「お茶で新型コロナを無害化」研究報道に関するあれこれ





数日前、Twitterのタイムラインを席巻した「お茶で新型コロナを無害化」研究報道。

お茶に関わっている人たち、お茶好きな方々の反応自体は全体的に「ああ、またか」という感じでした。

反応も含めて、少し見ていきたいと思います。

以下の記事も参考ください。
▼参照記事:【新型コロナウイルス関連】進められている研究ー果たして「茶」は新型コロナウイルスに効果があるのかー
▼参照記事:「緑茶に含まれるカテキン類が新型コロナウイルスに効果的 」という文言はアウト!消費者庁の注意喚起。



研究の概要

奈良県立医科大学微生物感染症学講座の矢野寿一教授らによって11/27に明らかにした研究結果。

実験では試験管内に新型コロナウイルスと様々なお茶10種類(ペットボトルと茶葉から煮出した紅茶、奈良県産の大和茶(奈良県産の緑茶?)等)をそれぞれ混ぜて一定時間経過後にウイルスがどれだけ残るかを測定。最も効果が高かったのは茶葉から淹れた紅茶で、感染力のあるウイルスは1分間で100分の1、10分間で千分の1以下にまで減少したとのこと。

現在のところ商品名は企業の了解を得てないため明かしていないこと、またあくまでも試験管内での結果であることを強調しつつも、今後も研究を継続していくそうです。▼参照:奈良県立医大 お茶の成分でウイルス無害化を確認

 

世間の反応は?

様々な意見が飛び交う中でよく見かけたのは、

①あくまでも試験管内での話
②同様な効果を人体で行うには1分間お茶に浸かっていなくてはいけないのでは?
③なぜ感染力が弱まったのかのメカニズムが明らかにされていないこの段階で「茶がコロナに効果的」と謳うのは時期尚早
④商品が明らかになったらまた買い占め、転売ヤーの問題が起こるのでは?
⑤一日何杯も紅茶を飲むイギリス人に感染拡大が広がっているのだから説得力がない

というようなところでしょうか。

中には「毎日お茶飲んでてよかった」「お茶もっと飲もう」というような肯定的な意見も数多くありました。

商品名が明らかになるのはどうなの?


ペットボトルにせよ、紅茶葉にせよ、商品名(企業名)を出してしまった場合、様々なメリットデメリットがあるのではないかと思われます。

毎回「また?」とは思うものの、イソジンにせよ渋柿にせよ買い占めが起こっている状況ですので(渋柿は筆者はあまり見かけませんでしたが)買い占めが起こるほどには売れるのではないかと思います。

企業としては嬉しい悲鳴でしょう。

上述したように、買い占めとセットで転売ヤーも動き出すことでしょうからやはり「またか…」ということになりかねません。

そして、その商品を信じて飲み続けたのにも関わらず新型コロナウイルスに感染してしまった場合、逆恨みを受ける可能性も考えられます。

風評被害にも繋がりかねません。
長い目で見て現段階での商品名公表はデメリットにしかならないように思います。(目先の利益を求めるなら良いですが)

結び

筆者としては前回書いた記事と同様、効果があることを願うばかりです。
▼参照記事:【新型コロナウイルス関連】進められている研究ー果たして「茶」は新型コロナウイルスに効果があるのかー

ですが、今回の発表は正直完全に中途半端だったような気がします。

研究者の方たちのご苦労もありますし「新型コロナウイルスに茶が効果ある」と早く断言していただきたいのはやまやまですが、まだ試験管内の話と言う時点で時期尚早ですよね。。

紅茶のインフルエンザウイルス効果についても多くの研究結果は出ているものの未知の部分は多いままですから、薬ですらまだ世に出ていない新型コロナウイルスに対して効果があると謳ってしまうのは危険です。

お茶屋さん、茶業関係者の方でもご注意いただきたいと願うばかりです。
そして、マスコミの方たちが煽らないでほしいですね。

まぁ、そんなことは右から左へ聞き流しつつ、結局のところ今日も好きなお茶を飲むだけなのですが、筆者は。 ^^) _旦~~



【完成】茶梅リベンジ2020年ー桂花烏龍茶で漬ける茶梅ー





毎年梅の時期には梅仕事をしています。

▼参照記事:茶梅を漬けてます。本格的な茶梅ってどんな感じ?煮茶梅は簡単?(2018年)
▼参照記事:茶梅その後‐3か月経ちました‐(2018年)
▼参照記事:茶梅リベンジ2020年ー桂花烏龍茶で漬ける茶梅ー(2020年)

バタバタしていて作れなかったりするときもありますがここ数年は割と毎年コンスタントに梅を使って何かを作っています。

季節のものをその旬の時期に加工し、食べることは非常に幸せなことですね。

先日は柚子遊びでした。
▼参照記事:【実験】柚子で小青柑(もどき)を作ってみる

2019年は作れなかったので、2018年以来となっている茶梅のリベンジをしました。

漬けてから半年近く経っているので食べてみました。

茶梅はどう?






今回は桂香烏龍を使用していましたので、香りが少し出るのかと思いきや…。

何も香りません。。

そして、干からびています…。ナゼ???

一応食べてみましたが、ほぼ種でした。

台湾で食べた茶梅は実が柔らかったのですが…。

ナゼ???←2回目

つまりは、失敗です。涙

桂香烏龍茶が悪かった…?
塩で水分抜きすぎた?
砂糖が多かった?

原因が正直全く分かりません…。(-_-;)

そういった時は諦めて…



買います…。

正直どこが美味しいのかは分かりませんが、烏龍茶を出すときのお茶請けに茶梅は最適なので買うことにします…。

烏龍茶系は味が強くなく、香りを生かすために口中にこってり残らないドライフルーツや茶梅、ナッツなどを合わせることが多いです。

淹れ方や合わせ方によってはホイップたっぷりのショートケーキなども合わせられるのですが、個人的にショートケーキだったら紅茶を淹れますね。(個人の見解です)

お茶請けを買いに台湾に行きたいですが、コロナが再燃していますしワクチンが出来るまでの我慢でしょうか…。

もう一つ、茶梅ではないのですが梅酒のチョーヤさんが作っている梅が売っていました。


これ、美味しいですよね。

チョーヤの梅酒を購入した際に必ず奪い合いになります。

鎌倉にある梅体験専門店「蝶屋」に行ってみたいと長らく言ってます。(;^_^A

梅作りの体験が出来るのですよ。
梅も砂糖も選べるという楽しさ。

梅酒を作ってみたいけど難しい、と思っている方は一度行ってみると良いと思います。(梅シロップも選べるようです)

結び

煮茶梅が一番楽で美味しいですね…。←

茶梅は半年かかる上、立て続けに失敗をしているので来年はもう…(諦め)

とはいえ(気が向いたら)作り方の振り返りをして、今度こそ成功させてみたいと思います。
なぜか失敗しても毎年梅を購入してしまうもので…。(笑)

シロップは美味しくできていたので、こちらは紅茶に入れたり、ソーダ割したりして飲もうと思っています。

備忘録を兼ねた記事になってしまいましたが、次回は有益な内容を書きたいところです。(願望)



【実験】柚子で小青柑(もどき)を作ってみる





ありがたいことに毎年この時期柚子をいただきます。

今年もまた大量に頂戴して柚子仕事をたっぷりさせていただきました。(今年は例年以上に多かったので友人知人にも配るという…)

毎年恒例の柚子ジャムや柚子ピールを作り、料理にも存分に使わせてもらっています。
あとは柚子湯です。

そして今年は長らくやってみたかった小柑青(もどき)を作ってみることにしましたので覚書ブログです。

気軽にお読みください。

小青柑ってなに?



中国茶を嗜んでいらっしゃる方にはお馴染みかと思います。

乾燥したみかんの中に茶葉が入っており、割って茶葉と混ぜて飲んだり、そのまま熱湯を注いだりして飲みます。

筆者も何度か飲んだことがあります。
どちらかといえば、味を楽しむお茶、というよりは健康茶だったり漢方的な役割が強いのではないかと思われます。

「小青柑」に関しては、中国版ウィキペディア「百度百科」には以下のように書かれています。

※「小青柑」で検索すると「柑普茶」が出てきます。


柑普茶(又名新会柑普洱茶),它用广东新会大红柑或小青柑和云南
西双版纳勐海县普洱茶为原料制作而成的一种茶,是普洱茶的一种。其特点一是入口甘醇、香甜,有独特的花香味和陈香味,这是由于新会柑的果香味特别,普洱茶长期吸附了柑皮的果香味所致。二是保健作用突出,发挥出新会陈皮“理气”的功效。

新会柑地理标志产品保护范围以广东省江门市新会区人民政府规定,为广东省江门市新会区会城街道办,天马镇,深吕镇,大泽镇,司前镇,罗坑镇,双水镇,崖门镇,沙堆镇,古井镇,睦州镇,大鳌镇等11个街道办事处、镇和围垦指挥部现辖行政区域
柑普茶采用纯天然的新会柑(国家地理标志保护产品)一般采用未成熟青柑除去果肉和云南普洱茶(国家地理标志保护产品)为原料,在没任何添加剂的情况下,经生晒,半生晒制作而成。其中以天马柑,茶坑柑为代表,其中天马小青柑皮薄,经过生晒,半生晒后陈香味越发浓郁。

▼参考:https://baike.baidu.com/item/%E6%9F%91%E6%99%AE%E8%8C%B6/9102736?fr=aladdin

国家地理的表示保護品である広東省のみかんを使用し、同じく国家地理的表示保護品の普洱茶を使って作るものと定義されています。

「小青柑」というものについては特に触れておらず、「柑普茶」の説明となっています。

そこで調べていたところ以下の文章に当たりました。

柑普茶 は「柑 みかんの」「普茶 プーアル茶」なので、広義では、 小青柑 も 柑普茶と言えるでしょう。10年程前は、小青柑も ”小さい柑普( ガンプー)”と呼ばれていた気がします。

狭義では、小青柑は7月頃の未成熟ミカンを使ったもの、柑普茶は成熟したミカンというのが最近の定義のようです。
▼参照:https://shihateacomfort.com/xiaoqinggan/

詳しい方がおられたら是非お教えいただきたいのですが、ひとまず「小青柑」は小さなみかんに普洱茶を入れたもの、ということにしておきます。



柚子で作る「小青柑」

青い未成熟なみかんではなく、今回筆者が使用するのは柚子です。

おまけに普洱茶を使用しないので、「小青柑」と名乗ってはいけないのかとは思うのですが、「もどき」ということで何卒お許しください…!

まず柚子の中身をできるだけ白い部分が無いようにくりぬきます。

このままの状態で丸一日日干し。

そこに茶葉を詰め詰め。

今回は5種類のお茶を色々と詰めてみました。

蓋が取れないように結んで(冒頭写真)、現在まだ日干し中です。

今数日経っていますが、乾燥して柚子がどんどん縮んでいくので、都度紐を結び直しています。(倒れた時に茶葉が飛び出てて…)

結び

畑仕事がほぼほぼ無くなったので、ブログ名の「茶と遊ぶ」ことを色々と考えています。

本に載っていたり、映像で観たりはするものの実際にどうなのだろう?と思うことが多いのでひとまず自分で実験。

今回のように本来の定義とは異なっていたとしても、自分で飲んだり楽しんだりする分には問題ないわけですから、こうしてちょっとずつ自分の経験値を貯めるようにしています。

百聞は一見に如かず、これは筆者のモットー。

乾燥が終わって、試飲する時にはまた感想を書きたいと思います。

是非ベテランの方、実際はどうなのかお教えいただきたいところです…!(切に…!!!)

今回参考にさせていただいたサイトはこちら

柑普茶の淹れ方から、作り方まで書かれています。




茶の新品種が今後はスピーディに増えるかも?-静岡大がDNA情報から茶の新育種技術を開発ー





お茶好きな方でしたらあちこちでこのニュースを目にしたのではないかと思います。

そして、とても期待を持って読んだことと思います。
筆者も当然その一人。

本を読んだり、実際に育種を行っている農家や茶業研究所の話を聞いて育種がどれほどの時間と労力がかかるのかを認識しています。
▼参照記事:台茶24号誕生!台湾生まれ台湾育ちの新品種?!

新しい品種が生まれるまで20年~30年は普通にかかってしまうため、自身が生きている間にあといくつの品種と出会えるのだろう、と思ったことがあるくらいです。(笑)

それが今回の研究によってかなりスピーディに今後新品種に出会えるようになるのではないかと期待しています。

育種について

筆者も現在種から茶を育てています。
▼参照記事:茶を育てる‐種から育てる編-
▼参照記事:茶を育てるー種から育てる編②ー
▼参照記事:茶を育てるー種から育てる編③ー

以前の記事中にも流れは書いているのですが以下のような流れです。

①めしべに交配させたいおしべの花粉を受粉させる
②1年後に結実したらその種を植える
③芽が出てきたらそのまま5年ほど育てる←筆者はイマココ
④芽が摘めるようになったら、少量で緑茶、紅茶、烏龍茶等を作ってみる
⑤適性がありそうだと判断すれば、挿し木をして増やす
⑥苗を農家にも配って、活着具合や耐寒性等を判定する
⑦合格すると名前がつけられ、農林認定品種の登録がされる

※民間育種もあるので、これ通りではない場合もあります。
※あくまでもざっくりであることをお許しください。

①~②の間に1年。
②~④までで5,6年。
⑤で2,3年。
⑥~⑦で8~10年ほど。

この通りにざっくり、スムーズに進んだと考えたとしても15年程度はかかってしまうのではないでしょうか…。

まず①で受粉させても②で結実しないことも非常に多いそうです。

研究員の方たちが育種している間で見られる新品種は数種類ほどしかなく、運が悪ければ一つも見られない場合もあると聞いた時は衝撃でした。。

自分の子どもを産み育てるくらいの覚悟でやらないといけないものだと。

大変…。
その一言に尽きます。



今回開発された新育種技術とは?

今回の論文はこちらで見ることができます。
Genomic predictions and genome-wide association studies based on RAD-seq of quality-related metabolites for the genomics-assisted breeding of tea plants

【概要】

150品種の同時期に出た新芽の一芯三葉を摘み、1時間以内に-30℃で冷凍。

凍結乾燥後、粉末にしたもので実験。
※施肥は日本の緑茶用と同じもの

そこから遺伝子検査を行い、EC、ECG、EGCG、総合カテキン、カフェインの含有量を調査、解析。

発芽して新芽があればこの遺伝子情報を調べることが出来るため、交配して発芽した種の特色を迅速に見通せる。

※具体的な実験の様子などは筆者には分かりかねますのでご自身でお読みください。

これにより、「育種について」で記載した③~⑤くらいまでの時間をごっそり短縮できるようになるのではないか、と言われています。

また、広いほ場も必要がなくなるとのこと。(育てて製茶しなければいけなかったのでどうしても広いほ場が必要だったのです、従来は)

今後、遺伝子情報を蓄積していき、オーダーメードの品種等にも対応していく予定だそうです。

この短い情報だけでも、非常に今後の育種が期待できます。

筆者の気になっているところ

The 150 accessions comprised three subspecies: 83 Japanese var. sinensis, 38 exotic var. sinensis, and 29 Assam hybrids.

論文中にこのようにありましたので、29種類(アッサムハイブリッド)には紅茶や烏龍茶向きの品種も含まれていると考えられます。

日本の気候や土壌で、インドやスリランカのような紅茶を作れる品種が生まれたり、台湾や中国のように美味しい烏龍茶を作れる品種も出てくる可能性があると考えられます。

今現在進行形で茶を育てている人間からすれば、非常に楽しみです。

ただ、今回の研究ではEC、ECG、EGCG、総合カテキン、カフェインのみでしたので、香りや味についてはさらなる研究に期待するしかありません。

また、香りや味は製茶による複合的な産物の場合が多いのでその辺りはやはり農家が実際に作ってみてから判断できることなのかも知れません。

先ほどの研究がそのまますぐに適用され、今後有用な新品種をバンバン作るとすれば「花粉症に効果がある」とか「動脈硬化を防ぐ」というような「機能性成分高含有」品種がメインになるのでしょう。

いずれにせよ、非常に面白い研究ですので今後に期待していきたいと思っています。

結び

多くの人が茶に求めているもの、と考えるとやはり「飲むと痩せる」とか「花粉症状が改善した」というような薬効成分なのでしょうね。

筆者は「美味しいから茶を飲む」派ではありますが、人間の体への有用性があるものの方が進化していくのでしょうから致し方ありません。
▼参照記事:茶を飲むのは体に良いから?茶=薬?特定保健用食品?機能性表示食品?(追記あり)

ですが、そこからもっと美味しいお茶を作れる品種が生まれ、茶のバリエーションが広がるのは楽しいことです。

新型コロナウイルス関連で茶の価格が落ち、茶を栽培している世界中の産地が茶離れを起こしつつあります。

そのためには、不要なものをそぎ落とし、未来に向けた改革がより一層必要になってくることでしょう。

世界中の茶産地でも同様の研究が進んでいくことを切に願います。

品種については以下参照いただければ幸いです。
▼参照記事:日本の茶には様々な品種がある?品種について学びたい!
▼参照記事:世界お茶まつり2019!<セミナー編④>「茶の品種から考える<これまでとこれからの日本茶>」



【実験】玄米茶を作る時の玄米の分量は?玄米と緑茶を自分好みに配合してみる





久しぶりの投稿です。
おまけに実験しているうちに気づいたのですが内容がありません…。(ナニシテルノ?)

寒くなってくると急にほうじ茶とか玄米茶とか、香りのあるお茶を飲みたくなります。

ちなみに筆者は紅茶も秋から初秋にかけてはなぜかフレーバードティを好んで飲む傾向があります。
なぜかは分かりませんが、かなり昔からそうなのです。

以前玄米を作って玄米茶を淹れるという記事を投稿していますが、今回は市販のものを使用して簡単な実験をしてみました。

▼参照記事:【実験】自家製玄米茶(精米使用)を作ってみる
▼参照記事:【実験】玄米茶を白米で作ってみる(失敗編)
▼参照記事:【実験】玄米茶をちゃんと玄米で作ってみた(完結編)

玄米茶を自分で配合して作ってみる


玄米茶を玄米から煎って作るということを以前行った訳ですが、日常的に飲むとしたら正直面倒くさいような気がします。
玄米を主食とされている方は家にあるからいいかも知れませんが…。

そこで玄米茶の素を昨年から購入しています。

上記と同じものではないのですが、近くのスーパーに置いてあった玄米茶の素を購入しています。

お茶漬けの上に乗せたり、サラダに使ったり、おなかが空いたときそのままポリポリ食べてしまうことが多いです。

つまり、あまり玄米茶を作っていませんでした。←え?

実際、程よい玄米の分量はどれくらいなのかはっきりせぬままでいます。

まずは日常的に自分が飲む煎茶に玄米を配合して、オリジナルの玄米茶を作ってみることにしました。



玄米と煎茶の量を変えて実験

玄米の素を使用して、普段自身が日常的に飲んでいる煎茶(100g1080円)を配合してみることにします。

まずはどれくらいで玄米茶だと認識できるか、少ない量の玄米を配合してスタート。

■左:1(煎茶):0.7(玄米)
■中:1(煎茶):0.5(玄米)
■右:1(煎茶):0.3(玄米)

玄米30%のものは玄米の香りすらほとんど感じない。
味も煎茶のまま。

玄米50%のものは少しだけ香りがある。
だが、まだまだ煎茶強い。というか、ほぼ煎茶。

玄米70%のものになるとようやく玄米が入っていることを感じられる。
冷めても玄米の香りが継続して感じられるが、味としては圧倒的に煎茶なので玄米に対してはやはり物足りない。

【結果】
ちょっと(一つまみくらい)加えただけでは玄米茶とすら認識が出来ない。
やはり最低、茶葉:玄米=1:1

玄米を強く感じたいのであれば茶葉:玄米=1:2くらいでも良い。

また、100g1080円くらいだと煎茶の味もしっかり(旨味があったり)しているので、玄米茶をカフェイン少な目のお茶として味わいたいのであればもっと価格が安い番茶等を使用した方が良いと思われる。

今度は番茶をベースにして、玄米の量を変えてやってみようと思います。

結び


冒頭にも少し書いたのですが、今回ふと思い立ってやっていたもので非常に内容がなくなってしまいました。(;^_^A

家にある煎茶を再活用する際に、ほうじ茶や玄米茶を自宅で作りますが、家にある煎茶のランクもあるし単一品種の煎茶に玄米を配合するのは少々難しいであろうと考えられます。

嗜好品なので、結局は自身で好みを探すしか方法がないものですが「玄米茶を家で作ることもできますよー」ということはお伝え出来ます。

始めて玄米茶を家で作る、という方の参考程度になれば幸いです。