2020年ティーコジーコンペティション!ティーコジー(teacozy)ってなに?


現在夏に向かっていますので少し時期外れの内容となりますが、紅茶を淹れた時に被せる帽子、ティーコジーはご存じですか?
※ティーコジー、ティーコゼー、ティーコージー、と読み方はバラつきがあります。

こちらのコンペティションがアメリカで行われるというニュースを見たため、今日はティーコジーについてまとめてみたいと思います。

ティーコジーって何?


紅茶を淹れたポットを保温するためのものです。

紅茶専門店、カフェ等で見たことがある方も多いと思います。

調べてみると世界的に色々な色や形のものがあり、紅茶好きな方には必須アイテムとなっています。
スリランカでは象の形のものもありました。

素材は布やニット等があり、ポットに被せるタイプのもの、ポットに着せるタイプのものと形や色も様々です。

下の写真のものはニットで作られていて、ポットを覆っているため、この状態のままカップに注ぐことが出来ます。

※被せるタイプのものですと、紅茶を注ぐ際に一度外す必要があります。
おかよんさんによる写真ACからの写真

ポットやティーカップソーサーに合わせた生地で作られたものもあり、テーブルコーディネートにも最適です。

紅茶がお好きな方ですと、気に入った生地を購入してご自身で作られている方も多いですね。

筆者も作ってみたことがあります。

被せるタイプですと綿を中に詰めて、縫うだけですので簡単にできました。

作ってみたい、という方にはこちらのサイトがおススメです。
非常に分かりやすく作り方の詳細が書かれていました。
こうまの手仕事 

ティーコジーは1867年に初めてイギリスの書物に登場したようです。
イギリスで紅茶が飲まれるようになったのは1600年代半ばですので、1867年以前にもあったのかも知れません。

ティーコジーの始まりは、アイルランド人の農夫がテーブルを横切った時に帽子がティーポットの上に落ち、後で帽子を取っても紅茶がまだ温かかったというところからだとか。
文献などを探っていないので詳細は不明です…。今度調べてみたいと思います。

2020ティーコジーコンペティション?

2019年にも行われ、全米で53件の応募があり、世界中から1000人近くの人が投票を行ったそうです。

こちらのイベントはウェストバージニア州の「The Larkin Tea Company」が主催しています。

優勝者には700ドル相当の賞品が付与されるとのこと。

賞品は、
・紅茶、ティーアクセサリー等
・「Tea Time Magazine」の1年間無料サブスクリプション
・ギフト券各種
など、他にも様々なものが与えられるそうで、2020/5/31が締め切りとなっています。

写真で応募でき、作品はThe Larkin Tea CompanyのHP上に掲載されます。

HPにアップされた作品に投票して、最も多くの票を獲得した方が優勝となります。

ただし、応募者はアメリカ在住の方に限ります。

The Larkin Tea Company」のHPが見られるのであれば、世界中から投票が出来ますので、筆者も是非投票に参加したいと思っています。

結び

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く日本でもこういった「手作り作品」のコンペティションは需要がありそうな気がします。

外出自粛でイベントやアウトドアはなかなかできないですが、例えば絵画、手芸などはむしろ自宅で集中して行えるメリットがあります。

確かに手作りマスクも皆さんやたらと作っていますね。笑

「手作りマスク選手権」のようなことを行ったら案外話題になるのかも?

ティーコジーは日本ではそれほど売りにしている作家さんがいらっしゃいませんが、秋から冬にかけて家にこもって紅茶を飲みたくなる時期に今回の「2020ティーコジーコンペティション」ようなイベントを行っていただければとても嬉しいですね。

どなたか是非、企画をお願いします!←人任せ



これからの時期の茶の保管に最適!茶箱の魅力!





じわじわと暑くなってきました。

今年は新型コロナウイルスの影響で春も満喫できず、夏の間もマスクをしなきゃならんのかとか陰鬱な気持ちになりますね。。

これからの梅雨、暑い夏、どうしても購入したお茶は悪くなってしまいがち。

お茶専用の冷蔵庫、冷凍庫などをお持ちの方は良いですが一般家庭でそこまで持っている方というはそれほどいない…はず。

さて、どうやって良い状態で保管しましょうか。

茶箱ってなに?

ここ数年、茶箱が非常に人気です。


雑誌などでもよく見かけますし、茶箱のデコレーションを行っている方もいらっしゃいます。
テレビでも紹介されたことがあるようですね。

サイズも様々作られるようになり、プレゼント用の箱としても喜ばれます。(特にお茶好きな方には)

こんなにオシャレに使えるのもいいですね。

茶箱はかなり古くから使用されていたようです。

例えば、明治時代に海外に輸出される際にも使用されており、蘭字(らんじ)と呼ばれた浮世絵風のイラストを貼って使用していました。
▼参照:浮世絵と西洋の出合い 戦前の輸出茶ラベルの魅力



茶箱の良いところは?

トップ画像は汚くて申し訳ないのですが、かなり古い茶箱です。
今でも現役で筆者が使用しています。


ミチミチに入れて茶葉の保管用に使用しています。
こちらには出来るだけ長期保管して熟成具合を確かめたいものを入れています。(中国茶台湾茶系が多いです)

中にアルミが貼ってあるのがわかりますでしょうか。(写真がうまく撮れずスミマセン…)

茶箱は中にアルミ等がコーティングしてあり、防湿性が非常に高く、断熱性もあります。防虫効果もあるそうです。

そのため、夏は快適な温度で茶葉を保管することが出来ます。

暑い日に開けると、中はひんやりとしているのですよ。
お米を入れたり、常温保管できる食材の保存にも最適!

茶箱には他の意味もある?

ちなみに茶箱というのは今までご紹介してきた「茶葉を入れる箱」という意味と「お茶淹れグッズをまとめておく箱」という意味があります。

1、葉茶を運送、貯蔵するのに用いる大型の木箱。湿気を防ぐため、内側にブリキや渋紙などを貼る。
2、旅行や野点(のだて)などのとき、茶道具一式を持ち運ぶための箱。
▼参照:デジタル大辞泉


こんな素敵な本まで発売されていました。

お茶好きな方は、小さい急須(蓋椀)と茶杯を持ち歩いて、宿泊先でお茶を淹れたりしています。

そのため、出張等が多い方は結構「オリジナル茶箱」を持ち歩いていますね。

下のリンクを見てください!

こんなに素敵なセットまであるんですよ!
これを持って山や海でお茶を淹れるというのもすごく良いですね。

籠に入っているところがまたツボですな。(^^♪
こちらプレゼントに今度必ず使おうと狙っているものです。ムフフ。

結び

自身が持っている茶箱はおそらく茶葉が30㌔くらい入る大きなものなので、茶葉を目いっぱい入れるとかなり重いです。

そのため、どうしてもプラスチックケースや衣装ケースを使用して茶葉の保管をしています。
茶の教室やお茶会等にも持ち運びしやすいのです。

現在は賃貸住まいのため躊躇っていますが、筆者もいつか落ち着いたら茶の保管をすべて茶箱に変えるつもりです!(宣言)

まぁ、茶箱に詰める前に飲みきるくらいの量を買うのが本当は正解◎!笑
でも、お茶好きさんはみんな分かってくれるはず!

夏も快適に美味しくお茶を飲むために、茶箱、おススメです♪



<紅茶の場合>テイスティングカップの使い方

なんでそんなに押してくるの?

と思われるかも知れませんが、筆者はテイスティングカップをこよなく愛しています。

なんでしょうね。
もしかしたら紅茶にはまって初めて行ったスリランカの茶園で見たあのテイスティングカップが並んでいる風景がずっと頭にあるのかもしれません。

「かっこいい!!!!」

っていう。←バカ

まぁ、それは置いておいて、紅茶にはまった方(はまる予定の方)にはもれなくテイスティングカップの購入をお勧めしています。
ということで、今日は写真多めでテイスティングカップの使い方をご紹介したいと思います。



テイスティングカップについて(紅茶の場合)


できれば最低3個は購入していただきたいと思います。

前回、「茶の鑑定(テイスティング)をする際の道具について」 でご紹介していますが紅茶用、台湾中国茶用と少し形が違っています。

今回は紅茶用ということで改めてご紹介。


使いやすいですし、製品としても安心なのでこちらを勝手にお勧めしております。

最低3個、というのは飲み比べをする際に最低3種類の同時に味わうと明らかに個性の違いが分かって面白いからです。

例えば、スリランカのヌワラエリアとウバとディンブラと比べてみるとか。
アールグレイを会社ごとに飲み比べするとか。

筆者的には5個以上がお勧めです。
いえ、強要ではありませんよ!ただ、本当に非常にあると勉強になるのでお勧めなのです!!!

飲み比べることで自分の頭の中で違いがクリアになり、記憶にも残ります。

筆者は自身で作ったお茶も常にテイスティングカップで飲み比べをしています。

〇月〇日に作った紅茶と△月△日に作った紅茶を飲み比べて、具体的に葉の状態や発酵の程度等を思い起こしてみると最終的に出来上がった紅茶の違いがはっきりとし、改善点も明確になります。

当然、紅茶を購入した時は必ずテイスティングを行います。
ちなみに、テイスティングカップがない時はポットでやっていました。
筆者は店をやっていたので同じ形のポットが大量にありますが、普通の家庭では難しいと思うのですよ…。
なので、テイスティングカップを揃えると場所も取りませんし、便利です。

故にお勧め!!!!←しつこい

テイスティングのやり方


①茶葉を量る

一応、紅茶の場合は3gが基本です。(0.02gオーバーしているのは勘弁してください…)
もっとライトに淹れることも可能ですが、鑑定の際は濃く淹れることによりあえて欠点も強く抽出します。

はかりについては以下の記事を参照ください。
▼参照記事:茶道具について①-お勧めの道具「はかり」-


②テイスティングカップに葉を入れる


③熱湯をカップの線の部分まで注ぐ⇒3分待つ

丁度線の部分までで150㏄となります。





④抽出する

3分はあくまでも鑑定の際に味と香りを強く抽出するためです。
つまり、通常飲む味よりかなり渋みや苦みが強く出るということです。


⑤水色と茶殻を確認

一番手前(左)に少々茶殻が多く入ってしまいましたが(汗)、水色(紅茶液)を見て、茶殻も確認します。

色や香りは鑑定に重要なファクターです。


⑥味をみる

スプーンやレンゲなどで少量すくって味をみます。
ただし、3gを3分抽出していますので非常に味が濃いです。
何度も言ってますが。

あくまでも紅茶の特徴をみるものですので、口に空気とともに液を含み、吐き出すのが本当のやり方のようです。

結び

以前の記事でも書いたのですが、テイスティングカップは鑑定用のため、プロの方が使う道具です。

ですが、例えばカップ一杯分の紅茶を淹れたい場合などはポット代わりにもなります。

大人数で紅茶の飲み比べをするときも非常に楽しいです。
実際にテイスティングカップでの飲み比べ茶会なども開催されているようですよ。
面白そうですよね…!!!

筆者は紅茶教室で必ず使用していますが、何かと便利です。
(ポットより場所を取らないし、割れにくいし)

紅茶の学びをもう少しだけ深めたい方、ぜひぜひ使ってみてくださいませ。



気づくと付いてる茶渋。気になる汚れどうしてる?茶器の掃除について。

お茶を日常的に召し上がる方はおそらく結構抱えているだろうこの問題。

茶器の茶渋汚れ。

筆者も毎日茶を大量に飲むため、茶渋があっという間につきます。
歯も黄ばんじゃいます…。

あくまでも筆者の体験に基づく茶渋の取り方をご紹介しますので、何か茶器掃除のヒントになれば幸いです。



ティーポット(カップ)やガラスの茶渋汚れ

筆者何度か言ってますが(しつこい?)、茶カフェを以前やっておりまして茶渋汚れは非常に気になります。

自宅で飲んでいて人に見せるようなものでなければ気になりませんが、たまにカフェで茶渋のついたカップ等が出てきた時は、「ちゃんと掃除しようよー」と心の中で思っております。

お客様が見るものだと思えば、やはり綺麗にしておくべきではないかと。。
あくまでも筆者の意見です。

ティーカップ、ティーポット等の磁器の白い部分に関しては、日々の食器洗いの中ではほとんどメラミンスポンジで茶渋を落としています。


色々なメラミンスポンジも試してみましたが、やはり「激落ちくん」が何よりおススメ。
本当に激落ちなのですよ。
あと、へたりが遅い。

まめにメラミンスポンジ自体を漂白するのですが、何度漂白してもへたりにくいです。
早いやつだと2,3回でダメになります。。

ちなみに、茶器を洗う用のメラミンスポンジがへたって来た場合、掃除に回してます。
ガスコンロ周りだったり、トイレやお風呂用にも使います。
水だけでかなり落ちるので非常に良いです。

それでもどうしても落ちない場合、もしくは大量に茶渋がついてしまって急いで取りたい場合はかなり薄めた漂白剤に漬けます。

塩素系漂白剤ですと塩素の匂いが残りやすいため、茶器掃除の場合は酸素系漂白剤を使用しています。


40℃~50℃程度のぬるま湯に規定量の漂白剤を溶かし、そこに漬け込みます。
しばらく漬け込んで、その後メラミンスポンジで磨けばピカピカになりますよ。
手袋必須!!!

そうそう、ティーポットの注ぎ口も真っ茶色になっていたりして震えます。
紅茶は特に茶渋の力が強い…。

金彩等がついている高価なティーカップは残念ながら持っていないので、紅茶のプロの方に聞いていただければ助かります。そして教えてほしい。。

塩素系の漂白剤の方が茶渋を落とす効果が強いのですが、時々量を多く入れてしまってゆすぎが甘く、ポットから塩素の匂いがするという経験を何度かしているため、今はキッチン掃除の塩素系漂白剤と茶器掃除用の酸素系漂白剤を使い分けています。



急須、茶壺の茶渋汚れについて

陶器、炻器等の焼き締めのものは、触ればわかると思いますがざらざらしているものが多いです。
ツルツルに磨かれているものもありますが…。
▼参照記事:「世界!ニッポン行きたい人応援団」で常滑焼急須が!日本の急須は素晴らしい!

急須や茶壺自体が茶の成分を吸収することもあり、そのため淹れれば淹れるほど色艶が出てきて、味がまろやかになるという効果があるようです。

しかし、色が薄めの急須などの場合やはり茶渋が目立ちます。。

通常の掃除は茶漉し部分(ささめ、セラミッシュ)を歯ブラシでこすり、詰まったら歯間ブラシを穴に入れ、詰まりを解消。


歯間ブラシは前回の常滑の記事を書いたときのテレビ番組で紹介していまして、それからかなり愛用してます。


自身の歯茎にはもっと硬い毛の歯間ブラシを使用しているのですが、急須は傷つけたくないのでゴムのものにしています。
とはいえ、サイズを間違えると穴に入らないのでご注意を!

それでも茶渋が取れない、というような場合は重曹で落とします。

急須の茶渋を重曹で落とす方法

1、大きめの鍋に急須が漬かるように水を入れる
2、1リットルの水に対して、重曹大さじ2くらいを入れて沸かす
3、沸騰したら弱火で10分程度煮た後火を止め、そのまま少し冷めるまで放置
4、出来れば湯がまだ熱い間に柔らかいスポンジで茶渋をこする
5、お湯でよくすすぐ

※茶壺も筆者は同様にしています。
※「急須 重曹」で検索すれば色々なところで記事が出ていますので参照まで。


筆者はこちらの重曹がお気に入りで、長らく使用しています。
電子レンジの掃除やガスコンロの掃除などにも結構使えます。

毎日こまめに掃除を行っておけば、それほど年末に大変なこともないですよね。
(ここは割とマメにやってます。割と珍しいw)
▼参照記事:年の瀬のほうじ茶作り。2019年に向けての棚卸

烏龍茶用の茶壺は多くが穴が一つ(単孔)なので、あまり詰まることはないかと思います。
ですが、よく見ると注ぎ口の奥が黒ずんでいる、というようなことがありますのでたまにチェックして、重曹煮をしてみると良いと思います。

重曹煮の後、そのまま使っても大丈夫?

重曹自体、体に入っても大丈夫なものですので特に問題はありません。

ただ、ゆすぎが甘くて重曹が若干残り、乾いた時に白く粉をふいてしまうことなどがあります。何度カヤッタ…

また、敏感な方ですと味の変化が気になるかも知れません。
筆者も結構感じます。

ですので、筆者は重曹をお湯でゆすいだ後、必ず別にお湯を沸かして湯通しします。
時間があれば再度鍋でお湯だけで煮ます。

これでほぼ問題ないかと思います。



結び

茶器の掃除に必須の道具は
・メラミンスポンジ
・歯ブラシ、歯間ブラシ
・重曹
・酸素系漂白剤
でほぼ解決です。

というか、キッチン掃除もほぼこちらで解決しますよね。
主婦かw←2回目

常にお茶を淹れていて、毎日急須や茶器を見ているのでうっすら黄ばんでいくことに気づかないことがあります。。

教室などに持っていった時にびっくりしたり…。

茶器には茶葉(茶液)を長時間入れっぱなしにせず、出来るだけ早くゆすぎましょう。

とか言っている自分が一番そのまま放置しているのですよ…。
だからこそ、掃除が必要なのですよ…。

今回の記事が皆様の参考になりますように!

茶道具について②‐お勧めの道具「温度計」‐

ずいぶん前に茶道具のはかりがお勧めであるという記事を書きました。
▼参照記事:茶道具について①-お勧めの道具「はかり」-

最近、お茶会にちょこちょこと参加させていただいている関係で、お茶初心者の方とお会いする機会も増えました。

もはやお茶と出会って20年ほど経つため、その頃一体何を思って、何を考えてお茶を淹れるという行為をしていたのかとぼんやり考えていました。

当時SNSもほとんどまだなかった頃でしたので、紅茶専門店に足を運び、「これがこの紅茶の味なのか」と頭に叩き込み、その紅茶を買って帰っては淹れる日々。(筆者は紅茶がスタートでした)
今は便利だなぁ。YouTubeでも淹れ方とか見られるし。

そんな日々を思い出しながら、「徐々に買い揃えていった道具ってなんだったろうか」と。

はかりの重要性について①で書きまして、次は温度計です。



湯の温度を測ることは重要?


どのお茶でも淹れるにあたり非常に大切なことがいくつかあります。
その中でも以下三点は必ず押さえておいた方が良いポイントです。

1、湯の量
2、茶葉の量
3、温度

少し細かく見てみましょう。

1、湯の量

茶葉の量に対するお湯の量はとても大事です。
お湯の量が多すぎたら味が薄くなりますし、少なかったら濃くなります。
特にこれに注意すべきなのは「紅茶」ではないかと思います。
多くの紅茶はティーポットで1回で抽出します。
5g300㏄で5分抽出、というように。

そのため、湯が少なく、味が濃い場合は湯を足せばよいのですが、薄かった時は調整が出来ません。
5分から10分まで抽出時間を延ばすことで対応できる場合もありますが、薄すぎる場合はもう…。涙
追い茶葉をすることもありますが、それなら潔く淹れ直した方が良いかと。。

ちなみに、台湾茶、中国茶は淹れ慣れると二煎、三煎と味を重ねたりできるので楽です。
一煎目が薄かったら、二煎目は長めに抽出する等の調整が可能です。


蓋碗(がいわん)という磁器の器で淹れているところを見たことがある方も多いと思います。
※茶壺というものもあります。

一煎目を捨ててから淹れる場合もありますし、茶葉の形状などによって淹れ方を変える必要はあるのですが蓋碗の使い方としては分かりやすいかと思います。
作法も色々あります。

2、茶葉の量

こちらは1とほぼ同じ内容になってしまいますが、「湯の量」に対する「茶葉の量」が非常に大切です。
そのため、茶道具について①ではかりの重要性について書いています。

はかりで茶葉の量、お湯の量を量ることにより、美味しく抽出できる確率がぐんと上がります。

正直、茶の初心者の方は最初これだけでも十分なくらいです。

3、湯の温度

湯の温度はこれまた非常に大事です。
今回のポイントはこちら!

1で「湯の量」が一番大事なのは紅茶、と書きましたが、「湯の温度」が大事なのが「緑茶」、続いて「台湾茶、中国茶」になるかと思います。

紅茶の場合は基本的に「沸騰した湯」を使用します。

対して緑茶ー特に柔らかい新芽を使った緑茶ーは湯温を下げることが必要になります。
例えば玉露だったら60℃~70℃、上質な一番茶は70℃~80℃程度など
茶葉によって異なります。←これ!!!ここ重要!!!

「茶葉によって(湯の温度が)異なります」というのが茶の難しいところであり、何より非常に面白いところです。
緑茶の淹れ方については簡単にこちらでご紹介しているので、是非参照してください。

というわけで、安定してお茶を淹れたいなら湯の温度を測りましょう。





よくお茶淹れのプロの方が「(お湯を入れた器に触りながら)これくらいが70℃です」とか言います。
確かにプロの方ですから、今までの経験からおおよその温度は分かるのでしょう。

ですが、

「そんなのわかるかーい!(# ゚Д゚)」

と思ったことが筆者にはたくさんありました。

実際、容器も違えば触った時の温度も違います。
筆者も一応店をやっていましたので、やかんの表面状態でおおよその温度は分かりますがやかんの質、ガスなのかIHなのかによってもかなり違いがありました。
(あと気圧とか。結構マニアックにやってるんですよ、実は。)

だからこそ、湯温を計りましょう!

温度計って買ったことありますか?
案外、温度計を持っていない方って多いと思います。


小学校で使った以来でしたが、20年前の筆者はまずこちらを購入しました。
紅茶のためのお湯の温度を測りたかったので、200℃まで測れるものにしました。
それでもネットで300円程度とは驚きです。
当時、どこで買ったのかももはや覚えていませんが、ホームセンターを探し回った記憶が…。

現在も持っていますが、今はほとんど使わなくなりました。
というのも温度を測るまで結構長い時間がかかるのと、割れた時に怖いということからデジタルに変えました。


今はこちらが主かも知れません。
温度を計測する時間は棒状温度計より早く、正確です。
ただ、ヤカンに立てておけないというデメリットがあります。(手でずっと持っている必要があります)

筆者はこれを長年使っていて慣れており、壊れないのでまだしばらく使う予定ですが、他のものも調べていましたらいいものを見つけました。


防水ですし、キャップで持ち手を延長することが出来るというところがかなり良いです。

急須内の湯の温度を測る程度ですと全く問題ないのですが、ヤカンや湯沸かしの温度を測りたい場合はヤカンの上空が非常に熱いので、持ち手を延長できるのはありがたいのです。
筆者はいつもトングで持ってました。そんで時々落としたりしてました。笑

もし今のデジタル温度計が壊れたら、こちらを購入しようと思います。

また、さらにお勧めなものがあります。
ケーキやパンを作る人にはお馴染みかと思いますが、こちらを一つ持っていると良いかと思います。


こういった放射温度計はあると非常に便利です。
熱くもないので、デジタル温度計よりも楽かと思います。
放射温度計の場合は製茶の時にも使用できるので重宝しています。

筆者はこちらの三つを用途に合わせて使っている感じでしょうか。
外でお茶を淹れる場合はデジタル温度計と短い棒状温度計を持っていきます。

結び

慣れてしまうと、本当に温度計はあまり使いません。
家で温度計で毎回お湯の温度を測っていたのはお茶の世界に入って最初の1年くらいだったかと思います。

ただ、外で初見の茶を淹れなければいけない時、イベント等で湯の温度が分かりづらい時(ポットで湯が配布されることもあるため)には温度計は必ず持って行っています。

自身の安心のためでもあります。
茶のレッスンや教室でも必ず持っていきますね。

お茶と長く付き合っていくと、自分の体調や相手の好みによってお茶を淹れられるようになるものです。

ですが、最初から上手に淹れるとか美味しく淹れるとかは考えなくてよいと思います。

どの分野でもそうですが、まずは「真似る」。
とにかく、本通り、袋の後ろにある通り、専門店のスタッフが言う通り、何度か淹れてみることから始めましょう。

いずれ肩の力を入れずに、ゆったりと自然にお茶を淹れられるようになります。(嫌でもw)

「習うより慣れろ」

ですね。

最初は基本的にじっくりとお茶と向き合ってみることをしておくと、その後の成長はとても早くなると思います。(量を計る、温度を測るというように軸を固めておく感じでしょうか)

そして、経験値が上がれば上がるほどお茶が楽しくなっていきますよ。(^^)/