茶を育てるー種から育てる編②ー





一番茶期前に茶の種を植えた話を書きました。
▼参照記事:茶を育てる‐種から育てる編-

前述の記事は書くのが遅かったのですが、3月に種を植えています。

さて、その後どうなったのでしょうか。
(最近ゆるい内容のものばっかりですね…ハハハ)

土壌診断をしてみた

色々事情があり種を植えてからになってしまったのですが、簡易的な土壌診断を行いました。


新規の畑の土壌診断を別途依頼して行い、少々心配な事項を発見。

という訳で、こちらも簡易的に土壌診断を行ってみました。

茶は弱酸性の土を好みます。
pH4-5くらいが良いと言われています。

こちらの畑は若干pHが高く6くらい。
そのため、土壌改良で硫黄を撒くことにしました。

温泉の香りの、あの硫黄です。

そのため、


こんな装備です。(;^_^A

硫黄が人体にどう影響するのかはよく分かりませんが、目とか鼻に入ってしまうのが嫌なので、まるで「コロナファイター」のような出で立ちになってしまいました。。←丁度自粛期間中でしたので、近所の方には不審に思われていたかも…

これが4月頭くらいの話です。
畝間に硫黄を撒いて、あとは雨で土に入っていくのを待ちました。



6月頭にようやく…

畑に足を運ぶ度に見に行っては、「(芽が)まだ出ていない…」とがっかりしていました。

以前自身が3月くらいに種を植えてプランターで育てていた際、GW明けには確かに芽を出していたはずなのです。

ちょっと遅い気がする…。

「もしや、カラスか何かが種を掘り返してしまったのでは…?」
等の不安を常に抱えつつ、時折足を運んでは草をむしったりしていました。

今回も周囲の草払い(草刈り)を。

その後、穴から飛び出ている草を抜いていたところ、いくつか変化が!

おおおお!!!!

出てきたーーーーーー!!!!

今回はすべて同じ列から出ていました。
ここの列はべにふうき近くで拾った種のはず。

遅くに生まれた子供たち。
とても嬉しかったです。

実生(みしょう)の場合、苗で育てるより環境変化に強いと言われます。
自分の力で種から芽を出し、根を張っていってくれます。

時には水をあげたり、肥料や農薬が必要になる場合もあるかも知れません。

ゆっくりと元気に育ってほしいと思います。

結び





家周辺の苗と、こちらの種と、以前からある畑の茶。

大した面積もないのですが時間が限られる筆者には並行して管理をするのはなかなかハードですが、無理せずゆっくりとやっていきたいと思います。

茶の子どもたちを見る度に元気をもらい、今の厳しい現状に立ち向かっていく勇気をもらっています。

畑仕事しては、もう少ししたら夏の芽を摘んで、紅茶や烏龍茶も作りたいと思っています。

あと、草刈り、草むしり…。
夏は雑草たちの育ちが良いんです…。これも自然の力…。

ただ、今年はチャドクガが多いようなので、色々と挫折するかも知れませんが…。(-_-;)

新型コロナウイルスだけで散々ですので、せめて災害の少ない良い夏になることを願うばかりです。

茶を育てるー挿し穂から挿し木編④ー

もう間もなく6月ですね。ハヤイ…!

オリンピックもあって、年号も変わったし、なんだか新しい時代がやってきたように2020年が始まったのに、もう6か月目に入ろうとしているなんて…。

新型コロナウイルスでこんなに世界中が翻弄されるなんて思ってもみなかったですよね。。

筆者も環境が変わり、様々な転機となる年なのですが正直、不安をたくさん抱えています。

そんな中で畑に行ったり、苗の成長には日々癒されています。
定例の挿し木の成長記録です。
こちらも気づいたら前回から1か月過ぎているんですよね…。

▼参照記事:茶を育てる‐種から育てる編-
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編①ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編②ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編③ー



初夏を迎えて挿し木たちはどうなってる?

トップ画像は挿し木の全体像なのですが、ほとんどの挿し木が20㎝以上伸びています。


最初、これですよ!
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編①ー

☝これが、☟これに!


白い丸がついているところが、最初に挿し木をした部分です。

そこの脇から20㎝以上の新しい枝が出てきている訳です。

初めて挿し木をしたもので、手探りですし、こわごわ子育てしています。

特に天気にはかなり敏感に反応してしまいます。
とにかく畑に植えるまでは元気で過ごしてほしい…。



暑くなったので虫が増え始めました


なんでしょうね。

ハダニは確かにいるのです。(写真は撮れませんでした)
ハダニだけなのかはよくわかりません。

今のところ、それほど被害はありませんが一応軽く殺虫剤をまきました。

子どもですからね。
少ない葉っぱをやられてしまうと光合成が出来なくなり死んでしまいます。

成長した際は無農薬で育てたいと思っていますが、子どもの内は大事に大事に育てたいと思っています。

茶の病害虫は簡単にこちらに出ていますのでご覧ください。
(虫嫌いな人は閲覧注意!!!)

茶を育ててみたいと思った方へ

これを読んでいる方がどういった年齢で、どのようなお仕事をされている方が多いのか等が全く分かりませんが、少なくともお茶に興味のある方であるかと思います。

よくSNSでも「茶摘みしたい」「茶を育ててみたい」というのを見かけます。

筆者も茶が育ちにくい場所にずっと住んでいましたので、その気持ちは非常によく分かります。

茶畑にするまでは当然無理があるかと思いますが、観葉植物として茶の苗を育てるということは可能です。


品種などは限られることがあるかと思いますが、春から秋くらいまではこうしてネットで苗を購入することが可能です。

大概は育て方やお茶の作り方などのチラシをつけて苗を送ってくださるので、お茶に興味があるなら是非いくつか苗を購入してみることをお勧めします。
庭があるなら、小さな茶畑を作ることだってできます。

苗が数本あって、数年経てば少量自分で製茶もできます。
▼参照記事:製茶をしたい人にお勧めの本「茶の科学」「茶の絵本」

もしマニアックな品種を購入したい、という方には心向樹がおススメ。
▼筆者おススメ店:品種のお茶専門店 心向樹

筆者もかなりお世話になっています。(^^)/

筆者が行っているように挿し木から育てるのは少々難しいかと思いますが、挿し木してから2年か3年経っている販売用の苗の場合はそれほど簡単には枯れません。
と言いつつ大量に枯らしたことがある向いてない人←
サボテンも結構枯らすからね…

欲しいと思ったら早いうちに買っておいた方が良いですよ。

結び

初めて挿し木をしたのが昨年の8月末。
その後台風でやられてしまい、その後再度挿し穂をいただいて植え直しをしました。(9月くらい?)

そこから、じっくりじっくり観察しつつ、育てています。

2年生の苗が数品種ありますが、こちらは梅雨前に新しく借りた畑に植える予定です。
こちらはまた記事にしたいと思っています。

動物もそうですが、植物が元気に育っている姿を見ると非常にパワーをもらいます。

ステイホームがまだまだ続くかと思いますので、室内で茶を育ててみるのも楽しいと思いますよ。



兼業茶農家とは?実際兼業茶農家ってどういう感じで茶と関わっているの?

筆者は非常に小さな茶畑で、茶業界全体から見たらお遊び程度の農家です。
(まぁ、そもそも兼業なのでお遊びみたいなものですが。汗)

「兼業茶農家です」

と言ってもよくわかっていただけないことが多いです。実は。

というのも、「兼業茶農家」というと「ほかの農作物」と「茶」の兼業だと思われるようだということに最近気づきました。笑

筆者の場合は「会社員」と「茶農家」の兼業です。
平日サラリーマン、土日農家

思えば、「茶農家」と言ってもお茶のことを知らない方から見ればなんだかわからないのではないかと思いまして、筆者のところを例に取り、少しまとめてみたいと思います。




「茶農家」、といってもピンからキリまで

「茶農家」というと、「茶の栽培して、管理して、製造して、販売する人たち」という印象を受け方は多いのではないでしょうか。(自園自製自販)

筆者は自身が栽培や製造に関わるようになるまで、もれなくそうでした。。

茶のイベント等でお見掛けする方たちは皆さんそうでしたし、直接お付き合いのある茶農家さんもそうだったからです。

ですが、茶の栽培から販売まで一貫して行う方は、おそらく絶対数としては少ないのではないかと思われます。

茶業経営形態は以下のように分類されています。

1、茶の栽培、製造から販売まで行う(自園自製自販)
2、茶の栽培、荒茶製造まで行い、販売(自園自製、自園自製兼買葉)
3、生葉を摘んで、販売(生葉売り)

というように茶農家の形態は別れています。(他にも様々な組み合わせは考えられますが大きく分類しています)

※自園自製⇒年間生葉処理量の80%以上を自給し、製茶した荒茶を販売する形態
※自園自製兼買葉⇒自園の生葉及び購入生葉を製茶し、荒茶を販売する形態。年間の生葉自給率が50%以上80%未満を「自園が主」、50%以下を「買葉が主」と言う
▼参考:「茶生産指導指針」静岡県経済農業協同組合連合会 平成20年版より

さらに、最近では茶農家をしながら茶の販売を行い、自製した茶を使用してカフェを経営したり、農家民宿を経営したりしている6次産業を行っている方も最近は多く見られるようになりました。

農家の茶畑を眺めつつお茶を飲めるというこちらも6次産業になるのでしょうか。

まだこちらの茶畑の中のティーテラスを体験したことはありませんが、最高でしょうね。間違いない。
※現在は新型コロナウイルスの影響で中止をしているようです。



筆者はどれにあてはまるの?実際何をしているの?

筆者の場合は、
3、生葉を摘んで、販売(生葉売り)
に近いです。
詳細を書いてしまうと身バレするので多くは書きません。色々と大人の事情が…ごにょごにょ

とはいえ、一部は少量紅茶や烏龍茶を作り、人に譲ったりしています。

趣味の域です。残念ながら。

実際何をしていたの?

読んで字のごとくなのですが、茶畑を管理して、新芽を刈り取り(摘採)、共同工場へ納品しています。


摘んだ生葉を軽トラに乗せたまま、軽量します。
前の車の下(緑の部分)は量りになっています。
(量りのサイズからみると、大きいトラックはどうするんだろうか…?)


計量が終わったら、茶葉を工場に入れます。

刈り取った生葉を入れた袋を軽トラから降ろし、

出していきます。


空になった袋を再度軽トラに積み込み、先ほどの入り口で量ります。

軽トラの重さを引いて、生葉量を計測。


こんな感じで畑⇒工場⇒畑⇒工場を繰り返します。

前回の記事にも書きましたが「やぶきたはさみ」と書かれていますね。
▼参照:日本のお茶刈り(摘採)について‐手摘み?ハサミ?機械?なんのこと?

以上。

と、筆者がやるのはここまで。

ここから先は共同工場にて荒茶の製造が行われます。
この日も工場を離れる際に、生葉を蒸している香りと乾燥している香りが漂っていました。

え?これだけ?!と思う方もいらっしゃるでしょうねー。
筆者モオモッテタ。。

兼業茶農家の現実

生葉を納品するまでの過程は、茶畑をきちんと管理して、良い葉を収穫することにある訳ですが、自然相手なので当然難しいことが多々あります。

筆者の地域は昨年霜にやられてしまった場所も多かったようで、芽が遅れて出てきた筆者の畑は難を逃れました。

そして、兼業茶農家の場合は土日等にしか摘採が出来ません。

GWの休みに少し有給を足したりして新茶期は出来るだけ長く畑にいられるようにするものの、気温が低い日が続いて芽が伸びなかったり、雨が多すぎて摘採できなかったりとなかなかうまくいきません。(´;ω;`)

さらに、自分で自由にお茶を作りたいという欲が出てくるのですが、それも簡単には叶いません。

小さくても茶工場を作るとなれば多大な費用がかかります。

若くてパワーのある方たちがクラウドファンディングで資金集めたり、中古の機械をもらったり安く購入したりしてカスタマイズしたり、自園自製自販を目指して奮闘しているのも見ています。

とはいえ、実際筆者のような生葉売りを行っているような方たちは高齢化が進み、畑を手放していっています。

放棄茶園は増え続け、「茶が売れない時代」と言われて久しい昨今です。

それならば放棄茶園をもっと多くの方に貸し出せばよいのに、と思うのですが、そこはまた法律等も絡み簡単にはいかないのです。。

茶を作ったはいいけれど、販売するのにも様々な縛りがあります。
この辺りもまたまとめてみたいと思っています。



結び

筆者はカフェを経営していたのですが、カフェは飲食店の中では非常に簡単に開業できる業態ではあります。

その代わり一般的に儲からない、と言われます。
客単価、低いですしね…。

開業資金はそこそこかかりますし、カフェだけの場合は資金的に厳しいのでテイクアウトを行ったり、イベントを開催したりとあれやこれや頭を悩ませていました。
テイクアウトも色々と縛りがあるので大変です。

兼業茶農家になってみて、こちらも同じようなものだと感じています。

当然、自身も製茶機械を導入して、製造販売を行いたいと思います。

まだ農家の仲間入りをしてからの時間が短いので、今後も様々な道を模索しながらいつかは専業で茶を作っていきたいと企んでいます。

苗や種の生育記録とともに、見守っていただければ幸いです。
▼参照記事:茶を育てる‐種から育てる編-
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編①ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編②ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編③ー

茶を育てるー挿し穂から挿し木編③ー

春になった途端、子供たちの成長が著しく、毎日水やりに精を出しています。

挿し木たちのその後です。

子育て日記(備忘録を兼ねて)ですので、気軽ーに読んでください。



挿し木たちの現在の環境

挿し木って何の話?という方はこちらから是非どうぞ。

▼関連記事
茶を育てるー挿し穂から挿し木編①ー
茶を育てるー挿し穂から挿し木編②ー

冒頭に書いた通り、温かくなってきたら途端に挿し木の成長が激しく驚くばかりです。

また、冬の間は寒冷紗とビニールをかけていましたので水やりは全く必要ありませんでした。(1回くらいはやったかも知れません)

時折寒くないかと覗いてみていたくらいです。

しかし今は寒冷紗とビニールを取り、不織布のみにしています。
裾を少し上げて。
▼参照記事: 旅の思い出2019年5月-京都府茶業研究所①(玉露の本ず栽培)-

すっかり風通しが良くなって、土の渇きも早いです。

挿し木には鹿沼土を使っていますが、全体的に表面が白くなったら水をたっぷりやっています。

鉢植えやこのような挿し木の場合、水を溢れるほどたっぷり与えることで土の中の空気が入れ替わって、根が元気でいられるそうです。(相方談)
筆者はそういう知識が全くなかったので、表面が乾いたらちょろちょろと水をやってよく枯らしてました。。そういうことかー。

ただし、大雨とか風強いとか予報が出ると不織布を下まで覆ったり、しっかり洗濯ばさみで止めたりします。

茶畑と同じではありませんが、天気予報を見ながらちょこちょこと状態を変えながら日々過ごしています。



元気に育ってる?

見てください!!!
この成長率!!!


前回これですよ!

前回っていつだったか…?
1か月前くらいですね。3月半ばくらい。

その頃は確かに新芽が少し出てきていましたが、今はもはや枝になりつつあります。

そうですね、例えるなら年賀状が届いて「〇〇んとこの子ども、もうこんなに大きくなったんだ!え、だって、この間生まれたばかりじゃなかった?」のような状態。←例える必要が全くなし

というくらい、早いのです。

今はローテーションを組みながらですが毎日どこかしらに水をやっています。

という訳で子育て日記割合が増えています。笑



結び

これからの予定としては苗を6月くらいに植える予定です。

苗を植えるのは通常3月ですが、ポット苗なので活着するのではないかと考え、梅雨直前くらいに植えようかと思っています。

挿し木の子たちは来年の3月に植える予定で、まだしばらく家の周りで世話をします。

新しい品種苗も少しだけ増えたのでこれからますます忙しくなりそうです。

製茶も少しずつ経験値を増やしていっています。

ブログの更新もなかなか進みませんが、まぁのんびりとやることにしましょう。
会社員としても社会的にも、新型コロナウイルスで様々なことが足踏みなままですからね。ははは。

茶を育てるー挿し穂から挿し木編②ー

挿し穂をいただいて、挿し木をしています。
前回の内容⇒茶を育てるー挿し穂から挿し木編①ー
今回はその後について少しだけ更新です。
▼参照記事:茶を育てる‐種から育てる編-
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編①ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編②ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編③ー



挿し木をしてからどれくらい経ったっけ?

2019年9月に挿し穂をいただいてから半年以上経とうとしています。

実は「茶を育てるー挿し穂から挿し木編①ー」でアップしたのは挿し穂は夏くらいにいただいたものです。

しかしその後、おそらく塩害と思われる症状で全滅してしまいました…。(2019年は台風多かったですよね…)

現在挿し木で育てているのは4品種。

これらの他にもあります。
もっと言いますと苗の子たちもいるのであと2品種w

どれ程の割合なのかは分かりませんが活着できずに葉を落としてしてしまったものがあります。

先日数えてみると挿し穂をいただいた時から比べると半分くらいになってしまいました…。

ですが、まだまだ彼らが土に植えられるのは先の話。
あと一年は筆者宅の軒下で過ごしてもらいます。←

写真の通り、冬の間は透明のビニールと寒冷紗をかけていましたがそろそろそれらを取るかどうかの瀬戸際です。

とはいえ、夜間に温度が下がってしまうとまだまだ赤ちゃんの彼らは死んでしまうかも知れません。。

天気予報と相談の日々です。。
悩ましい…。

ペーパーポットへ移植

上記写真の軒下の子たちはペーパーポットに挿し木しました。
詳細は前回の茶を育てるー挿し穂から挿し木編①ーをご覧ください。

ペーパーポットはこういったもの。



上の写真を見ていただくとわかると思いますが、大きなマンションが各部屋に分かれています。(よーく見ていただければ…)
これにより根が絡むことなく、下にまっすぐ伸びます。便利~。

しかし、一部ペーパーポットが足りずあぶれてしまった子たちがおりまして。。

部屋の仕切りのない大部屋に暮らしていました。

その子たちをペーパーポットの各部屋にお引越しをしてもらいました。
(ただし、他の品種と同じマンションw)


見てください!
こんなにしっかり根を張っています!
そして、小さな芽もつけているのです!!!
あぁ、なんてかわいくて愛おしいのでしょうか…!




まだ赤ちゃんですので、移動した時にちゃんとそのまま育ってくれるのかは不明ですが、一つ一つ根を傷つけないように慎重にお引越し。


ある品種のマンションに転居済み。
分かりやすいように白い輪ゴムをかけました。

さてさて、お引越し後も元気に暮らしてくれることを願うばかりです。
春は引っ越しシーズンだからね。

結び

たまには成長記録やらを書いていこうと思っています。

冬の間は水やりもほとんどありませんでしたし、見た目がほとんど変わっていませんがこれから急激に変化があるのだろうと思います。

すべてではなくとも、元気に根を張っている子たちがいるということを知れただけで今回のお引越しは非常に喜ばしいものでした。

今コロナウイルス問題でニュースを見ても、ラジオをつけても気分が滅入るばかりです。

しかし、小さな彼らがそんなことお構いなしに元気に育っている姿を見ると、人間も負けている場合ではないと思います。

自然の力は偉大です。

これからは新茶シーズンで畑仕事も本番。

お茶がコロナウイルスにどういう効果があるのかないのかは今のところ全く分かりません。
しかし、お茶を飲むことで心がほっと癒されます。

お茶を飲みながら、できるだけ家族や愛する人と一緒に笑って過ごしていくようにしたいものですね。

また、何か変化がありましたら更新していきます。多分、おそらく、いや、きっと…。