも同様だそうですね。
日本人は想像しない飲み方で抹茶や日本の緑茶が広がっていっているのでしょう。

とりあえず、Hustleのようなドリンクを飲みたいのが茶マニア(筆者)です。
どなたか購入した際は教えてください!




結び

 

Macha Barが原宿に期間限定で店をオープンさせる記事は当時見ていました。
今回改めてMacha BarのHPを見た時に、缶商品の「Hustle」はアメリカ中のスーパーなどで販売されていることを知り、驚きました。

アメリカでは抹茶がすでにかなり受け入れられているのだと感じました。
Macha Barがヒットしてから、ニューヨークでは抹茶カフェが急増したそうです。

日本でも逆輸入的に抹茶カフェがどんどん増殖していますよね。
海外からの観光客向けに茶産地で特に増加しています。

前に本物の抹茶(仮)の記事を書きましたが、こうしたドリンクに使用されている抹茶は《日本古来の伝統的に作られている抹茶》ではないと思いますが、気軽にたくさんの方に日本の茶に興味を持ってもらえるというのは個人的には嬉しいことです。

しかも、Macha cafe がイタリアに増殖中しているのも発見しました。
イタリアは確かにエスプレッソ文化ですから、食後に濃い抹茶を飲むのも違和感はないですね。

イタリアかー。
ぜひパスタに抹茶を練り込んで流行らせていただきたいです。←超勝手な願い

デカフェ茶やカフェインレス茶ってなに?どうやって作られているの?




カフェインレス、デカフェ、と呼ばれるカフェインが少ない商品がここ数年で非常に増えています。

今の技術ではカフェインを完全にゼロにすることはできません。
もし完全にカフェインが入っていないものを飲みたいのであれば、お茶や珈琲は適さないでしょう。

麦茶やルイボスティ、つまり茶の原料である《ツバキ科のカメリアシネンシス》を使用していないもので作られた「茶外茶」、「代用茶」などをお勧めします。

 

 

 

デカフェ、カフェインレスは違うもの?

デカフェ、カフェインレス、カフェインゼロ、等々。

どれがどれくらいカフェインを含んでいるのかはっきりしませんね…。

茶に関しての資料が見つかりませんでしたので、「コーヒーの表示に関する公正競争規約」から引用します。

原材料名の表記として、下記記載があります。

《コーヒーにあっては、その形状にかかわらず「コーヒー」と記載する。ただし、カフェインを90%以上除去したコーヒーにあっては、その形状にかかわらず「カフェインレスコーヒー」と記載する。》

ヨーロッパ諸国では99.9%以上カフェインを抜いたものをデカフェ(=カフェインレス)と呼ぶそうですが、日本では今のところ細かい定義はないようです。

よって、デカフェもカフェインレスも、《カフェインが少ないもの》の意味と考えます。

ちなみに。

キリンの生茶
には、デカフェとカフェインゼロの記載があります。

0.001g(100ml当たり)未満を0gとしているとのことですので、カフェイン量は異なりますが、《カフェインが少ないもの》と考えれば同じものと判断することにします。

 

デカフェ茶、カフェインレス茶はどうやって作られているの?

 

茶のカフェインは基本的に、下記の方法で除去しているものがほとんどです。

①有機溶媒抽出法
②水抽出法
③超臨界二酸化炭素抽出法

 

簡単に一つずつご紹介します。

 

①有機溶媒抽出法


こちらは1906年にドイツで開発された最初の脱カフェイン法です。
珈琲も同じ方法を取ります。

有機溶媒によって、葉(生豆)からカフェインを抜き出す方法です。

主に「ジクロロメタン」という溶媒を使用しますが、この溶媒は皮膚などに接触すると炎症を引き起こしたり、慢性的に摂取することにより肝機能障害を引き起こします。

毒性があるとして、日本ではこの方法での脱カフェインを禁止しています。

しかし、海外の安価な紅茶はこの方法でカフェインを除去しているものもありますので、知らぬ間に摂取している可能性もありえます。

 

 

②水抽出法

 

1930年代にスイスで開発され、1988年に《スイスウォータープロセス法》として商標登録されました。

こちらは生豆からカフェインを抜くところを映像化しているものです。

水に生豆をつけてカフェインやその他の水溶性成分を抽出します。
その後カフェインだけを抽出した後、カフェイン以外の水溶性成分を豆に戻すという方法です。

スイスウォータープロセスだけではなく、他にも有機溶媒を使用せずにカフェインを抜く方法も世界中で開発が進んでいます。

茶の場合は、生葉を熱湯に短時間浸し、脱水してから製茶するという方法になります。
※ただし海外のデカフェ紅茶や緑茶もこのように作るのか、調査不足なので今後も継続して調べていきたいと思っています。
知らないだけかも知れませんが、デカフェの中国茶台湾茶って聞いたことないような…。
どなたかご存知でしたら教えてください。

有機溶媒のように、体に影響がないということから水抽出は珈琲業界ではメジャーな脱カフェイン方法です。

ちなみにスターバックスのデカフェもこちらの製法です。

 

③超臨界二酸化炭素抽出法

超臨界の考え方はもっと前よりあったのですが、1970年代に茶や珈琲からカフェインを抜くということに応用されるようになりました。

割と新しいカフェイン除去方法です。

茶の世界、特に紅茶の脱カフェイン方法としてはこちらが主力ではないでしょうか。

原料を入れた機械に、二酸化炭素を注入します。
温度と圧力をかけて、二酸化炭素を超臨界状態にし、カフェインを抽出て別の機械に移します。
別の機械に入った超臨界状態の二酸化炭素の温度と圧を弱めると、取り込んでいたカフェインが二酸化炭素から分離します。
カフェインを取り出します。

上記のような工程により、カフェインを抽出できます。

こちらは溶剤などが人体に影響を与える心配もなく、元々の茶の味をあまり変化させずにカフェインを抜くことができる方法として、現在多くの企業で使用されています。

ただし、有機溶媒抽出法などに比べると、茶の価格は高いです。

 

結び

デカフェ茶、カフェインレス茶についてご紹介しました。

今のところ、超臨界二酸化炭素抽出法が一番茶の味を壊さずにカフェインを除去できる方法と言われています。

デカフェを選ぶときはその辺りを気にしてみると良いかも知れません。

今でも着々とカフェインの研究は進められていることと思います。

もともとの茶の木からカフェインを抜いてしまおうという研究もなされています。
品種改良が進み、カフェインが含まれない茶の木がいつか誕生するのかも。

カフェイン中毒な筆者としては悲しいような気もしますが、デカフェを求める方は急増していますので、今後もますます研究がされて新商品も出てくるでしょう。

興味深い分野なので、今後も追っていきたいと思います。

紅茶をプレゼントしたい!かわいい、おしゃれなオススメ紅茶をご紹介!




前回紅茶をプレゼントする際のコツをご紹介しました。
紅茶をプレゼントするならぜひご利用いただきたい筆者の経験談含めご案内しました。(ややうんちく多め)

今回は実際に筆者がプレゼントで利用させていただいているかわいいとか、おしゃれとか、オススメの紅茶をご紹介したいと思います。

 

キャラクターなどがとにかくかわいい

 

プレゼントの鉄板、カレルチャペック紅茶店

 

カレルチャペック紅茶店は缶も手を抜かない

 

様々な味の紅茶(ティーバッグ)が楽しめますので、ちょっとしたプレゼントに最適!

 

ディズニーと言えば35周年

 

 

ディズニーと言えば、こんな紅茶もありますよ。
筆者も友人がディズニーランドへ行ったときのお土産で紅茶と緑茶のディズニーの茶缶を持っています。
銀の茶さじまで付いていてかわいいのです。ちょっと昔の話ですが。
今も大事にとってあります。
ディズニー大好きな方には是非オススメ。
ディズニー35周年記念品ですので、お早めに!

 

キャラクターものは好きな人ならたまらない。スヌーピー

 

ディズニーからのスヌーピーです。
キャラものだからと侮るなかれ。
有名なブレンダーがブレンドと着香をしている紅茶で、味も間違いなしなのです。
紅茶に詳しい方にこそプレゼントしたい紅茶です。

 

缶がおしゃれ

うっかりジャケ買いしてしまうんです、ハーニー&サンズ

 

こちらの茶缶はどれも本当に筆者、大好きです。←個人的
プレゼントには結構使わせていただいています。

ニューヨーク生まれというところにただただ納得。オシャレ。
ハーブなどをブレンドしたり、香りづけしているものが多いので、紅茶初心者の方へのプレゼントに最適です。

紅茶をあまり知らない方でも知っている《アールグレイ》の《ティーバッグ》です。
前回の記事でご説明した、《フレーバードティが好きな方》へのプレゼントにはオススメ。

こちらもオススメ KUSMI TEA(クスミティー)

 



こちらもフレーバードティやハーブのブレンドティなどが多いです。
そして缶がオシャレ。
昔からずっとあるメーカーですが、最近ますますオシャレに磨きがかかっている気がします。

個人的には紅茶が好きになったばかりの頃からプレゼントに利用してます。

 

結び

 

個人的に紹介したい紅茶は山のようにあります。

今回は結構パッケージ重視で選んだので、次回は紅茶ファンも唸るプレゼントも記事にしたいと思います。
味重視、紅茶好きが御用達の紅茶ギフトをセレクトしてみます。
マニアックな内容になりそう。汗

プレゼントにパッケージがかわいいやオシャレって、大事ですよね~!
ついついパッケージかわいいと買ってしまうので缶が山のように溜まって困りますが…。(^^;

でもでも、飾っておくだけでも十分いい感じになっちゃうのが、紅茶缶の魅力です!

紅茶をプレゼントしたい!プレゼント用紅茶選びのコツをご紹介!




紅茶をプレゼントしたい、と思う時ありますよね。

相手の方が「私、紅茶よく飲むんだ」と言っていた一言をふと思い出し、プレゼントは紅茶にしよう、と思ったとします。

ん?
でも紅茶って種類いっぱいありすぎじゃない?

実は筆者、プロではないのですが紅茶の教室を時々友人知人に要望されて行うのです。
「紅茶の淹れ方」と同じくらい聞かれるのが「紅茶の種類」についてです。

その中でも特に、
「プレゼントにしようと思ったんだけど、種類が多すぎて選べない」
「どんなものがいいのかがわからない」
という内容は本当に毎回聞く話です。

今回は紅茶をプレゼントする場合の選び方のコツをまとめていきたいと思います。
少々うんちく臭いですが、紅茶をプレゼントする際の選び方に迷っている方はぜひ最後まで読んでくださいね!

あなたが《プレゼントする相手》に聞くこと

 

①リーフで飲むか、ティーバッグで飲むか
②ストレートティが好きか、ミルクティが好きか、フレーバードティが好きか
③紅茶を飲む頻度はどれくらいか
④紅茶をどれくらい持っているか

①~③は必須ヒアリング事項。
④はまぁしなくてもしてもいいけど、した方がいいかもよ、レベル。
各ポイントをまとめていきます。

①リーフで飲むか、ティーバッグで飲むか

 

この質問は紅茶をプレゼントするなら絶対に必要な質問です。

紅茶好き、というレベルは実に幅があります。
筆者の教室にも来てくれる人に事前にアンケートを取るのですが、「紅茶が好きで、いつも飲んでいます」とあったので、具体的にどれくらい、どういった紅茶を飲んでいるのかと聞いたところ、

ペットボトルの紅茶を1日2本は飲んでます。
一番好きなのは紅茶〇伝(商品名)です。

という答えが返ってくることがざらにあります。

ペットボトルがダメ、というわけではなく、《ペットボトルで飲む》のと、《リーフを使ってポットで淹れて飲む》のではかなりのギャップがあるわけなので、差し上げる相手が紅茶レベルいくつなのかを下調べしないとダメですよ、という意味です。




※筆者が勝手に考えた紅茶レベルについて

レベル1 ペットボトル
レベル2 ペットボトル+ティーバッグ
レベル3 ティーバッグ
レベル4 ティーバッグ+リーフ
レベル5 リーフ

 

例えば上記の表で紅茶レベルを表しているとしましょう。
レベル1(ペットボトル)の人にいきなりレベル5のリーフをプレゼントしても、家にティーポットがないというような可能性があります。(=もらっても飲むことすらできない)
2,3の方でも同じです。

ですが、レベル1(ペットボトル)の人にレベル3(ティーバッグ)の《ティーバッグに淹れ方の説明などを付けて》差し上げたらどうでしょう。

「せっかくいただいたし、飲んでみようかな」

となると思いませんか?

ストレートティが好きか、ミルクティが好きか、フレーバードティが好きか

 

これもすごく大事です。
相手の紅茶レベルがわかった上で、実際にどんな紅茶を選ぶべきか、という核心をつく質問です。

筆者のざっくりとした分類をご紹介します。

☆ストレートティの場合
⇒スリランカ(セイロン)系、ダージリン、ネパール、中国

☆ミルクティの場合
⇒アッサム(インド)、ルフナ(スリランカ)、イングリッシュブレンドのようなミルクが合うブレンドティ

☆フレーバードティ
⇒アールグレイ

ものすごく大きく分けると、
ミルク入れるor入れない?
です。

ミルクを入れるなら、味のしっかりとした濃いめの紅茶。
入れないなら、渋みが強すぎず、口当たりがまろやかな紅茶。

問題は…フレーバードティです。
フレーバードティは様々な紅茶をベースに、天然の香料などで香りづけしているものです。
香りの好みは人によってまるで違うので、難しいのですよ…。

ただ、唯一鉄壁のフレーバードティがあります。
それがアールグレイ(ベルガモットオイルという柑橘系フルーツの香り)

紅茶の香り=アールグレイだと思っている方も少なくないです。
「紅茶味」と書いてあるお菓子のパッケージの裏を見ると、アールグレイが入っているのものが圧倒的に多いです。

フレーバードティが好きな方に聞いてみてください。
アールグレイは好きですか?と。

嫌いという人はほぼいません。(筆者統計)




③紅茶を飲む頻度はどれくらいか

これは差し上げる量の確認です。

週に1回しか飲まない方でしたら、ティーバッグで5個~10個くらい入っていたら十分ですよね。

毎日飲んでいるという方でしたら、たくさん入った大容量のものを差し上げても喜ばれます。

④紅茶をどれくらい持っているか

 

この質問は、紅茶好きのレベルが5以上の方になります。
紅茶を山のように持っていて、毎日日替わりで飲んでいる、というような場合、自分の方が知識がないのであれば紅茶を差し上げるのはやめておいた方が良いかもしれません。

そういう方には紅茶ではなく、紅茶に合うお菓子を差し上げることをお勧めします。もしくは、ティーポットやティーカップの形が印刷された何か他のものなど。

紅茶だけではなく、こだわりが強い方というのは見る目が厳しいです。
そして味にもうるさい可能性が高いです。

「紅茶を差し上げようと思ったのですが、私はあまり知識がなくて…。
良かったら今度紅茶のことを教えてくださいませんか?」

こんな内容の手紙でもつければ、好印象間違いなしです。

結び

筆者が特に仕事でプレゼントを差し上げる時は、さりげないリサーチを非常に大事にしています。

仕事できる人だと思われたいので、必死です。笑

目上の方に差し上げるものなどは本当に毎回困ってしまうので、紅茶好きである程度知識がある筆者なら、このように紅茶のプレゼントを選んでいます、ということを書いてみました。

もらった方に喜ばれる紅茶のプレゼントをしたいじゃないですか。
紅茶好きな筆者は、紅茶をあげたのに捨てられる、というのは絶対に嫌なのです。

実際にどういった紅茶をプレゼントするのかという記事もまた書きたいと思います。
参考にしていただければ幸いです。

ちなみに緑茶のティーバッグでプレゼントに最適なものはこちらをご覧ください。