2024/02「四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎」展を見てきました

有楽斎ポスター レビュー

先日サントリー美術館で開催が始まった「四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎」展を見てきました。

織田有楽斎が建てた国宝茶室如庵と少しご縁があり、色々と知りたくて調べています。

しかしながら織田有楽斎についてはまだまだ存じ上げず、そんな中でのこの展覧会。

少々遠いですが、びゅーんと行って参りました。

「四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎」展の概要

■会期:2024年1月31日(水)~3月24日(日)
■開館時間:10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)※例外あり
■休館日:火曜日
■入館料:一般→当日 ¥1,600 前売 ¥1,400/大学・高校生→当日 ¥1,000 前売 ¥800
■主催:サントリー美術館、正伝永源院、読売新聞社
■協賛:三井不動産、サントリーホールディングス
■特別協力:織田有楽斎四百年遠忌実行委員会、株式会社エリジオン、NTTコミュニケーションズ株式会社、ソニーマーケティング株式会社

サントリー美術館はこちら☟

織田有楽斎とは

有楽町
織田有楽斎こと織田長益は織田信長の13歳年下の弟です。

武将ですが、天正10年(1582)に起きた本能寺の変の際に長益の主君が二条御所にて自害したにも関わらず、御所を脱出。
京の人々からは「逃げた男」と言われました。

信長の次男信雄に仕えたのち、豊臣秀吉の御伽衆となり豊臣家を支えましたが、大坂夏の陣の前には徳川家康側へ。

2021年に400年遠忌を迎えた織田有楽斎の生き様について、改めて考えなおす特別展となっています。

ちなみに、有楽町という地名の由来は織田有楽斎にあります。

「有楽町」の名前は、戦国時代に活躍した武将、織田信長の弟、織田有楽斎(おだうらくさい)(長益(ながます))に由来します。茶人としても名をはせた有楽斎は関ヶ原の戦いのあと、徳川家康方に属し、数寄屋橋(すきやばし)御門の周辺に屋敷を拝領しました。その屋敷跡が有楽原と呼ばれていたことから、明治時代に「有楽町」と名付けられたのです。▼引用:千代田区HP

「四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎」の構成

第1章 織田長益の活躍と逸話―“逃げた男”と呼んだのは誰か
第2章 有楽斎の交友関係
第3章 数寄者としての有楽斎
第4章 正伝永源院の寺宝
第5章 織田有楽斎と正伝永源院―いま、そしてこれから―

サントリー美術館は以前青木木米展でお邪魔しているのですが、興味のない人でも引き込まれる構成になっていると感じます。

筆者は美術館も博物館も全く詳しくないので余計なことは言えませんが、素人目線で見ていても織田有楽斎という人物がじわじわと浮かび上がるような魅せ方をしていると感じました。

第1章 織田長益の活躍と逸話―“逃げた男”と呼んだのは誰か

いくつかの書物が並べられています。

例えば有楽斎の4男織田長清が系譜を書いています。
ここには清和源氏の末流であると記されています。
これは自分の祖先が由緒ある人物であることをアピールするためのあるあるらしいですね。

また、織田有楽斎が書面上に現れる箇所、そして有楽斎のことを「逃げた男」と評している「義残残覚」を注釈と共に見せてくれます。
義残残覚(ぎざんこうかく)とは

義残後覚(ぎざんこうかく)は、16世紀末に成立したとされる世間話集。全7巻85話の話がまとめられている。編者は愚軒。▼引用:Wikipedia

こちらは江戸時代後期の写本ではないかとのこと。
本当??という疑問が残りますね。

第2章 有楽