小ロットで製茶ができる機械セット~インド紅茶局スタッフが作った小さな製茶機械セット~




少し前の記事となりますが、インド紅茶局の方が簡単に製茶ができる機械を開発したという記事がありました。

インド紅茶局のアシスタントディレクターである男性が2キロのお茶を作れる小さな製茶セットを作ったというもの。

筆者は趣味で時折お茶作り(製茶)をやらせていただきますが、すべての工程を手で行うため、それはそれは高尚な趣味な訳です。

簡単な茶種であっても数時間は最低かかります。(すべての茶種を作ったわけではありませんので、自身の知る限りですが)

そして1日で作れる量も生葉で1キロくらいがせいぜい。
生葉を手に入れるのもなかなか困難なため、完成品も当然少量です。
※あくまでも筆者の話です。

そもそも製茶機械とはどんなもの?

作る茶の種類(緑茶、烏龍茶、紅茶等)により、必要な機械は異なります。
すべてを釜だけで作り上げる中国の緑茶などもありますので、一言でまとめることができません。

今回は紅茶用機械の例を写真とともに簡単にご紹介します。。

▼萎凋(槽)<いちょう>

葉を揉みやすくするために、萎れさせるところです。
自然の風で行う場合もあれば、温風を当てる場合もあります。


インドダージリンの茶園

 

▼揉捻<じゅうねん>

萎れた葉を機械で揉みます。
手で行う場合は、板やざる、布などで揉む場合もあります。


静岡

インドやスリランカの揉捻機の大きさが分かりやすい写真がなかったため、静岡で和紅茶をお作りになっている農家さんの揉捻機の写真を載せておきます。

2枚目の写真をご覧いただくと、人が簡単に入るくらいのサイズ感であることがお分かりいただけるかと思います。

 

▼酸化発酵<さんかはっこう>


インドダージリンの茶園

上記写真では自然酸化発酵を行っていました。
電熱線が下に入っていて、温度を上げて強制的に酸化発酵を促すこともあります。

 

▼乾燥<かんそう>

揉んだ葉を乾燥させます。
大きな機械に葉を投入し、乾燥を行います。

 

▼ふるい分け


インドダージリンの茶園

乾燥した茶葉を大きさに分けてふるい分けやゴミを省いたりします。
人の手でゴミや悪い茶葉を取る茶園もあります。

非常に簡単ですが、このような流れで紅茶は作られます。
※オーソドックス製法



インド紅茶局のアシスタントディレクターが作った製茶機械とは?

こちらです。


写真出典(元記事)⇒こちら

本当にコンパクト…!!!

この機械は、<萎凋槽><ローラー(揉捻機?)><発酵室><加湿器><乾燥機>を装備しているそうです。

残念ながら実物を見なければどれがどのように動くのか、どうやって使用するのかが分かりませんが、実際にこの機械を導入してから3か月以内に【白茶】【緑茶】【烏龍茶】【オーソドックス製法の紅茶】を作ったそうです。


写真出典(元記事)⇒こちら

美しい茶葉の形状…。
これがあの機械でできるのか…。ほしい…。←本音

しかもしかもしかも!!!
こちらをお作りになったアシスタントディレクターによれば、家庭にあるような道具で作れ、1,5000ルピーで出来るとのこと!!!

1,5000ルピーですと、おおよそ2,5000円くらい!!!!!

小さめの揉捻機だけでも数十万円するというのに!!!!!
すべての機材がそろって、2,5000円!!!!!

送料を考えたって、作って送ってほしい…と記事を読みながら何度もつぶやいたのでした。←心の声が漏れ出てる状態

とはいえ、こちらは趣味で作ったわけではなく、小さな茶農家が自家製茶が作れるように開発されたものだそうです。

茶葉のみを大きな茶工場に持ち込んで売っている、小さな茶農家がそれぞれ自分のところで自家製茶を作ったら…。
将来的にはとても面白いお茶が小ロットで登場するかも知れません。

茶好きとしては非常に興味深いので、是非普及していってほしいです。

結び

茶業試験場には試験的に製茶を行う機械が置いてあります。
こちらも2キロくらいずつ作れると話だったかと思います。

先日京都の茶業試験場でも製茶機械を見せていただく機会がありましたので、そちらも追ってアップしたいと思います。

昔は手ですべて行っていた製茶ですので、実際に手作り茶を作ると、茶の成り立ちが見えて、非常に面白いです。

ちなみに、手で製茶する際の道具はこんなものを利用しています。(ごく一部)

こちらは萎凋用、揺青用に使用しています。
梅や野菜を干すのにも使えます。(というか、本来はこちらが正しい使い方)

こちらのザルの上で茶葉を揉むこともあり、酸化発酵を行う時もあります。
なんなら、粉も振るえます。

かなり必要不可欠な道具かも?



こちらは揉捻機の代わりに茶葉を揉む時に使用するもの。

紅茶をしっかりと揉みこみたい時に使用しています。
茶汁がしみ込んで、着色するのも素敵。←マニアックで伝わりにくい(笑)

などなど。

生葉を茶農家さんに販売していただける、家の庭に茶の木がある等、生茶葉が手に入りやすい環境にいる方には是非自分で手作り茶(自製茶、自家製茶)をお試しいただきたいと思います。(農家さんのご迷惑にならないようにしてくださいね~)

簡単にお茶を飲めるグッズ③ーHARIO/ハリオ フィルターインボトル・ポータブルー




本日はしばらく更新をさぼっておりましたため、軽いネタからアップしたいと思います。
おススメのお茶グッズ、HARIOのフィルターイン・ポータブルです。

お茶を入れたまま持ち運べるポータブルボトル

個人的にヘビーに使用しているHARIOさんのボトル関係です。
前回紹介しているのがこちら⇒HARIOのカークボトルはすごい

お茶の仕事されている方がこぞって使用していまして、お茶関係のイベントに行くとびっくりの登場率です。
さぞかしHARIOさんは儲かって…(略)

お茶関係の方たちが好んで使う、ということはそれだけ使い勝手が良く、利便性に優れていると言えます。
筆者もかなり活用させていただいています。
今はカークボトルが水出し用にフル回転です。(もう少し本数を増やさないと間に合わない…)

お茶の教室、イベントにも大活躍。
オシャレですし、使い勝手が良く本当におススメばかり。

HARIOのフィルターインボトル・ポータブルはどんな感じ?

作りは前回ご紹介したカークボトルに似ています。
パッキンがついていて、茶こしがあり、そのまま茶葉を濾して注げます。

ポータブルなので、今回の売りとしては「水出ししたものをそのまま持ち運べる」「茶葉を入れたまま移動ができる」というところです。

分解ができるのはカークボトルと同じですが、サイズは少し小ぶり。
サイズは、幅が7.4㎝、高さが24㎝。
これで400mlも入ります。

お茶好きな人間としましては、常にお茶を持って歩くわけです。
その日の気分によって、仕事前に茶葉を選び、途中で茶葉を入れかえることを考えたりするのも楽しいものです。

筆者の職場ではマグカップ等が持ち込めないため、どうしてもお茶ライフのクオリティは下がってしまいます。(QOTとでも言いましょうか。←)
ですが、きちんと密封されてこうして茶葉を入れたまま持ち歩けますと家で飲むのと同じ(少々言い過ぎ)味が楽しめます。

さらに、軽い!(水なしで230g)

筆者が使用していた茶濾し付きボトル

筆者がつい先日まで使用していたのはビタントニオのツイスティ―なのですが、お茶が300㎖弱しか入らず、さらに少々重かったです。(ちなみに水なしで420g)
あとは少し茶葉を入れる茶漉しが小さい印象。



しかし、特筆すべきは茶を抽出した後、さかさまにして本体を捻ると、お湯が切れてこれ以上味が出ないという部分です。(茶葉が入っている部分に湯が流れないようにできる)

さらに、二重構造になっており、保温力が高いという点ではおススメです。
若干重いですが、しっかりした作りなので落としてもそうそう壊れません。
←何度も落とした人

余談ですが、ビタントニオの前に使用していたのが以下のものなのですが、こちらは500㎖入り、重さも水なしで280g。
茶葉を入れて、お湯を注ぎ、そのまま持って歩けるのですが、持ち手部分(ウエストの部分)が細く、ゴム製のため持ち歩きやすいです。少しスリムなので、リュックの脇のポケットにも入るし、こちらは長らく使用していました。


他にもガラス製のもの等々ありますので、ご自身の好みでお選びいただくのが良いと思います。

結び

HARIOさんはお茶に興味を持ち始めた時からずっとティーポットや急須、グラス、ピッチャ―とお世話になり続けてきました。

時代に合わせたオシャレなデザインや、何よりお茶好きな人の心をつかんで離さない多種多様な商品(珈琲も色々あるんですよねー)がたまりません。

最近は新商品が出ると、Twitter等でお茶好きさんがいち早くお知らせをしてくださるので、拡散も早いです。
気づくとみんな持ってる。笑

HARIOさんだけに限らず、ご自身で色々探してみて、試してみるのが良いと思います。
フォルムにひとめぼれして買ったけど、結局外には持ち歩けず、家で使用しているというものも、実はあります。

ただし、真夏は茶葉を入れっぱなしにして持ち歩くのは少々危険です。
茶葉を抜いて、保冷がしっかりできるものを持ち歩く方が良いと思います。
実は一日入れっぱなしでおなかを壊した経験があります…

あと、パッキンの清掃もしっかり行ってください。

筆者は歯ブラシと併用してボトル用のブラシセットを常備しています。


お安く販売されていますので、是非!
あとは時折うすーい漂白剤に漬け込みましょう。
よく水で洗い流し、その後熱湯を入れて振れば、ほとんど臭いも気にならなくなります。暑い夏は水分補給とともに、菌の繁殖にお気を付けくださいませ!

水分補給についての記事は【熱中症と思ったら何をする?】、【熱中症予防に給茶やお茶Bar】なども合わせてご覧ください。