茶を育てるー挿し穂から挿し木編④ー

もう間もなく6月ですね。ハヤイ…!

オリンピックもあって、年号も変わったし、なんだか新しい時代がやってきたように2020年が始まったのに、もう6か月目に入ろうとしているなんて…。

新型コロナウイルスでこんなに世界中が翻弄されるなんて思ってもみなかったですよね。。

筆者も環境が変わり、様々な転機となる年なのですが正直、不安をたくさん抱えています。

そんな中で畑に行ったり、苗の成長には日々癒されています。
定例の挿し木の成長記録です。
こちらも気づいたら前回から1か月過ぎているんですよね…。 “茶を育てるー挿し穂から挿し木編④ー” の続きを読む

兼業茶農家の畑仕事‐更新という作業について‐





先日、筆者が生葉を摘採して工場に持っていくという話を書きました。
▼参照記事:兼業茶農家とは?実際兼業茶農家ってどういう感じで茶と関わっているの?

兼業茶農家である筆者は一番茶を摘採し、工場に出荷。
残念ながら煎茶を作る、という作業はありませんがその後も茶畑の仕事は続きます。

あくまでも兼業茶農家としての畑仕事となりますが、茶畑で行う作業は様々ありますので、まずは更新について実際に行った作業をご紹介したいと思います。 “兼業茶農家の畑仕事‐更新という作業について‐” の続きを読む

茶を作る2020③‐遅れ芽で作る烏龍茶(包種茶)‐

新芽の刈り取りも終了して、刈り終わった後に出てくる芽を使用して烏龍茶(包種茶)を作ってみました。

作り方は毎回恒例の「茶の絵本」を参考にしつつ、筆者の感覚で作っています。
筆者自身が素人ですので、まだまだ手探りで作っているところです。
▼参照記事:製茶をしたい人にお勧めの本「茶の科学」「茶の絵本」

そんな様子を写真入りでアップしたいと思います。 “茶を作る2020③‐遅れ芽で作る烏龍茶(包種茶)‐” の続きを読む

2020年ティーコジーコンペティション!ティーコジー(teacozy)ってなに?


現在夏に向かっていますので少し時期外れの内容となりますが、紅茶を淹れた時に被せる帽子、ティーコジーはご存じですか?
※ティーコジー、ティーコゼー、ティーコージー、と読み方はバラつきがあります。

こちらのコンペティションがアメリカで行われるというニュースを見たため、今日はティーコジーについてまとめてみたいと思います。 “2020年ティーコジーコンペティション!ティーコジー(teacozy)ってなに?” の続きを読む

これからの時期の茶の保管に最適!茶箱の魅力!





じわじわと暑くなってきました。

今年は新型コロナウイルスの影響で春も満喫できず、夏の間もマスクをしなきゃならんのかとか陰鬱な気持ちになりますね。。

これからの梅雨、暑い夏、どうしても購入したお茶は悪くなってしまいがち。

お茶専用の冷蔵庫、冷凍庫などをお持ちの方は良いですが一般家庭でそこまで持っている方というはそれほどいない…はず。

さて、どうやって良い状態で保管しましょうか。 “これからの時期の茶の保管に最適!茶箱の魅力!” の続きを読む