東京オリンピック・パラリンピックに向けた茶の取り組み。GAPについて。

茶のニュース





2020年の東京オリンピック・パラリンピックももう間もなくですね。
世界各国から多くの外国人の来日を見込み、様々な取り組みが行われています。

例えばこの世界的なイベントに向けて、イスラム教徒の方の食事を出すための「ハラール認定」を取得する飲食店も増えているようです。

宿泊先や飲食店などでは特に外国語で対応ができるスタッフの雇用、メニュー作り等に力を入れているところも増加しているとのこと。

日本の農作物や茶も着々と世界を見据えた取り組みが進められています。