焙煎度に応じたティージェラート?日本茶の焙煎ってそもそもなに?




2018年1月にできた「Maruzen Tea Roastery(マルゼンティーロースタリー)」。

焙煎度の違いによるお茶やジェラートが楽しめるとのこと。

中国茶や台湾茶、または珈琲ではよく使用する焙煎。

日本茶の焙煎とはなに?
焙煎茶が楽しめるお店は?

ご紹介したいと思います。
 

 

お茶の焙煎ってそもそもなに?

台湾の焙煎機

 

煎茶の場合、簡単に言うと【茶摘⇒蒸す⇒揉む⇒乾燥】までの工程が茶農家で行われます。

その後【ゴミ取り除き⇒大きさにより分類⇒仕上げ乾燥】という仕上げ工程があります。
仕上げの部分は農家さんで行う場合もありますし、お茶屋さんで行う場合もあります。

仕上げ加工が行われた完成茶が通常パッケージされて販売されている煎茶になります。
この完成茶にさらに手を加えたものが、例えばこちら。

ほうじ茶⇒仕上げされた煎茶を焙じて、カフェインを飛ばしたもの。
玄米茶⇒仕上げされた煎茶に、炒った玄米を加えたもの。

仕上げ乾燥した後の完成茶を強く焙煎したり、弱めに長時間焙煎したりすることにより変化を楽しむことができます。

上記の写真は台湾の焙煎機ですが、茶葉を入れてぐるぐると回り、下から熱を当てて焙煎します。

台湾や中国の烏龍茶には焙煎が欠かせません。
お茶の味や質にもかかわってくる、重要な工程です。
日本茶の焙煎とは根本的には違いますが…

 

 

 

焙煎したお茶を試してみたい!

 

日本茶を焙煎することにより、味の変化を楽しめるというお店をご紹介します。

もちろんほうじ茶を楽しみたいなら、近くのお茶屋さんに行くのが一番手っ取り早いと思います。
お茶屋さんから漂う良い香りは、まさに茶を焙じている(仕上げの可能性もあり)香りです。
あの香りに吸い寄せられるようにお茶屋さんに入ってしまいます。

筆者も近くのお茶屋さんで自宅でも楽しめるほうじ茶の作り方を教わりました。

 

☆Maruzen Tea Roastery(マルゼンティーロースタリー)

お茶処静岡で、店内にお茶の焙煎工房を併設し、少量の茶葉をその場で焙煎して飲むことができるカフェです。

「0度、80度、100度、130度、160度、200度」の焙煎度に分かれており、抹茶からほうじ茶までのジェラートが楽しめます。
焙煎度が低いほど、《煎茶》に近く、焙煎度が高いと香ばしい《ほうじ茶》の味に近づきます。

0度は農家で行われる、仕上げ前の工程の状態のジェラートだとのこと。
茶処の静岡ならではのジェラートですね。
 

 

Maruzen Tea Roastery(マルゼンティーロースタリー)

〒420−0031 静岡県葵区呉服町2-2-5(静岡駅徒歩8分)
営業時間:11:00AM – 7:00PM
定休日:
不定休

 

 

櫻井焙茶研究所

こちらは東京の南青山。
このお店が焙煎を売りにしたお店の《はしり》ではないでしょうか。

焙じ方を変えた茶とブレンドで様々な表情のお茶を楽しめます。

お食事も楽しめるお茶のコースや日本茶と和菓子のセットなどもあり、少しマニアックなお茶の世界を堪能できそう。
お茶友の友人が、まるでマジックのように焙煎したお茶の変化などを楽しめたと興奮しながら話してくれました。

一見和食のお店かと思わせる雰囲気もいいですね。
店主様は元和食の板前さんだとか。

 

櫻井焙茶研究所

〒107-0026 東京都港区南青山5丁目6番23号 スパイラル5階(東京メトロ表参道駅B1 出口前)
営業時間:11時~20時

 

 

結び

 

日本茶の焙煎は主に水分を抜くこと、カフェインを飛ばし、味を円やかにする効果があります。

煎茶を加熱することでカフェインが昇華し、香ばしい香りと甘味のある味わいのあるほうじ茶になります。
筆者も自宅で飲みきれなかった煎茶を焙じて、ほうじ茶をよく作っています。
作り方などはまた今度ご紹介したいと思います。

煎茶の焙煎度合などは自宅では変化をつけるのが難しいですが、上述のようなカフェで飲み比べが出来たら勉強になりますね。

珈琲の焙煎のように、「今日はダークローストのほうじ茶を」とか選べるようなカフェが増えることを楽しみにしています。

茶と言えば今松江市が熱い!松江茶ビール、不昧公200年祭




島根県松江市。

江戸時代の松江藩7代目である松平治郷(はるさと)は大名茶人として有名です。
松平不昧(ふまい)という号の方が知っている人は多いかと思います。

2018年の今年はその不昧公没後200年という記念の年で、茶に関係する様々なイベントや企画などが行われています。

松平不昧没後200年記念祭

松平不昧公(1751年~1818年)は松江藩の経営を立て直し、茶や陶芸などの文化を残した大名茶人です。

不昧公の茶は石州流という流派を元に、他流派を学び、千利休の「詫び寂び」の茶に原点回帰します。
当時、大名たちの茶の湯は派手になり、精神よりも茶器の高価さを競うようなものになりつつあった時代で、不昧流は好評を博しました。

2017年には不昧公が亡くなった4月24日を「茶の湯の日」と制定し、不昧公が流祖となる「不昧流」の茶道の体験会を行ったり、シンポジウムが行われたりしています。

また、松江市内の保育園や幼稚園に抹茶を入れたお菓子を配るなどの「茶の普及活動」も行っています。

2018年12月までは松江市をあげて「不昧公200年祭」のイベントが各所で行われています。

 

松江茶ビール?

2018年7月に入ってから、松江茶ビールが販売されました。

松江市内のお茶屋の煎茶を使用し、島根県内のクラフトビール製造会社によって作られたものです。

麦芽と茶は島根県内で作られたもので、すっきりとした苦みが特徴。
アルコール度数は5.5%で、330ml入り、650円。

観光客用に作られているため、手に入るのは松江市内のみのようです。

最近は居酒屋のメニューでも「緑茶割り」「抹茶割り」を見かけるようになりましたね。

お茶の産地では、松江ビールと同様にその土地の茶を使用してオリジナルのビールなどを作っているところが結構あります。
筆者は静岡で飲んだことがあります。

こんなイベントもありました。
東京お茶の水で行われている抹茶ビアガーデンが今年は4回目。(9月29日土曜日まで)
茶を使用した料理もあるので、お茶好きな方にはたまりません。

松江は和菓子も有名!

松平不昧公は和菓子にも精通していました。

今でも和菓子で有名な松江市には「松江三大銘菓」と呼ばれる和菓子があります。

若草、山川、菜種の里

松江の和菓子は「不昧公御好み」と言われ、今でも茶道をしている人では知らない人がいないと言われるほどの銘菓です。

若草や山川だけの詰め合わせもありますが、その名も「不昧」というセットも販売しています。
茶道をなさっている方、和菓子に詳しい方への贈り物にはおすすめです。
 

結び

 

今年に入ってから特に松江のお茶の話題をニュースで見かけるようになりました。

松江市全体で不昧公200年祭を盛り上げようとしているのがうかがえて、松江市に行ってみたいと思うことが多いです。

不昧公は島根の特産物をアピールしたりすることも得意な広告マンだったそうです。
松江の人たちに愛され続け、松江の人たちは彼の功績を守り続けているという素晴らしい関係性。

不昧公200年祭のHPからも地元愛をヒシヒシと感じます。

ぜひ松江へ!←だれ?

フルーツインティ、デカフェ、スティックティ、嗜好飲料の先について少し考えてみる。




先日トワイニング(片岡物産)のマーケティング部長による、2018年秋冬飲料の商品施策が発表されました。

2018年の春先は気温が高く、飲料業界に打撃を与えたこと。
引き続き変化を続けている核家族化による家庭用飲料の大きな変化もあり、今年の春夏はますます荒れたとのこと。

飲料業界は常に時代の流れとともに商品の変化があります。
茶飲料の《今》と《今後》を少し考えてみました。

現在ブームの茶飲料

カフェイン少ない(ゼロ)のドリンク

 

以前の記事でご紹介しましたが、ペットボトル飲料はデカフェ、ノンカフェインの茶や代用茶がますます増えてきています。

カフェインを敬遠する傾向は年々高まっているので、今後も開発や発売が続いていくでしょう。

【過去記事】
キリン生茶、カフェインゼロ

麦が珈琲に?!キリン CEBADA、代用コーヒー(茶)

デカフェ、カフェインレス茶について

 

 

抹茶ドリンク

抹茶ドリンクはここ数年常に人気です。

ネスレ日本では数年前から抹茶の需要増加を見越し、2016年には京都府と連携協定を結んでいます。

ネスレ日本の発売している「キットカット」の抹茶味も人気ですし、ネスカフェドルチェグストの「濃い抹茶」も人気。

マシンでコーヒーも紅茶も、さらに抹茶まで飲めるという優れもの。
筆者も持っています。
紅茶は自分で淹れるのですが、珈琲はドルチェグストを使って淹れると手軽で美味しくいただけます。

カフェラテ大好きなのです、筆者。



抹茶粉末ドリンクも好調です。
お湯に溶かすだけでドルチェグストで飲める抹茶と同様の味を楽しめるということで人気です。
確かに味がしっかりとした抹茶です。

機械を置くのが難しいというような方におすすめです。
スーパーやドラッグストアでも手に入ります。

味の素AGFでもブレンディシリーズで「紅茶ラテ」「抹茶ラテ」を販売しています。
こちらもよく目にします。
最近は《お湯に溶かすだけ》で本格的なカフェラテや抹茶ラテなどが楽しめて便利な時代だと思います。

フルーツティ、フレーバードティ

フレーバードティやフルーツティは昔からありますが、数年前からリプトン(ユニリーバ・ジャパン)が仕掛けている「Fruits in Tea」は毎年話題になっています。

元々は「期間限定店舗にてタンブラーごとフルーツティを販売する」というスタイルと「SNS用にぴったりのフォトジェニックさ」がうけて、早い勢いで拡散されました。

ローソンのMACHIcaféでもフルーツインティを販売をして、大好評です。
2018年7月3日より限定発売し、一瞬で完売。
現在再販中です。(2018年8月2日現在)

また、東京と大阪限定ですが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」によってフルーツインティを配達するという企画も行っています。

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は2016年9月から始まったサービスです。
現在東京、横浜、川崎、大阪(2018年7月現在)のみですが、ネットで注文を受けた商品を配達するデリバリーサービス。

リプトンのこちらの商品の場合は「Fruits in Tea」3本3,900円(税込み)~となっています。
商品+Uber Eatsのデリバリー料がかかるようです。

 
「オリジナルティータンブラー」と「水出し紅茶」と「フルーツティレシピ」をセット販売というのも行っています。

今までになかったアイデアで、今も人気が続いています。フレーバードティはトワイニング(片岡物産)でも今年の秋冬にさらに強化していくというマーケティング部長のお話でした。

トワイニング(片岡物産)は2016年から「インフューズティ」を販売しています。
ハーブやフルーツを抽出するインフューズティ。「茶(カメリア・シネンシス)」を使用しておらず、ノンカフェインです。
 

今後の茶飲料は?

 

怒涛の勢いの抹茶ブームはまだしばらく続くでしょう。

カフェイン抜きの茶飲料、代用茶への需要もまだ伸びると思われます。
まだ発掘されていない代用茶が出てくるんでしょうね。
結構世界中の健康茶が掘り出されたような気もしますが…

正直、経営学を学んだわけでもない、ただの元茶カフェ店主なので、今後どのようなものが流行るのかはわかりません。

長らく、茶をリーフで飲む人口たちが減ったと言われています。

そして、ペットボトルやスティックティを否定する《本格派》の人や茶業界の人たちも多く見てきました。

自身も店をやっていたので、急須やポットで飲んでほしいという願いは常々ありました。
筆者のような末端としてできることは茶に興味を持って、リーフを購入したり、急須を買ってみたりする人が一人でも二人でも増えるようなきっかけ作りをすることだけでした。

リーフで茶を飲む人口が減ったことに対する企画を日本の茶業界も様々行っています。
小学校での家庭科の授業にお茶淹れを取り入れたり、お茶のイベントを各地で行ったりしています。

とはいえ、大手の茶飲料業界の威力(広告力など)には正直敵いません。
ペットボトルやスティックティへの企業努力は並々ならぬものがあり、常に革新を起こしています。

ペットボトルやスティックティを飲んでいる人たちが、次のステップとして《リーフの茶を淹れてみたい》と思ってくれるようになったら、茶業界全体の繁栄に繋がるのではないかと考えています。

ペットボトルやスティックティが悪だと真向否定するのではなく、そこをきっかけとしてファンをコツコツと増やしていくことにより、茶を育てててくださっている農家への還元にもなり、リーフで茶を飲む人口も増加するのではないでしょうか。

難しいことだとは思いますが、茶に携わる人たちが互いに手を取って茶業が盛り上がるように向かっていくことを「ひとりのお茶ファン」としては願うばかりです。

 

麦が珈琲に?!キリン CEBADA!代用コーヒーの代表、たんぽぽコーヒー(茶)とは?

先日発売された「キリン 世界のKitchenから 麦のカフェ CEBADA(セバダ)」を飲みました。

大麦を強めに焙煎し、コーヒーのようにドリップして抽出したという代用コーヒー。
スペインの一地方で作られている製法を参考にしているとのこと。

麦茶と同様、ノンカフェインです。

コーヒーに詳しくない人に「水出しコーヒーです」と言って出したら、何も気にせずコーヒーだと思って飲んでしまうのではないかと思いました。

柑橘系素材を隠し味に入れてコクを深めているとのこと。

コーヒーのような苦味も感じ、仄かな甘味もあって飲みやすかったです。(2018/7/27現在)



代用コーヒー(茶)とは?

その名の通り、コーヒーや茶の代用品のことを指します。

代用コーヒーは「珈琲豆以外のものを珈琲のような味にして飲むもの」で、タンポポ、チコリ、麦、大豆、トウモロコシなどがあります。

コーヒー豆が手に入りづらい時代に、様々な地域で開発されたそうです。
これはコーヒーはそれほどまでに世界中の人々を魅了したということを意味します。

戦争中でという緊迫した状況の中でも飲みたい飲み物ということですから。

代用茶は以前の記事でもご紹介しているように、麦茶、ルイボスティ、ハーブティなどのツバキ科の常緑樹「カメリアシネンシス」以外で作られている「茶」のことを総称します。
▼参照記事:桑葉茶について
▼参照記事:麦茶について

ハーブティに関しては、茶がヨーロッパに入ってくる前から体に良いということで飲まれていたと考えられます。

さらに、水質が悪いところでは水を沸かして、ハーブを入れることにより味を誤魔化していたということもあったようです。

代用茶も代用コーヒーと同様、茶が手に入らないところで、茶の代わりとして生まれたものもあるのではないかと思われます。
このあたりは今後ももっと調べてみたいと思っています。



代用として有名なたんぽぽコーヒー(茶)について

代用コーヒーと言えば、一番先に頭に浮かぶのがたんぽぽコーヒーかと思います。

たんぽぽコーヒーはタンポポ茶とも言われます。

たんぽぽの根を洗って干し、刻み、焙煎して抽出をします。
私も時折飲みますが、コーヒーのようなお茶のような味わいです。
たんぽぽコーヒーとたんぽぽ茶、どちらも名前があるのがよく分かります。

コーヒーを飲めない人がコーヒーを飲みたい場合は、コーヒーの雰囲気は味わえます。

コーヒーに含まれている「クロロゲン酸」というポリフェノールがたんぽぽにも含まれているため、コーヒーのような苦みとコクを感じることができるのではないかと言われています。

発祥はドイツ、ポーランド、アメリカなどと言われています。
第二次世界大戦中にコーヒー豆が手に入らないため、作られるようになったとの説が有力です。

たんぽぽの根は中国や日本では生薬として使用されていた歴史もあるので、コーヒーが生まれる前からあったかも知れませんね。

身近に手に入り、薬効もあったところから長い間世界中の人々に愛されています。

たんぽぽコーヒー(茶)の効能は?

生薬としてのたんぽぽの根は「蒲公英根(ほこうえいこん)」と言われ、以下のような効果があると言われています。

1、殺菌効果
2、利尿効果
3、解熱効果
4、健胃効果
5、乳腺炎の予防、母乳の出が良くなる

特にたんぽぽコーヒー(茶)を注目しているのが、カフェインの摂取を制限される妊婦、授乳中の女性です。

母乳の出がよくなると言われて、西洋でも母親のためのハーブと言われています。
《ダンデ(ダンディ)ライオン》という名前で販売されています。
※花が開いているところがライオンのたてがみに似ているだからとか。

無農薬、無添加のものも多いですので、妊娠中も安心して飲めるものを選ぶと良いでしょう。


筆者も妊娠した友人にはたんぽぽコーヒー(茶)をプレゼントすることにしています。

元来茶好き、コーヒー好きな方は、妊娠すると今まで飲んでいたカフェイン入り飲料を制限される(ことがある)ため、非常にストレスがたまると言います。

カフェインは産婦人科の先生によって止められることが多いです。
気にすることの方がストレスになるから、過剰でなければ良いとする先生もいらっしゃいます。

紅茶であれば、カップ三杯程度のカフェインは問題ないとも言われていますが、

へその緒から赤ちゃんにダイレクトにカフェインが行ってしまうため体の形成が未熟な段階での摂取は控えた方がよいとの説もあります。

また、赤ちゃんはカフェインを分解する能力がないため、悪影響を及ぼす可能性がゼロとは言い切れません。

世界保健機関(WHO)では、カフェインの胎児への影響を確定はしていないものの、妊婦の珈琲摂取量は1日カップ3~4杯程度に留めるように案内しています。

また、妊婦のカフェイン摂取量については各国バラバラですが、おおよそ珈琲カップ3杯程度では問題ないとしているようです。

▼参照:農林水産省HP

そのため、たんぽぽコーヒー(茶)は妊婦さんや授乳中のママにとても喜ばれます。
せめて代用コーヒー(茶)で妊娠中のストレスを解消できることを願います。
お茶飲み、珈琲飲みの方からは物足りないという声もよくいただきますが…。笑

結び

代用コーヒーや代用茶がどのように生まれたのだろうかとよく想像します。

時代によって、コーヒーや茶を購入できなくなり、それでも飲みたいと考えた人が試行錯誤して生み出したことを考えるとロマンを感じるのです。

それほどにコーヒーも茶も魅力的で、人々が愛してやまないものだったと思うと、ますますコーヒーや茶の嗜好飲料が好きになります。

現在はカフェインを良しとせず、出来るだけ摂取しないようにする風潮が高まっています。
他方ではカフェインを濃厚にした飲料も出ているという不思議な時代。。

カフェインレスのドリンクとして代用コーヒーや代用茶がこれからもペットボトルなどで販売されていくでしょう。

代用コーヒーのペットボトルはこのCEBADAが初めてだと思います。
こういった商品が出てくるのは面白い傾向で、今後も楽しみです。



茶梅を漬けてます。本格的な茶梅ってどんな感じ?煮茶梅は簡単?





昔からやりたいと思っていたのですが、ついに今年本格的な茶梅に挑戦しています。

毎年梅の時期には煮茶梅を作ります。

台湾の本物の茶梅を作ってみたいと思いつつ、月日が流れ、今年ようやく漬け込んでいます。

様々な作り方があるようですが、今回試した方法をご紹介します。

茶梅とは?

茶で漬け込んだ梅です。

そのままですね。

台湾で食べた茶梅はセミドライフルーツのようにねっとりして甘く、烏龍茶の香りがほのかにする後味がさっぱりしたものでした。

それをつまみにお茶屋さんで美味しいお茶を飲ませていただいていたのですが、これは至福。
とても楽しい思い出です。

今回筆者がつくっている茶梅の作り方をご紹介します。
※とはいえ、まだ完成していないので正解はわかりません。汗

【材料】

■5L ほど容量がある広口ガラス瓶
■梅 1㎏
■塩 250g
■氷砂糖 1㎏
■茶葉 20g

【作り方】

①つまようじでヘタを取り、水で綺麗に洗う
②塩をまぶして、梅色が少し黄色くなり、柔らかくなるまで放置
③塩を洗い流し、水気を取り、水分を飛ばすようにしばらく置く
④広口瓶に梅と氷砂糖を交互に入れていく
⑤ラップをして、氷砂糖が溶け、梅が浸るくらいまで置く
⑥一週間ほど経つと梅が完全にシロップに浸かるので、茶葉を瓶に投入
⑦梅がシロップから完全に出ないように、時折攪拌する

上記写真は茶葉投入前(1週間目くらい)

現在(2018年7月26日)茶葉を投入してから1か月経ちました。
味見をすると、食べられますが…。
まだ酸味とえぐみが強いです…。

3か月以上は待たないと美味しくないみたいです。
1年以上など常温で置いておくのが通常だとのこと。

ちなみに、台湾に住んでいた方から聞いた作り方です。

烏龍茶が20g同種のものがなかったので、今回は紅茶にしました。
とっておきのダージリンを使いました。楽しみ楽しみ。

販売されている茶梅もあります。

茨城県の常陸太田産の青梅で作られています。

台湾古来の茶梅の作り方で作っている国産の茶梅ですので、美味しいこと間違いなしです。
さらに高級感漂う桐箱に入っていますので、贈答品にもオススメです。

今回作るのに失敗したら、諦めて購入を考えています。汗

煮茶梅とは?

梅のコンポートです。
こちらは鍋で煮るだけなので、半日くらいで作れます。

【材料】

■梅 1㎏
■氷砂糖 1㎏
■水 梅が浸るくらい
■茶葉 20g

【作り方】

①つまようじでヘタを取り、水で綺麗に洗う
②梅と氷砂糖を交互に鍋に入れる
③浸るほど水を加える
④火にかける
⑤一度沸騰したところで、火を最弱にして、茶葉を投入
⑥アクを取りながら、1時間ほど煮込む

へたを取るのが結構楽しいです。


とても簡単です。




弱火で煮込んでいる時に結構吹きこぼれるので大きめの鍋で作ることをお勧めします。
また、アクも少し取ってあげた方が良いかと思います。
(筆者は無理せず少しだけ取ります。)

煮茶梅はもちろんそのまま食べられますし、シロップは炭酸で割って「梅ティーソーダ」が作れます。

ヨーグルトにかけてもいいですし、ホットケーキにかけてもいいです。

ちなみに筆者はダージリンやネパールのフルリーフの紅茶や東方美人で作ることが多いです。

煮茶梅に関して言えば、緑茶でも試しましたが、個人的にはあまりオススメしません。。
なんというか、自分の食べた茶梅と全く違うものが出来上がるので少々困惑しました。。。(是非やってみてください)

また、筆者がよく作る紅茶ですと少々渋みがつくように思います。

高級な東方美人を使用した煮茶梅は絶品でした。
という訳で、確実に茶のクオリティに左右されます。

飲んだ時に美味しいと感じる茶葉を使うのが一番良いかも知れません。

結び

梅干しはもう作らなくなりましたが、茶梅はこれからも毎年作っていこうと思っています。

特に夏の時期には疲れが取れますし、最高です。

煮茶梅は簡単なので毎年作って冷蔵庫に保存しています。
無糖炭酸で割る茶梅ソーダは本当にオススメです。

茶梅はまた美味しくなったらご報告できたらいいなと思います。