HARIO カークボトルはすごい!割れない、耐熱、横置きできる!





お茶を飲んだり、淹れたりする道具には様々な種類があります。
紅茶ならティーポット、緑茶なら急須、中国茶には茶壺(チャフー)などなど。
もちろんそれに限る訳でもありませんし、急須で中国茶を淹れたりすることもあります。

筆者が最近とても気に入っているボトルについてご紹介したいと思います。

ハリオフィルターインボトル



お茶好きな方なら一本は必ず?持っているのではないかと思われるほどメジャーになった「フィルターインボトル」。
ここ数年、このフィルターインボトルを使用して筆者の冷蔵庫には様々なお茶の水出しが常に入っています。

水出しだけではなく、熱湯も注げるので抽出したお茶を保存しておいてもよいです。
お茶屋さんのイベント等では当然のように使用されています。

ガラスなのでにおいもつかないところがまたオススメ。
茶渋などがついたときは薄くした漂白剤を入れて少し置いておけばOK。
どの茶種でも使えるという素晴らしいボトルなのです。

おまけにオシャレ。
まるでワインボトルですよね。

進化形のカークボトルの素材について

カークボトルは本体の透明部分がフィルターインボトルと違い、PCT樹脂でできています。
PCT樹脂とは、ポリシクロヘキシレンジメチレンテレフタレートの略で透明性と耐熱性に優れており、軽くて割れにくいです。

耐熱温度:100℃
耐冷温度:0℃
と記載がありますので、冷凍庫には入れられません。

また、注ぎ口、キャップ、フィルターは耐熱温度は120℃のポリプロピレンで作られています。

フィルターインボトルの蓋部分↓

 

カークボトルの蓋部分↓

フィルターインボトルよりカークボトルの方が複雑な構造にはなっていますが、分解して洗えるので衛生的には全く問題なしです。
茶渋が付いた場合は漂白剤を薄くして漬け置けば、すぐに綺麗になります。

カークボトルの利点

カークボトルの最大の利点は「横置きできること」です。
フィルターインボトルは縦置きしかできませんので、どうしても冷蔵庫のポケット部分に立てておかなければなりません。
冷蔵庫がそれほど大きくない筆者の家では、ポケットに立てている牛乳やら醤油やらをどけなければならず、正直面倒くさいです。汗

カークボトルは横置きできるので、重ねて二本、三本と置けます。
四角という形に安定感があり、場所を無駄にしません。

そして割れにくいのが最高にありがたいです。

筆者、お店をやっている頃からフィルターインボトルを利用させていただいておりましたが、何本割ったかわかりません。。
蓋部分ばかりが山のように残っております…。

フィルターインボトルより付き合いはまだ短いですが、筆者にはすでに必須のお茶アイテムとなっております。
お茶のイベントや教室などにも持っていきやすいですし、非常に重宝しています。
水出しをするのも時期的には少なくなるとは思いますが、来年の夏のために今からお求めになることをお勧めします!



 
ハリオ フィルターインボトル・ポータブル
のレビューはこちら

【注意】筆者はハリオとは何も関係ない、ただのお茶好きです。

ほうじ茶って何?自宅で簡単ほうじ茶の作り方をご紹介!




春先から初夏にかけて「新茶」というのぼりが立っていたら、居てもたってもいられなくなるお茶好きです。

毎年天候や雨の量などによって、味が変わって価格も変動します。
そのブレを極力抑えるのが生産者の腕の見せ所。
そして、茶商の技術の見せ所。

毎年の味を楽しみたいがために茶を購入し、飲みきれない…という方も多いはずです。
もしくはお茶にそれほど興味がなく、いただいたけれど飲みきれない、というケースもあるでしょう。

そんな時はこれから寒くなってくる時期に最適な「ほうじ茶」を自宅で作ってみましょう。

ほうじ茶とは

ほうじ茶ってそもそもなに?

ほうじ茶は香りも良く、ほっとする味わいで、あまり嫌いという方に出会ったことがありません。
子供の頃から麦茶と同様に飲んでいた、という方もいらっしゃいます。
気温が下がってきて、秋から冬の時期は筆者が経営していたカフェでもほうじ茶を召し上がる方が急増しました。

でも実は「ほうじ茶って何?」と聞くとご存じない方が案外多いです。



ほうじ茶の作られ方

<ほうじ茶>は<緑茶>を焙じたお茶のことを指します。

緑茶を高熱(おおよそ170℃~200℃程度)で焙煎します。
大きな丸いドラムの中に入れて、回しながら焙煎する方法や棚型の焙煎機で焙じる方法などお茶屋さんやメーカーにより様々です。

また、一概に<ほうじ茶>と言っても、様々な種類があります。

例えば新茶(一番茶)の時期の茶葉を使用したほうじ茶。
三番茶、四番茶と言われる番茶から作られるほうじ茶。
茎だけを集めて作っている(茎)ほうじ茶。

お茶屋さんなどでどのような味なのか尋ねてみると良いと思います。

ほうじ茶の味

ほうじ茶は口中をさっぱりさせる効果がありますね。
また、クセがなく飲みやすいのは高い温度で加熱することにより、カフェインやカテキン、テアニンやビタミン類などが減るからです。

カフェインの昇華点は178℃ですので、焙煎によってカフェインはかなり飛びます。
カフェインが完全にゼロにはなりませんが、妊婦さんや赤ちゃんでも緑茶より体に負担をかけません。

また、上述していますが、ほうじ茶にも様々な種類があります。
緑茶の一番茶にはうま味成分やカフェインなども豊富に含まれていますので、味がしっかりしたほうじ茶が作られます。
逆に番茶で作られるほうじ茶はさっぱりとしており、飲みやすい(味は薄い)印象を受けると思います。

ほうじ茶の香り

緑茶を加熱すると、アミノ酸と糖が反応して香ばしい香りが作られます。
元々茶葉には香り成分が多く、その茶葉を加熱することにより《ピラジン類》《フラン類》《ピロール類》が発生し、ほうじ茶独特の香りとなります。
お茶屋さんの前を通った時に香るあの良い香りの正体です。

特にほうじ茶で顕著な《ピラジン類》には血流を良くして、体を温める効果があります。
カフェインが少ないことや良い香りの成分によって精神をリラックスさせますので、ほっとしたい時や眠る前にも効果的です。(カフェインに弱い方は寝る前は避けましょう。)

自宅でほうじ茶を作ろう!

自宅でほうじ茶を簡単に作ることが出来ます。

■用意するもの

①緑茶(多少古くても大丈夫)
②焙烙(臭いのないフライパン、200℃くらいまで設定できるホットプレート)
③濡らしたタオル

 

1、緑茶をふるう

袋の下の方に粉などが溜まっている場合がありますので、軽く振るっておくと良いです。
 

2、焙烙(フライパン、ホットプレート)を温める

焙烙は陶器でできていますので、煙が上がるくらいまで温めると良いです。
フライパンも軽く煙が出る程度。
ホットプレートは200℃に設定して温めます。

 

3、温まった焙烙(フライパン、ホットプレート)に茶葉を入れて焙じる

すでにかなり高熱となっているので、茶葉を入れたらすぐに焦げないように焙烙を回します。
フライパンやホットプレートでしたら、木べらなどで絶えず茶葉を攪拌しましょう。
焦げている香りがしたら、一度火から下ろし、濡れたタオルの上で冷やします。

香ばしい香りがしてきて、茶葉全体が黄金色になってきたら完成です。

 

4、冷ます

葉を皿などに広げて冷まします。
焙煎具合には好みがありますので、焦げる寸前くらいまで行っていただいてもいいですし、緑が残る感じでやめても良いです。

筆者は少し軽めが好きなので、あまりゴリゴリに焙じません。

冷めたら袋などに入れて、一晩置いてから飲みましょう。
一晩くらい置いた方が馴染んで美味しくなります。(これも人によって様々です。)

結び

夏くらいまでは緑茶を大量に飲みます。
真夏は水出しにして大量消費します。
それでも残るくらい毎年購入するので(汗)、秋口くらいからはほうじ茶を大量に作って飲みます。

一番茶で作ったほうじ茶はしっかりしているので朝に飲んだり、チャイの容量で煮出して「ほうじ茶ミルクティ」を作ったりします。
価格が安めの茶葉を購入した場合もほうじ茶にして寝る前に飲みます。

今、あちこちで「加賀棒茶」という茎のほうじ茶が人気です。
ペットボトルでも出ていますし、スイーツなどに使用しているところもあります。
スターバックスでも「加賀棒ほうじ茶フラペチーノ」が出ていましたね。


「加賀棒茶」は焙煎方法が独特で、飲むと「おお!」!という印象を受けますので是非一度お試しくださいね。

これからの時期はほっとするほうじ茶、オススメです。

ティーバッグってどこでどうやって生まれたの?素材はどんなもの?ティーバッグについての色々




<ティーバッグ>を一度も使ったことがない、という方はいないかと思います。
紅茶をはじめとして、緑茶、烏龍茶などもティーバッグで販売されています。
スーパーやドラックストアだけではなく、お茶屋さんや紅茶専門店等でも置いているところは増えているのではないでしょうか。

ティーバッグの歴史や素材について等、案外知らないことをまとめてみました。

ティーバッグ?ティーパック?

そもそもティーバッグなの?ティーパックなの?
という話。

英語で書くと、Tea bag(ティーバッグ)が正解。

英英辞典によれば、
⇒a small paper bag with tea leaves inside, used for making tea
⇒a small amount of tea leaves in a thin paper bag
のように表記されています。

<茶葉が入った小さな紙の袋>
という意味ですね。
・・・今は紙だけではありませんが…。(^^;

そして、Tea packですと英英辞典には出ていません。
ただ、tea packで検索をかけると海外のお茶の店で<tea gift pack>と書かれているところはありました。
こちらの場合は、<プレゼント用の茶のパッケージ>のような意味でしょうか。
また、tea package(茶を入れている缶や箱など)の画像などは出てきます。

ティーバッグはどうやって生まれたの?

1904年(1908年とも)にアメリカの茶商であるトーマス・サリバンが茶葉を小さな袋に入れて小売業者にサンプルとして配ったところ、小売業者がそのような商品だと勘違いし<そのままお湯につけたり>、<煮だしたり>してしまった、というのが始まりだと言われています。
※諸説あります。

その時に茶葉を入れた袋は絹のガーゼだったとか。
ガーゼがどのくらいのサイズだったのかはわかりませんが、抽出もしやすいように思います。

そして、それが効率的だということで大ヒット。
万事効率重視のアメリカで生まれたという話に納得してしまいます。
アメリカで大ヒットし、イギリスでも販売されるようになりますが、紅茶の伝統を守り続けてきたイギリスには最初は受け入れられず…。
ですが、皆さまご存じの通り今ではイギリスの方はほとんどティーバッグで紅茶を飲んでいます。

現在流通している茶の多くがティーバッグを使用しており、淹れることの簡便さを謳っています。
ティーバッグの普及により、ルースティ(葉のまま販売している茶)を細かくする製法が生まれたり、最初から抽出が早いCTC製法が盛んになったりして茶の生産から流通まで変化をもたらしたのは言うまでもありません。

現在のティーバッグの素材は?

アメリカで発祥した時のティーバッグは絹か木綿かのガーゼだったとのこと。
現在ではほとんど半透明のピラミッド型のティーバッグが多いのではないでしょうか。

上の写真が現在スタンダードなピラミッド型のティーバッグ

筆者が子供の時は、紙のような素材を折りたたんで上部をホチキス止めされたものだったかと思います。
今でもその形のものは見かけますが、ホチキスを使用せずに糸で止められているものが多いです。

上の写真のような感じです。
先日ご紹介したTWININGの地域限定紅茶-Australian Afternoon-は糸で紐がつけられていました。

ティーバッグの作り方は以下YouTubeを参照ください。

ピラミッド型のティーバッグについて

ピラミッド型が主流になっているのにはきちんとした理由があります。

写真を見ていただくとわかるのですが、元々封筒型のティーバッグは空間が狭く、茶葉の成分抽出を妨げます。
ピラミッド型にすることにより茶がティーバッグ内で泳ぎ、ルースティと同じくらいに茶の味や香りが抽出できるようになりました。

ピラミッド型のティーバッグは紙や布のものと違い、不織布を使用しているものが多いです。
特にティーバッグ用の不織布は熱湯をかけても体に害がなく、生ごみとしてそのまま捨てられる天然繊維(コットンやパルプ等)、トウモロコシ由来の素材等が主流ではないかと思います。

日本のティーバッグ製造会社のHPを見るとほとんどがそのような素材であることを記載していますし、販売業者でもティーバッグの素材について明記しているところもあります。
参考:静パック

ただ、海外のティーバッグに関しては正直わかりません。
海外旅行で紅茶を飲んだ友人の写真には前述したホチキス止めのティーバッグが写っていました。
不織布ではなく、パルプ素材のティーバッグはやはり紙の味がしますしね…。
筆者が子供の頃飲んだ紅茶は紙の味でした…。

 

下記商品にはティーバッグの素材についても記載がありました。
ティーバッグの素材について気になる方は販売元のHP等で確認すると良いでしょう。
KUSMI TEAのこちらの商品には、生ゴミとして捨てられる生分解性素材(とうもろこし由来)を使用していると記載があります。
フレーバードティなのでより香りが立ちやすい素材を使用しているようです。
同じメーカーでも他の商品には記載がないものもあります。

結び

麦茶は昔から座布団型のティーバッグになっていますね。
あれはパック…と呼ぶ方が正しいのかも知れません。
出汁パック、と言いますし。

ティーバッグ一つでも調べると奥が深く面白いものです。

今は環境汚染の関係でプラスチック製品が世界的に制限される傾向にあります。
ティーバッグは元々食品用なので体に害のある素材を使用しているところはないかと思いますが、主流になりつつある生分解性の素材のものが増えると良いと思います。

ティーバッグを必ず飲み終わった後に開いて、中の茶葉を確認してしまうのはお茶好きあるある。笑

————–

————–

東京オリンピック・パラリンピックに向けた茶の取り組み。GAPについて。




2020年の東京オリンピック・パラリンピックももう間もなくですね。
世界各国から多くの外国人の来日を見込み、様々な取り組みが行われています。

例えばこの世界的なイベントに向けて、イスラム教徒の方の食事を出すための「ハラール認定」を取得する飲食店も増えているようです。
宿泊先や飲食店などでは特に外国語で対応ができるスタッフの雇用、メニュー作り等に力を入れているところも増加しているとのこと。

日本の農作物や茶も着々と世界を見据えた取り組みが進められています。

 

GAP(ギャップ、Good Agricultural Practice)認証を知っている?

農林水産省のHP には「GAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)とは、農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のこと」と記載があります。
参照:農林水産省HP

GAPにはいくつか種類があります。

GLOBALG.A.P

ドイツの非営利団体が始めた認証制度が現在はGLOBALG.A.Pとなり、欧州を中心に世界120か国で実践されています。
対象となる農作物を欧州へ輸出する際には原則GLOBALG.A.P認証を取得する必要があります。

JGAP

日本発のGAPです。
一般財団法人日本GAP協会」にて、第三者認証制度が行われています。
対象となるのは、穀物、青果、茶です。
※第三者認証制度は民間団体が審査を担い、認証をする制度です。

ASIA GAP

JGAPと同じく「一般財団法人日本GAP協会」の認定制度で、国際認証制度を目指しています。
国際基準であるGLOBALG.A.Pを日本の環境に合わせているもので、160項目以上の基準が設けられているため、取得が難しいとされています。
対象となるのは、JGAPと同様に穀物、青果、茶です。

 

他にもJAやイオングループなどの各団体ごとのGAPもあり、目指すところは「食品安全」や「環境保全」等になります。
しかし、その基準にはばらつきがあるため、消費者もよく見極めなければなりません。

実は東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は食料調達基準を設けており、GAP認証されていることが必須条件になっています。
世界中の方へ自身(自社)の農作物を世界へアピールすることができるチャンスですので、GAP認証を急ぐ企業や生産者が急増しているとのこと。

参照:日本GAP協会

 

 

茶産地での取り組みは?

JGAPを数年前に取得した農事組合法人では、以下のような効果が見られているそうです。

・継続した顧客との取引
⇒JGAPやISOを取得することにより、顧客に安心感を与えることが出来る
・農薬の扱いなどに対する意識の向上
⇒JGAPの内部監査が定期的に入ることにより、働く人たちの意識の変化がみられる
・データの習慣化における、在庫管理改善や経営改善
⇒常に様々な場所でデータを取ることにより、不良在庫の削減等も明るみに出て経  営改善に繋がる
・茶の品質改善
⇒データ収集により、より良い状態での摘採時期の把握や製茶方法を行うようになる

「長年の勘」のみで作られる茶ではなく、データに基づき製茶することが可能となれば、より良い茶作りを効率的に行うことができます。

2018年8月29日に、鹿児島での農作物のGAP認定が加速しているというニュースがありました。
平成30年3月時点で、鹿児島県内の623もの農場でGAP認定がされているとのこと。
さらにその数を増やそうと県を挙げて動いています。

鹿児島県だけではなく、静岡などの茶産地でも少しずつGAP認証を取得を進めています。
取得することにより、付加価値が付き「茶生産全体の底上げ」を計りたいところですが、問題はGAP自体の認知度の低さです。
農業従事者は6~7割程度が認知しているものの、消費者に至っては3~4割程度です。

東京オリンピック・パラリンピックにて一般の方へのGAPの認知度が上がり、消費者にその取組みの意義が伝わるようになることを願います。

結び

JGAPのように、国際基準に準じた基準をクリアすることにより、海外からのお客様へ茶の安全性や信頼性を訴求することが可能です。
また、輸出への準備として自社の管理体制などを見直す機会にもなります。

多くの基準がありますので取得は簡単ではありませんが、海外への輸出も視野に入れている企業や農場では今回の東京オリンピック・パラリンピックを機にGAP取得にチャレンジしていただきたいと思います。

日本茶は現在国内需要に留まらず、海外へ販路を求めている企業や農家が増加しています。
しかし、例えば農薬は日本国内と欧州連合(EU)での使用基準量にはかなりの差があります。

日本茶が今後より世界の方へ飲んでいただけるように、世界基準に焦点を合わせて行く農家や会社が増えていくと良いと思います。