柔らかい生葉を料理に使う?筆者おススメレシピもご紹介

生葉 茶のいろいろ


2020年も1月半ばとなりました。
もう春が近いですね!←早い

少しポカポカした日があると、「あー、いつ茶畑に行けるかなー」「早く茶畑に行きたいなー」となるのはお茶好きあるあるではないでしょうか。
まぁ、実際は一番茶まであと4か月くらいあるんですけれども。笑

今朝お茶の記事で目に留まったものがあったので、ご紹介しておきます。
ケンコーマヨネーズ、 飲むだけにとどまらない「お茶料理」のレシピ(8品)を公開!

ここ数年、茶を使ったお菓子、ドリンクなどなどが世間を席巻していますね。
飲むだけではなく、「茶を食べる」ということがますます注目されてきたように思います。
▼参照記事:日本茶ノ生餡?緑茶彩米?緑茶を食べるとどんな効果があるの?

「茶を食べる」ことについてまとめてみました。
ありきたりなのですが、筆者おススメのレシピもご紹介しようと思います。

「お茶料理」?

生葉のごちそう
こちらの写真は筆者が以前参加させていただいた生葉を使って料理をするという会のものを拝借しました。

「茶を食べる」、というのは昔からあったことだと思われます。 
昔、というのは本当に遥か昔から。
恐らく飲むのと同じくらいの時期から。

茶の原産地に近いと言われている中国やミャンマーの山岳民族たちの中には茶を食べるという習慣もあります。

実際ミャンマーでは<茶の漬物>である「ラペソー」というものが今もあるそうです。


筆者はかなり前にこの本を読んで、茶を食べるということを知りました。

エッセイ風ですので気軽に読めます。
機会がありましたら是非。

また、タイには「ミエン」というものも。
そして、日本は「茶粥」が。

「茶を食べる」レシピ本も実は多く出版されているのです。


緑茶、烏龍茶、紅茶と使用しているので料理に合わせて茶葉を選択できます。

どれも美味しそうで涎が出ます…!

以前ご紹介した茶梅のレシピも細かく出ています。
▼参照記事: