【追記あり】マテ茶って飲んだことある?どんな味?体に良いって本当?

マテ茶 茶外茶


マテ茶を飲んだことがありますか?

最近茶外茶の話が多いですが、マテ茶も茶外茶となります。
※茶外茶=ツバキ科のカメリアシネンシス以外で作られているもの

【2020/2/20 追記】
アルゼンチンの方がNYにマテ茶の専門カフェを経営しているそうです。
そちらのニュースはこちら

体に良いということで最近また人気が復活している気がします。

飲むサラダと言われているマテ茶



こちらの原材料はマテ茶のみとなっていて、成分も細かく書かれています。

他にも様々なメーカーからマテ茶が販売されています。

本場のマテ茶もネットで購入できる便利な時代です。

マテ茶とはそもそもなに?

マテ

マテ茶は主に南米(ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ)で生産されています。

モチノキ科の葉や枝を、乾燥させ、粉砕して作られており、「飲むサラダ」と言われるほど豊富な栄養が含まれています。

元々はパラグアイの部族が、元気が出る不思議な木として飲用を始めたそうです。

というのも、ブラジル、アルゼンチン、パラグアイでは野菜が育ちにくい地域で、とうもろこしやパン、いもが主食となっています。

また、肉の消費量が非常に多く、生活習慣病などになりやすい環境です。
ですが、食生活から想像するほどそういった病気にかかる方はいないとのこと。

体に良いと伝承されてきたマテ茶の効能が研究で明らかとなり、野菜にも劣らない、むしろそれ以上の栄養成分が含まれていると判明しました。

ビタミン、ミネラル、ポリフェノールが非常に豊富です。

生活習慣病が防げているのにはマテ茶の力が大きいことが科学の力によって明らかになりました。

一般に販売されているマテ茶には二種類あります。

【グリーンマテ茶】
葉を収穫して、加熱して水分を飛ばし、そのまま乾燥。
1年熟成させ、粉砕、選別等を行ったもの。

【ロースト(ブラック)マテ茶】
グリーンマテ茶を焙煎したもの。
グリーンより香ばしい香りがし、飲みやすい。
ブラジルではミルクや砂糖を入れて飲むとのこと。