挽茶・碾茶(ひきちゃ)を使ったお菓子が明治時代にあった?抹茶アイスクリームは現代だけのものではなかった?!

抹茶アイスクリーム 茶に関係ある食べ物

最近訳あって過去のお茶の歴史などをちょこちょこ調べています。

その中から筆者が個人的に気になった明治時代に散見される「挽茶の菓子」について少しご紹介したいと思います。

筆者が調べ事をしていた時に見つけただけですので、筆者の備忘録的な情報ですが今後追記していきたいと思っています。

明治時代の挽茶アイスクリーム??

挽茶とは?

まず、挽茶、という言葉が聞きなれない方も多いと思いますので説明を。

ひき‐ちゃ【碾茶・挽茶】
〘名〙 上等の製茶を臼でひいて粉末にしたもの。主として茶の湯に用いる。湯を注いでかきまぜて飲む。濃茶と薄茶とがある。散茶。抹茶。
※海人藻芥(1420)「挽茶節会とて於二内裏一被レ行二公事儀式一」
▼出典:精選版 日本国語大辞典

ひき‐ちゃ【引茶・行茶】
〘名〙
① 季の御読経(みどきょう)の時、その第二日目に僧に賜わった茶。《季・春》
※西宮記(969頃)五「召二内蔵寮生薑、折櫃、土器九百口一、召二典薬厚朴一為二引茶料一」
② =ひきちゃ(碾茶)
※大乗院寺社雑事記‐寛正七年(1466)正月八日「引茶持参之間、扇一本給レ之」
▼出典:精選版 日本国語大辞典

辞書では「碾茶=挽茶」どちらも<ひきちゃ>と読むようです。

<引茶>で検索しても同じように碾茶の意味が含まれているため、「碾茶=挽茶=引茶」という解釈で良いことにしておきたいと思います。

つまりは抹茶の原料になる、今で言う「碾茶」のこと。
碾茶

これを石臼で挽くと抹茶ができます。
▼参照:本物の抹茶(仮)と量が多くて価格の安い抹茶。違いはなに?(加筆修正あり)
▼参照:【実験】抹茶(?)を作ってみた2022~覆いから飲むまで~

アイスクリームはそもそもいつから日本にあるの?

アイスクリームの歴史は一般社団法人日本アイスクリーム協会のHPに記載がありました。

日本人とアイスクリームの出会いは江戸末期のこと。幕府が派遣した使節団が訪問先のアメリカで食べたのが最初で、そのおいしさに驚嘆したと言われています。そして明治2年(1869年)、日本で最初のアイスクリームが横浜で作られます。文明開化の波に乗り、日本のアイスクリームの歴史は始まったのです。

やはり西洋から入ってきたのですね。
納得。

ちなみにこちらの本に記載がありました。