茶を育てるー挿し穂から挿し木編⑤ー






2021年が始まりすでに一週間が経とうとしています。

まさに今日緊急事態宣言が発出される予定です。

数か月すれば畑仕事が始まります。
丸一年自宅で育てていた挿し木もいよいよ新規の畑に植えられる日が近づいてきました。

前回4回目の記事を書いたのが2020年6月ということでしばらくさぼっていたようです。(-_-;)

まだ自宅待機中の挿し木がどうなっているのか見てやってください。

あれから半年…


冬に入ると茶畑もそうなのですが、葉の緑色がくすんでしまいます。

寒さに耐えるためなのでしょうか。
固く、色もくすんで黒っぽく見えます。


葉が虫にやられたためか落ちてしまい、必死に生きようと葉を出している姿…。

頑張れ、頑張れ…!


こちらもおそらく虫害によって変色している葉が多いです。

落ちないでくれると良いのですが…。

まだもう少しステイホームです。



結び

冬の間は先日書きましたが、
■脇の木の伐採。(ヤブニッケイで遊ぶ)
▼参照記事:茶畑の二次活用を考える④ーヤブニッケイを使ってシナモンティを作ってみるー
■機材倉庫の掃除。
■茶刈機のメンテナンス。
などを行っていました。

3月に植え付ける時の記録用に今のあまり綺麗ではない写真も残しておくことにします。

春夏秋とかなり大きくなった挿し木たちですが、残念ながら枯れてしまったものもあります。

少し買い足しをして、3月に植え付け予定ですがこの状態ですとお手伝いの方も募集できそうにないですし我々二人でやることになりそうです。
なかなかハード…。

挿し木たちにとっては人生がかかっている引越しですから、我々もしっかり見守ってあげたいところです。



茶を育てるー種から育てる編③ー






気づけば夏は終わり、ようやく草むしりも終わりが見えてきました。

とはいえ、まだまだ畑にはたくさんの草が…。
農薬をまかず、肥料もほとんどあげない状態ですでに5年以上の畑。(相方談)

無農薬は本当に大変なのですが、なんとか継続していきたいところです。

そして少しずつ無農薬なりの管理もしていきたいところではあります。

さて、しばらくぶりに生育報告です。

6月に芽が出てから種はどうなった?

前回までの内容はこちら。
▼参照記事:茶を育てる‐種から育てる編-
▼参照記事:茶を育てるー種から育てる編②ー

実生苗たちはどうなっているのか…。
夏も実生園の草むしりはやっていましたが、暑すぎてそれほど成長は見られなかったように思います。


気づいたらこんなに大きくなっていました。

お母さん(?!)、嬉しい…!!!

いっちょ前に新芽を出して、しっかりと生きていってくれています。
なんだか色々気持ちが滅入っていたのですが、パワーをもらいました。



あれ?ちょっと変な子がいる

茶を育てる‐種から育てる編-で書いていますが、実生はそれぞれの個体差が結構大きいです。

今回、新芽が紫色(黒っぽく)になっている子も発見しました。

よく耳にするのは中国やケニアですが、日本でも紫の茶を育てています。

日本の茶品種はサンルージュと言い、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが新芽中に多いということで注目されています。

機能性が注目されている品種です。

実際に筆者もサンルージュを何度か飲んだことがありますが、普通に淹れると緑色の煎茶なのですが、そこにレモンなどの酸を足すと綺麗なピンク色に変化します。

そのため、茶席やイベントの際に使用されることも多いです。


昔は「幻の!」とか「不思議な!」とか枕言葉が付いていましたが、最近は普通にネットショップで売っているんですね。(;^_^A

筆者がまだ幻の、と言われていた頃に飲んだ感想としては、少々苦渋い印象がありました。

ですが、日本茶や日本品種に興味のある方は是非一度は飲んでみる価値ありです。

最近はサンルージュの釜炒り茶や紅茶なども作られるようになっているようで、これからの成長にも期待です。

少し前の記事ですが、ケニアの紫茶が日本で初登場、という内容です。
▼参考記事:日本初。新品種のお茶「紫茶」を商品化

ということで、うちの子もサンルージュのようになればいいなぁと密かに願っております。
一本だけですので、大きくなったら挿し木を…。

結び

涼しくなると蚊も異常発生しているのですが、ウンカと呼ばれるチャノミヒメヨコバイという小さな蝉のような虫がいっぱい発生してしまい、新芽を加害してしまいます。

そのため、涼しくなった途端に新芽がおおよそ加害されてしまい、「お茶を作るには時すでに遅し」というような状態に見舞われてしまいました。

加害されると、芽が成長できなくなって縮こまるのですがそれを使って使用するのがかの有名な台湾の東方美人です。

蜜のような香りがするというのですが、筆者が見よう見真似で作った限りでは美味しいものは出来ませんでした。ソリャソウダ…

加害された後に摘むタイミングが大きく影響するのだろうと思っています。

毎日畑に行けないことが今は少し切ないのでした…。

さて、もう少ししたら秋整枝を行い、冬への準備をしますよ!

気づけばコロナで始まってコロナで終わりそうな2020。
茶畑は変わらない一年です。

自然に癒され続けている一年でもあります。

まだ終わらないけど…笑



新規の茶畑を開拓中ー新規茶畑までの道のり①ー






まもなく梅雨明けですね。
今年は新型コロナウイルスの影響でゆっくりした時間が流れているようで、そうでもないというのが筆者の感想です。

さて、前の記事から随分時間が経ってしまいました…。(いつものこと)

土日しか活動できない兼業茶農家としては、土日に雨が降ってしまうと畑作業が出来ないためどうしても後回しになってしまいます。
(他のお茶活動を行っています)

そんな状態ですが、新規の茶畑を借りたのでそこをこれからボチボチ開拓していきます。 “新規の茶畑を開拓中ー新規茶畑までの道のり①ー” の続きを読む

茶を育てるー種から育てる編②ー






一番茶期前に茶の種を植えた話を書きました。
▼参照記事:茶を育てる‐種から育てる編-

前述の記事は書くのが遅かったのですが、3月に種を植えています。

さて、その後どうなったのでしょうか。
(最近ゆるい内容のものばっかりですね…ハハハ) “茶を育てるー種から育てる編②ー” の続きを読む

茶を育てるー挿し穂から挿し木編④ー

もう間もなく6月ですね。ハヤイ…!

オリンピックもあって、年号も変わったし、なんだか新しい時代がやってきたように2020年が始まったのに、もう6か月目に入ろうとしているなんて…。

新型コロナウイルスでこんなに世界中が翻弄されるなんて思ってもみなかったですよね。。

筆者も環境が変わり、様々な転機となる年なのですが正直、不安をたくさん抱えています。

そんな中で畑に行ったり、苗の成長には日々癒されています。
定例の挿し木の成長記録です。
こちらも気づいたら前回から1か月過ぎているんですよね…。 “茶を育てるー挿し穂から挿し木編④ー” の続きを読む