お気に入りの茶器について①ータイ ベンジャロン焼ー





少し涼しくなって、温かいお茶を飲みたくなる日が増えました。

とはいえ、日中はまだ圧倒的にマイボトルに入れた水出し等が多いです。

朝夜のお茶は自然と温かいものを飲むようになり、体が寒い冬に備えだしたような気がしています。

最近購入した茶器をご紹介しようかと思います。

タイ ベンジャロン焼とは


トップ画像は先日目に留まって、すかさず購入した代物です。

タイのアユタヤ時代(17世紀前後)に貴族たちの中で流行ったものだそうです。
中国からシルクロードを渡ってきた技法がタイで独自に発展してきた絵付けです。

同じ時期、日本では有田焼や九谷焼などの色鮮やかな色絵が盛んに作られていた時代でタイ王朝にも輸入されて人気を博していたとか。

「ベンジャロン」は古代サンスクリット語の「ベンジャ」と「ロング」に由来しており、「五彩(多くの彩色)」という意味。

3,5,8色、またはそれ以上の彩色を施すことだそうです。
タイ伝統のモチーフが使用されたり、金彩が施されたものが多いよう。

タイの茶は?

タイの茶については以前オレンジ色の紅茶の記事を書きました。
▼タイの紅茶店が東京にオープン。(2018/8/19)タイの紅茶(チャーイェン)ってどんなもの?

紅茶は練乳を入れた甘いチャ―ノムイェンが多いようです。
また、緑茶も多く飲まれているとか。

筆者は、タイでは甘いお茶ばかり飲まれていると聞いています。
日本茶のペットボトルすら甘い、と旅行をした人みんな口を揃えて言っていました。

それも数年前の話ですが、今はどうなっているのでしょうか…。
タイには以前の記事の中でも行きたいと書いていますが、今も行けていません。(2018年から…)

タイではOISHIという会社から出されているペットボトルがメジャーだそうです。

緑茶飲料が2004年から販売され、今も様々な緑茶飲料が登場しているようです。(青森りんご緑茶とか)

こちらのCMを見ると、何か日本茶が間違えて伝わっているような気がしなくもないですが(汗)、興味深いです。

すべての緑茶や紅茶が甘いとは限らないようですが(無糖のペットボトルも販売されているとか)、タイの茶は甘いイメージです。



ベンジャロン焼のティーポットには何が合うのか

色々と見ていると、やはりこのベンジャロン焼のティーポットでは上記で紹介した練乳入りのあまーいミルクティを淹れたいと思っています。

こうしてその土地のものを手に入れると、どうやってその地域でお茶を飲んでいるのか、どんなお茶が好まれるのかと調べたりして楽しいものです。

あまり海外に行かない(行けない)筆者は茶器を眺めながら、その地域の風景を想像するのがとても好きです。

例えば急須の場合、常滑焼と万古焼や信楽焼等には作っている土から文化的なものまで多くの違いがあり、そこで生きる人たちの茶文化を表しています。

茶も同様ですよね。

その土地のその水に合うそのお茶を、そこで作られた焼き物でいただく。

なんて贅沢なのでしょう。

茶にはそういう楽しみ方もあるように思います。

また、多文化を知ることで人間としての視野も広がっていくように思います。

という訳で、チャ―ノムイェンを入れようと思います。

結び

こちらのベンジャロン焼は折角ならコロナ禍が落ち着いた頃にお茶会でも開きたいと思い、眠らせたままになっています。

いきなりベンジャロン焼などについて書いてしまいましたが、筆者実はお恥ずかしいことに茶器については詳しくなく…。

紅茶から入った割りには高級なティーポットやティーカップはほとんど持っていません。
むしろマグカップでゴクゴクという方が多いです。

むしろ日本の急須の方が最近興味あり、色々と購入しては淹れ方などを楽しんでいます。

急須についても、他の国の茶器についても少しずつ勉強していきたいと思います。



簡単にお茶を飲めるグッズ④ーチャッティー






今年は梅雨が長いですね…。
お陰様で日々カビとの戦いに明け暮れております。

暑くなってきて、自宅の水出しも常に回転している状態。

畑に行く時も持って行っているので、これからはさらに消費が早くなります。

以前ご紹介したハリオのカークボトルが筆者宅では依然利用率高いですが、多めに作りたい時はチャッティも使用しています。

かなり前から使われているアイテムではあるものの、今更ながらご紹介します。
“簡単にお茶を飲めるグッズ④ーチャッティー” の続きを読む

2020年ティーコジーコンペティション!ティーコジー(teacozy)ってなに?



現在夏に向かっていますので少し時期外れの内容となりますが、紅茶を淹れた時に被せる帽子、ティーコジーはご存じですか?
※ティーコジー、ティーコゼー、ティーコージー、と読み方はバラつきがあります。

こちらのコンペティションがアメリカで行われるというニュースを見たため、今日はティーコジーについてまとめてみたいと思います。 “2020年ティーコジーコンペティション!ティーコジー(teacozy)ってなに?” の続きを読む

これからの時期の茶の保管に最適!茶箱の魅力!





じわじわと暑くなってきました。

今年は新型コロナウイルスの影響で春も満喫できず、夏の間もマスクをしなきゃならんのかとか陰鬱な気持ちになりますね。。

これからの梅雨、暑い夏、どうしても購入したお茶は悪くなってしまいがち。

お茶専用の冷蔵庫、冷凍庫などをお持ちの方は良いですが一般家庭でそこまで持っている方というはそれほどいない…はず。

さて、どうやって良い状態で保管しましょうか。 “これからの時期の茶の保管に最適!茶箱の魅力!” の続きを読む

紅茶鑑定に必携!おススメ道具、テイスティングカップの使い方


なんでそんなに押してくるの?

と思われるかも知れませんが、筆者はテイスティングカップをこよなく愛しています。

なんでしょうね。
もしかしたら紅茶にはまって初めて行ったスリランカの茶園で見たあのテイスティングカップが並んでいる風景がずっと頭にあるのかもしれません。

「かっこいい!!!!」

っていう。←バカ

まぁ、それは置いておいて、紅茶にはまった方(はまる予定の方)にはもれなくテイスティングカップの購入をお勧めしています。
ということで、今日は写真多めでテイスティングカップの使い方をご紹介したいと思います。



テイスティングカップについて(紅茶の場合)


できれば最低3個は購入していただきたいと思います。

前回、「茶の鑑定(テイスティング)をする際の道具について」 でご紹介していますが紅茶用、台湾中国茶用と少し形が違っています。

今回は紅茶用ということで改めてご紹介。


使いやすいですし、製品としても安心なのでこちらを勝手にお勧めしております。

最低3個、というのは飲み比べをする際に最低3種類の同時に味わうと明らかに個性の違いが分かって面白いからです。

例えば、スリランカのヌワラエリアとウバとディンブラと比べてみるとか。
アールグレイを会社ごとに飲み比べするとか。

筆者的には5個以上がお勧めです。
いえ、強要ではありませんよ!ただ、本当に非常にあると勉強になるのでお勧めなのです!!!

飲み比べることで自分の頭の中で違いがクリアになり、記憶にも残ります。

筆者は自身で作ったお茶も常にテイスティングカップで飲み比べをしています。

〇月〇日に作った紅茶と△月△日に作った紅茶を飲み比べて、具体的に葉の状態や発酵の程度等を思い起こしてみると最終的に出来上がった紅茶の違いがはっきりとし、改善点も明確になります。

当然、紅茶を購入した時は必ずテイスティングを行います。
ちなみに、テイスティングカップがない時はポットでやっていました。
筆者は店をやっていたので同じ形のポットが大量にありますが、普通の家庭では難しいと思うのですよ…。
なので、テイスティングカップを揃えると場所も取りませんし、便利です。

故にお勧め!!!!←しつこい

テイスティングのやり方


①茶葉を量る

一応、紅茶の場合は3gが基本です。(0.02gオーバーしているのは勘弁してください…)
もっとライトに淹れることも可能ですが、鑑定の際は濃く淹れることによりあえて欠点も強く抽出します。

はかりについては以下の記事を参照ください。
▼参照記事:茶道具について①-お勧めの道具「はかり」-


②テイスティングカップに葉を入れる


③熱湯をカップの線の部分まで注ぐ⇒3分待つ

丁度線の部分までで150㏄となります。





④抽出する

3分はあくまでも鑑定の際に味と香りを強く抽出するためです。
つまり、通常飲む味よりかなり渋みや苦みが強く出るということです。


⑤水色と茶殻を確認

一番手前(左)に少々茶殻が多く入ってしまいましたが(汗)、水色(紅茶液)を見て、茶殻も確認します。

色や香りは鑑定に重要なファクターです。


⑥味をみる

スプーンやレンゲなどで少量すくって味をみます。
ただし、3gを3分抽出していますので非常に味が濃いです。
何度も言ってますが。

あくまでも紅茶の特徴をみるものですので、口に空気とともに液を含み、吐き出すのが本当のやり方のようです。

結び

以前の記事でも書いたのですが、テイスティングカップは鑑定用のため、プロの方が使う道具です。

ですが、例えばカップ一杯分の紅茶を淹れたい場合などはポット代わりにもなります。

大人数で紅茶の飲み比べをするときも非常に楽しいです。
実際にテイスティングカップでの飲み比べ茶会なども開催されているようですよ。
面白そうですよね…!!!

筆者は紅茶教室で必ず使用していますが、何かと便利です。
(ポットより場所を取らないし、割れにくいし)

紅茶の学びをもう少しだけ深めたい方、ぜひぜひ使ってみてくださいませ。