焙煎機を買ってみたーYJINGRUIお茶焙煎機の使い心地などレビューー

焙煎機 茶道具

焙煎機がずいぶん前に壊れまして。

相方がかなり前(十数年前)にアリ〇バか何かで購入したものだったので、チープな感じではあったのですが結構使っていました。

壊れてしまってはどうしようもないため、ホットプレートで焙煎する方法なども試していたのですが、やっぱり焙煎機ほしいなぁとぼんやり思っていたところです。

Amazonで違うものを探していた時に発見!
思っているより価格も高くない!しかも送料込み!!
即注文(ぽちり)

先日届いて少し動かしているのでレビューなどをしてみようかと思います。

ところで焙煎ってどういうこと?

以前焙煎の講座に参加した時のブログがこちらにあります。
この講座では伝統的な炭焙煎の話でしたが、今回筆者がお伝えする焙煎は電気焙煎です。
▼参考:武夷岩茶・焙煎の現場についてのセミナーで焙煎を学ぶ

筆者のイメージしている「焙煎」は以下引用されている中国茶や台湾茶の焙煎のイメージ。

1.雑味の除去と香りの統一感を出す。

この場合、温度は100℃以下で行われ、熱処理を行うことで、雑味を低減し、粗茶特有の青い匂いなどを除去します。ちょうど、海苔を焙るのと原理は同じです。

この火入れ作業の場合、あくまで粗茶の個性を活かすことに主眼が置かれており、熱によって新たな香りを形成することを目的としておりません。

尚、火入れには色んな方法がありますが、具体的な方法については割愛します。

2.お茶に含まれるアミノ酸と糖の反応を促し、カンロ飴やホットケーキのような香りを引き出す。

アミノ酸を豊富に含む慣行栽培のお茶の場合、100℃以上の熱で処理すると、茶葉に含まれる糖とアミノ酸が酸化反応を起こします。これをメイラード反応と呼びます。

メイラード反応を香り形成に生かされている代表的な食品は、ホットケーキ、カンロ飴、みたらし団子のタレなどがあります。一部の煎茶にある、カンロ飴のような甘い香りは、熱処理によって引き起こされるメイラード反応が関係しております。
▼引用:想像以上に奥が深く面白いお茶の焙煎技術

筆者自身も焙煎を行っていますが、うまくいくと雑味が無くなり、甘味が増し、口当たりが良くなります。
なお、失敗もよくする…

お茶を作ったあとは数回に渡ってこの焙煎(火入れ)をして、味を調えていきます。
逆に全くしない場合もあります。
そこは作り手がどういうお茶に仕上げたいかで変わってくるところではないかと思います。

ほうじ茶のように香ばしく仕上げるのも焙煎の一つなのだろうと思いますが、明確な定義はよくわかりません。
珈琲豆の焙煎も同じもの?これは別??

その焙煎機ってどういうもの?