【実験】玄米茶を白米で作ってみる(失敗編)

もう2019年も終わろうとしていますね。
個人的に盛りだくさんな一年だったため、穏やかな今が幸せに思う年末です。

そういえば昨年の同じ日はほうじ茶を作ってました。
▼参照:年の瀬のほうじ茶作り。2019年に向けての棚卸
そして実は、玄米茶を作ろうという記事も以前に書いていました。←!!!
▼参照:自家製玄米茶(精米使用)を作ってみる

ちなみに今年は夏に水出し緑茶を作り過ぎてほとんど消費してしまい、ほうじ茶を作るほどの在庫がなかったために冬用ほうじ茶を買いました。(正しいお茶の買い方)
▼参照:緑茶の水出し?淹れ方でカフェインの量は変わる?

残らないのがベストですよね、ほとんどの緑茶は劣化が早いので。
劣化せずに保存できる場合もあります。
▼参照:世界お茶まつり2019!<セミナー編③>「日本茶のビンテージを知る」



玄米茶とは?

読んで字のごとく、【玄米入りの茶】です。


手軽に手に入れられる価格のものは番茶を使用しているものが多く、カフェインも少なめで香ばしくほっこりした味わい。
ペットボトルでも多く出ているので飲んだことがある方は多いのではないかと思います。

ほうじ茶と同じくらい寒い時には飲みたくなるお茶です。

玄米を煎ったものを番茶(煎茶の場合も)に入れて販売されています。

どこの文献で見たのか忘れてしまって申し訳ないのですが、古くなった餅をあぶって茶に入れたのが始まりだとかなんとか。
玄米関係ねぇっていう突っ込みは聞き流します。

ただ、白米を入れているものもありました。(ということは前回の記事でも書いているのですが…(涙))

玄米茶

丸八製茶場のほうじ茶は非常に有名で、ペットボトル販売、スターバックスでの商品、北海道の有名菓子メーカー六花亭での茶葉販売等々、全国あちこちで提携をしています。

筆者も愛用している一人。

生産者の方に伺うと、「あの焙煎技術はすごい」とのこと。

実際に作ってみる

【材料】
・炊いた米(乾燥後) 4g
・煎茶 4g

【作り方】※今回失敗なので真似しない方が良いかと思います

①炊いた米をオーブンで乾燥&火入れ

180℃のオーブンで20分ほどやってみたのですが、ここでもっとやるべきでした…。

②茶と米を1:1で急須に入れて湯を注ぐ

番茶がなかったため、普通煎茶を使用。

もうさ、この時点で「急須にうっかり米落としちゃった」っていう状態なわけ…。

③飲む

…うん。
ね。

まぁ、玄米の味なんてとんとしないし。
美味しい煎茶をいただきましたとさ。



結び

店に立っていた時は暇があれば常に何か実験を行っていたのですが、会社員になると時間も限られているためこういった長期の休みの時に遊びたくなるものです。

お茶飲んでごろごろ。
最高の幸せですねぇ。
あー、これでお金入ってきたらいいなーw

実験もシリーズ化したいもんです。

年末なもので、かるーい内容にしてしまいました。(?)

寒い時期にはとっておきのチャイを。チャイの作り方のご紹介

朝起きると寒くて布団から出られない冬。
まずは目覚めに甘いミルクティを淹れるのが筆者の長年の習慣です。

時には鍋で煮込んだチャイもいいものです。

甘くて、ミルクたっぷり。
テンションが上がること間違いなしです。



チャイとは?

筆者は長らく煮込みのミルクティを「チャイ」と言っています。
他にも「シチュードティ」や「インディアンミルクティ」というような名前もあります。

「チャイ」と言ってしまうと、スパイスたっぷりのインドの飲み物を想像する方がほとんどだと思いますが、スパイスが入っていなくてもミルクで煮込んだものは「チャイ」と呼んでいます。(きっぱり)

シナモンを入れたものは「シナモンチャイ」。
マサラスパイスを入れたものは「マサラチャイ」。

と筆者は定義しています。

販売している茶葉でスパイス入りの「チャイ」と名前がついているものもありますので、別にいいのではないかと。
例えばこちら。

というか、そもそも「チャイ」は「茶」の意味ですからねーという認識。

筆者の「チャイ」の作り方はこんな感じですというご紹介ですので、ご参考までに。

【用意するもの(カップ2杯分くらい)】

・手鍋
・水 150㏄
・茶葉(CTCの細かいものがおススメ) 12gほど
・牛乳(ノンホモの低温殺菌牛乳がおススメ) 300㏄
・砂糖 大さじ2杯ほど

今回使用したのはケニア、アフリカ(マラウィなど)のCTCを混ぜ合わせたものです。(なぜならそれぞれ3gずつくらいしかなかったから(笑))

こういったコロコロとしたCTC製法の紅茶がチャイには合います。
(大きい葉のものでも出来ますが、CTCだと抽出が早いこと、味がしっかりしていることがありますのでおススメです)

結構量が入って安いので、ざぶざぶ入れて飲みましょう。

【作り方】


①まずは手鍋に水と茶葉を入れて煮立つまで待ちます。
煮立ったところに砂糖を入れて、1分ほど弱火で煮立たせます。
スパイスを入れるならここで投入し、一緒に煮込みます。


②ミルク投入
筆者の好みだと「ノンホモの低温殺菌牛乳」で作るのがおススメですが、毎日飲むと経費(?)がかかるので一般的な「UHT牛乳」を使用します。

※「ノンホモの低温殺菌牛乳」は脂肪球の大きさを揃えずに(ノンホモジナイズド)63℃~65℃くらいで30分殺菌しているもの。(75℃で15秒殺菌のもの等もあります。)
「UHT牛乳」は一般的にスーパーで売っているもの。120℃~130℃で2,3秒殺菌。
▼参照:筆者お勧めの本①‐「人とミルクの1万年」‐
▼参照:紅茶のミルク後入れ派が8割?!2003年王立科学協会の発表から15年





③インド風にかき混ぜる
インドのチャイ屋で見るとお玉でがちゃがちゃとかき混ぜているので真似をしています。
こうすると味がまろやかになるとかなんとか。でも確かにまろやかに感じます。


④空気を含ませながら茶葉を濾し、器に注ぐ
インドのチャイはあまーくて、ぬるいです。
空気を含ませながら高い位置から注いであげると丁度良く冷めて飲みやすくなります。
容器を二つ持って、何度か移すパフォーマンスを見たことがある方もいると思いますが、あれは温度を下げる効果もあるようです。

最近はありがたいことにこういった動画が見られますよね。
自分がお茶に興味を持ち始めた頃はまだ動画なんて当たり前じゃなかったんだよなー。


⑤完成
これで2人分くらいあるのですが、筆者はがぶがぶ飲みたいので500㎖入るこちらのグラスを愛用。


このグラスは耐熱で割れにくいので、夏はアイス、冬はホットで年中使えます。
カフェで利用している人も多く、筆者も使っていました。
非常にお気に入り。

結び

トップ画像の茶色い器はクリと言う素焼きの器です。
昔はこれにチャイを入れて、そのまま投げ捨てて土に返したらしいのですが今はほとんど見られないようです。

グラスだったり、プラスチックだったり。

牛乳ではなく豆乳で「ソイチャイ」も作れます。
ソイチャイを作るなら個人的には「調整豆乳」がおススメ。
「無調整豆乳」だと豆感が強すぎて、スパイスなどを入れても豆に負ける感じがします。

また、手鍋でチャイを作ると洗うのが大変…という方も多いと思います。
確かにこびりつくので落としにくいです…。
その場合は「だしパック」などに茶葉とスパイスを入れて煮込んでもオッケー!
チャイ用のティーバッグなども販売しています。

煮込まずに、電子レンジで作る方法もあります。
やり方は色々あるので検索してみてください。

筆者はマグに水とティーバッグを入れてレンジで温め、その後ミルクを入れてさらにレンジで温めて作る方法でやってます。

チャイの作り方は検索すればいくらでも出てきますので、ご自分に合った方法で作ってみてください。
慣れればとっても簡単。
体がホカホカ温まって、パワーが湧いてきます。

寒い朝に是非どうぞ!

筆者お勧めの本①‐「人とミルクの1万年」‐

筆者は非常にミルクが好きです。
前にも熱くなり過ぎた記事があります。よろしければこちらをどうぞ。

紅茶とミルクが切り離せないものであるということもありますが、ただ単純に昔から好きだったという理由です。
コーンフレークにもドバドバかけます。(ミルクボーイ、M1優勝おめでとう!2019)

そんなミルク好きな皆様に筆者お勧めの本をご紹介したいと思います。
紅茶好きな方にはきっと役に立つ本だと思います。



人とミルクの1万年

20代後半を青年海外協力隊としてシリアで過ごした著者は、牧畜で生計を立てているアラブ系牧畜民のベドウィンに出会います。

夏には50度以上にもなるシリア砂漠で牧畜をしながら暮らしている彼らから乳の活用方法を学び、興味を持ち、世界中の乳文化についてフィールドワークしたものをまとめた本です。

タイトルの「人とミルクの1万年」は、現在(こちらの本が発行された時点)、人間が牧畜を始め、乳製品の加工をしていることが確認されているのは紀元前7000年前くらいまでだそうです。

科学的に明らかにされている人類の乳製品の利用は8000~9000年前まで遡ることが出来ています。

しかし、今後新たな土器や古代の彫刻等が出てきて、事実が明らかになっていくとに希望を抱いて、【1万年】としているとのこと。

西アジアで発生したと考えられている乳文化が世界に広がり、どのような変化を遂げていったのか…。

筆者おススメポイント


cheetahさんによる写真ACからの写真

筆者はこの著書を何度読んでも感動するポイントがいくつもあります。

①家畜利用を始めた人間の知恵

②家畜たちの生命の神秘

②母乳の活用の仕方

などなど。
もうそこかしこに面白さが隠れているのですが、そこは是非読んでいただきたいので少ないポイントに絞ってご紹介したいと思います。

家畜利用を始めた人間の知恵

紀元前8700年~8500年ほど、狩猟をして野生動物を捕らえることから家畜を飼って肉を得るという生活に変化します。

4000種以上いる野生の哺乳動物の内、家畜化された動物は20種類ほどですが、
①群れを成す
②気性が(割と)大人しい、家畜化すると大人しくなる
という特徴があります。
羊とかヤギとか、牛とか…。

家畜を飼ってその肉を食べるということは、年間通して飼料が必要となりますので、それならば野生動物を狩る方が楽であったはずです。

それなのに、なぜ家畜を飼うのか。

その理由は本文から引用します。
「それでもなぜ、人は効率的ではない反芻動物を飼おうとしたのでしょうか。
ここで、ミルクの登場です。
ミルクを利用するという生業は家畜を殺さず、生かしたまま食料を利用するという活動、つまり、家畜という元本を残しておき、ミルクという利子によって生き抜いていくという生存戦略です。

筆者はこの一文を読んで震えました。

酪農や牧畜というものがあることは当然知っていましたが、人がより良く、効率的に生きていくための進化によって生まれたのだということを知り、感動すら覚えました。

日本のほとんどは農耕民族ですし、温暖な気候であり、海にも囲まれているため、食料に困ることはなかったのではないかと思います。
(貧富の差などは別として)

しかし、乾燥地帯、砂漠地帯に住む人たちにとって、反芻動物(牛や羊のように4つの胃を持ち、栄養価の少ない草を反芻しながら生きていく動物)の乳を利子として活用することは本当に理にかなっています。

人間の知恵って本当に素晴らしい…!




家畜たちの生命の神秘

家畜たちは家畜であるが故に、人に管理されて繁殖等を行っていきます。

本の中で紹介されているシリアでは、羊やヤギが主で家畜として飼われています。
そしてベドウィンたちは生活の多くをそのミルクに依存しています。

しかしながら、母乳というのは当然子供が生まれたら出るようになるもので、子供を守るために母親が血液から作り出すものです。

母親は8月以降の少し日照時間が短くなる頃から発情し、交尾、妊娠。
およそ5か月、子畜をおなかに宿して、1月2月の一番寒い時期に出産します。

シリアは地中海性気候のため、雨季と乾季があり真夏はかなりの高温で、植物も枯れ果ててしまいます。

一番寒い冬に出産し、しばらくの間母畜は子畜に乳を与えます。
3か月ほどして哺乳時期が終わると、気温も上がり草木が茂っています。
子畜たちは体も大きくなり、乳から草木を食べるようになるのです。
その土地の気候に合わせて、発情、出産を行う動物たちにも感動してしまいました。
牛乳は常にスーパーにあるものだから、そういう自然の摂理を忘れてしまうのでしょうね…。

③母乳の活用の仕方

母畜がまさに命を張って子畜を守るために出す母乳を、人間は横取りするのです。(こう書くと酷い…ってなる)

その横取り方法がなんとも興味深いのです。

まず、子畜に哺乳させます。
その後、子畜を引き離し、母畜に顔が見えるように繋ぎ、人間がこっそり母乳を搾取。
やっぱり、酷い…。

そして、搾乳した乳を人間は様々な方法で加工をし、食料不足や冬に備えて備蓄するのです。

シリアでは、母乳からまずヨーグルトを作り、ヨーグルトからバターを。
バターからバターオイルを作り、バターを作った際に残ったバターミルクからチーズを作ります。

温暖差があるシリアとは違って、年間暑く家畜がいつでも発情するインドでは、生乳でチャイを作ります。
ヨーグルトからバターを作ったりもしますが、チーズは作りません。
年中ミルクが採れるからです。(保存の必要がない)

そして、インドは乳菓子も作ります。

シリアなどの西アジアで発生したと考えられている乳文化が広がり、各地で乳製品の加工が行われるようになり、それぞれの国で様々な加工方法が発達します。

野生動物を家畜化し、その生存サイクルに合わせて人間が工夫をして利子(母乳)を利用する様が圧巻です。

他にもポイントはいっぱいあるのですが、とにかく読んでみてください…!!!読んだらわかる面白さ!!!←語彙力貧困

結び

少し前にクロテッドクリームを作った記事を書きました。
クロテッドクリームはヨーロッパ(イギリス)で発達した乳文化です。

そしてイギリスは酪農が盛んで、紅茶にもミルクを入れる文化があります。

また、ヨーロッパの一部で作られているチーズは西アジア等で生まれたチーズとはまた別のものだそうで、こちらも興味深いです。
チーズも大好物…!

茶に興味を持つと、茶にまつわるものにも興味を持つようになり、永遠に勉強だなぁと日々思います。
そしてそれが非常に楽しいのです。

かなりマニアックな記事が多いブログにはなっておりますが、ご興味持っていただければ非常に光栄です。
よろしければいいね、シェア、お願いします。(^^)/

茶畑からアブラヤシ畑に?!アッサムティの危機?

昨日少々気になるニュースを見つけました。
元記事はこちら

インド茶協会(ITA)は茶の価格に対する不満を抱えた現状から、茶畑をアブラヤシ畑に変えてしまおうとインド紅茶局に進言しているとのこと。

アブラヤシはパーム油を作ることができ、インドはパーム油をほぼ輸入に頼っているため大きな利益が見込めると考えているようです。

茶畑が無くなってしまう…?!



パーム油とは?


▼出典:http://www.bctj.jp/3minutes-palmoil/

パーム油とはアブラヤシから取れる植物油です。
ココナッツオイルも椰子から取れるものですが、栽培から精製までは全く異なっているようです。

アブラヤシは年間通して実をつけるため、単位面積当たりの収穫量が他の植物油に比べて圧倒的に高いのです。
大豆油や菜種油に比べて10倍程度の生産量があるため、当然価格は安く世界中で使用されている植物油です。
工業用だけではなく、食用に多く使用されています。

食用で利用されているのは例えば、チョコレート、アイスクリーム、カレールー、マーガリン、ホイップクリームの代替品、インスタント麺やスナック菓子の揚げ油などなど。

工業用に使用されているのは洗剤、シャンプー、歯磨き粉などなど。

恐らく今日本で暮らしている上で無意識に使用していない人はいないと思われます。

また、全世界の供給量の80%以上はインドネシアとマレーシアで賄われています。

パーム油の何が問題か?





筆者はただ単純に「茶⇒アブラヤシ」に農地転換していくことが問題だと思っていました。
それは世界一を誇るインド茶の生産量が必然的に減少することになるからです。
インドの紅茶を昔から愛飲している人間としては非常に切ない…

しかしながら色々と調べているうちに、アブラヤシ栽培による環境問題やパーム油を作るときに発生するトランス脂肪酸の問題にぶつかりました。

こちらのニュースによれば、インドでは州により茶栽培の土地の使用方法を定めているそうで、すでに西ベンガル州では部分的に「茶ではないもの」を栽培することが許されているとのこと。

そして、西ベンガルに追随してアッサムでも「茶ではないもの」を栽培する許可がおりるように期待していると。

西ベンガル州
↑赤い部分が西ベンガル州の位置、有名なダージリンも含まれます。
アッサムは赤い部分の右側に当たる場所です。

あまり利幅のない茶に代わるものとして、国益が見込めるアブラヤシの栽培を求めているという話は、一見致し方ないことのようにも思いました。(あくまでも素人の意見です)

しかし、アブラヤシの栽培地を確保するために熱帯雨林の木々が伐採され、燃やされ、多くの野生動物たちが住処を失っているということも現実に起こっています。
▼参照:WWFジャパンHP

また、パーム油を採るために駆り出される児童労働問題、強制労働問題等様々な問題を抱えています。

現在はRSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil、持続可能なパーム油のための円卓会議)が開催され、アブラヤシの生産者、農園を所有する企業、アブラヤシを加工する会社、スーパー等の小売店までが参加して、「持続可能なアブラヤシの生産と利用」について議論が行われ、「RSPO認証」を得たパーム油が増えてきているようです。

アッサム茶の今後は…?


先日の記事でアッサムの地理的表示(GI)保護制度について紹介しました。

アッサムの土地で作られて製茶されたものにマークを付けて、国が保護をしていくというものですが、もしアッサム州がパーム油の栽培にOKを出した場合、どうなっていくのでしょうか。

アブラヤシは実を採ってすぐに加工しないと品質が低下するため、近くに搾油工場を設けなければいけないそうで、莫大な敷地を必要とします。

アッサムは広大な平野が広がっているため、確かにアブラヤシの栽培には適しているように思います。
逆にダージリンなどは急傾斜が多い場所なので、アブラヤシ栽培には適さないのでは…?

しかし、アッサムはインドでの一大産地であり、輸出も多くされています。

アッサム州としてどのような判断を下すのでしょうか。
今後話し合いが行われていくのか、注目です。



結び

アッサムで作るチャイ(煮込みミルクティ)はとても美味しいので、もしこのニュースの通りになったら、個人的に非常に悲しく思います。

今の自分に出来ることは何かと考えると、ただ少量のアッサムティを購入することくらいで、何も力になれない無力さを感じます…。

環境問題、人権問題などなど、プランテーションの管理には様々な問題がつきものです。
長い茶の歴史を見れば、茶も同じような部分を抱えてきています。

簡単にどうのこうのと言える問題ではありませんが、今後も茶産地の動向は常にチェックしていきたいと思います。

最近割と真面目なものばかり書いている気がしますね…。(;^_^A

新年には大福茶を飲んで無病息災を願いましょう!ところで…大福茶って何?

お正月には「大福茶」を飲んで、一年の無病息災を願いましょう。

とか言いながら、関東以北に在住が多い筆者は「大福茶(おおぶくちゃ)」なるものを知ったのが10年ほど前のことでした。

関西方面の方は割とメジャーだそうで、子供の時から知っていたと言う知人もいます。

「大福茶」、ご存知ですか?



大福茶とは?

日本の食べ物用語辞典によれば、

「大福茶(おおぶく茶・おおぶくちゃ・obukucha)は、京都で正月に一年の無病息災と長寿健康を祈って飲む習慣のある縁起物の茶。
昆布(結び昆布)と梅干(福梅)を茶碗に入れ茶(主に煎茶や玄米茶)を注ぐ。
京都以外でも飲む習慣のある場所はあり、地域によっては正月のほか結婚式などの「ハレの日」に飲む場合もある。」

とあります。

大福茶の由来は?

こちらは京都の六波羅蜜寺のHPに記載があります。

「天歴5年(951年)空也上人が京畿に流行した、疫病退散を願って十一面観音像を造立した(六波羅蜜寺の創草)とき、御仏を車に安置して市中を曳きまわり、青竹を八葉の蓮片に割ってこれで茶をたて、中に梅干しと結昆布を入れ仏前に献じた茶をまず天皇に、そして病者にも授け、念仏を唱えられたところ、たちまち病魔が鎮まったという。」

今は一般的に【大福茶】と書きますが、六波羅蜜寺では【皇服茶】と記載がされています。
天皇(当時は村上天皇)が服した茶、という意味から【皇服茶】と書かれており、今も正月三が日には振舞われるそうです。

空也上人は上記写真の方です。
社会科の授業で見てますよね。
筆者は昔現物も見に行った覚えがあります。
口から出ているのは、念仏を唱えると6体の阿弥陀様が現れたという伝承に基づいているそうです。

空也上人が庶民に茶を振舞った平安時代中期はまだおそらく貴族にとっても茶はかなりの貴重品であったろうと思われます。
ようやく天皇が薬として飲んだと史実上で出てくるのが815年ですから。
そして、「茶=薬」の時代でした。
▼参照:茶を飲むのは体に良いから?茶=薬?

そんな時代に空也上人は庶民に茶を振舞ったというのですから、今の時代まで名を残している訳です。偉人…!

そして、その時の疫病がどんなものかは分かりませんが、現代で確認されている薬効成分が効いたとするならば非常に興味深いです。
論文書けそう…



2020年のお正月には大福茶を飲みましょう!

という訳で、間もなくやってくる2020年の幕開けに大福茶を家族で飲むのはいかがでしょうか。

【材料】
・茶(煎茶、玄米茶、ほうじ茶、お好みで良いと思います)
・梅干(はちみつ漬けでもカリカリ梅でも)
・昆布(結んでいるのがベストですが、結ばなくても気にしない)

家にあるもので十分だと思います。
筆者は毎年トップ画像にあるように梅干しを少しと昆布を簡単に結んで飲んでいます。

思えば…梅昆布茶ですよね。笑

ちなみに、最近はネットでも購入できるようになっています。

金粉が入っていたり、高級な煎茶を使っていたり、様々な大福茶が販売されています。

近くのお茶屋さんでも販売しているところはあると思いますので、是非足を運んでみてください。

結び

年末にはお茶屋さんも大セールを行っていたりします。
もうあと数か月後には新茶が出てきますしね。今から楽しみ…

この時期、風邪予防にお茶でうがいもおススメですし、購入して残った煎茶は焙じてしまいましょう。
ほうじ茶が家にたくさんストックがあると、筆者はなぜか幸せを感じます。

ほっこりとした香りでしょうかね。

▼参照:茶うがいは効果ある?効果的なうがい方法は?
▼参照:ほうじ茶って何?自宅で簡単ほうじ茶の作り方をご紹介!
▼参照:年の瀬のほうじ茶作り。2019年に向けての棚卸

そして、是非お正月には自分と大切な人の無病息災を願って、大福茶を召し上がってみてくださいね。