【実験】玄米茶を白米で作ってみる(失敗編)

もう2019年も終わろうとしていますね。
個人的に盛りだくさんな一年だったため、穏やかな今が幸せに思う年末です。

そういえば昨年の同じ日はほうじ茶を作ってました。
▼参照:年の瀬のほうじ茶作り。2019年に向けての棚卸
そして実は、玄米茶を作ろうという記事も以前に書いていました。←!!!
▼参照:自家製玄米茶(精米使用)を作ってみる

ちなみに今年は夏に水出し緑茶を作り過ぎてほとんど消費してしまい、ほうじ茶を作るほどの在庫がなかったために冬用ほうじ茶を買いました。(正しいお茶の買い方)
▼参照:緑茶の水出し?淹れ方でカフェインの量は変わる?

残らないのがベストですよね、ほとんどの緑茶は劣化が早いので。
劣化せずに保存できる場合もあります。
▼参照:世界お茶まつり2019!<セミナー編③>「日本茶のビンテージを知る」



玄米茶とは?

読んで字のごとく、【玄米入りの茶】です。


手軽に手に入れられる価格のものは番茶を使用しているものが多く、カフェインも少なめで香ばしくほっこりした味わい。
ペットボトルでも多く出ているので飲んだことがある方は多いのではないかと思います。

ほうじ茶と同じくらい寒い時には飲みたくなるお茶です。

玄米を煎ったものを番茶(煎茶の場合も)に入れて販売されています。

どこの文献で見たのか忘れてしまって申し訳ないのですが、古くなった餅をあぶって茶に入れたのが始まりだとかなんとか。
玄米関係ねぇっていう突っ込みは聞き流します。

ただ、白米を入れているものもありました。(ということは前回の記事でも書いているのですが…(涙))

玄米茶

丸八製茶場のほうじ茶は非常に有名で、ペットボトル販売、スターバックスでの商品、北海道の有名菓子メーカー六花亭での茶葉販売等々、全国あちこちで提携をしています。

筆者も愛用している一人。

生産者の方に伺うと、「あの焙煎技術はすごい」とのこと。

実際に作ってみる

【材料】
・炊いた米(乾燥後) 4g
・煎茶 4g

【作り方】※今回失敗なので真似しない方が良いかと思います

①炊いた米をオーブンで乾燥&火入れ

180℃のオーブンで20分ほどやってみたのですが、ここでもっとやるべきでした…。

②茶と米を1:1で急須に入れて湯を注ぐ

番茶がなかったため、普通煎茶を使用。

もうさ、この時点で「急須にうっかり米落としちゃった」っていう状態なわけ…。

③飲む

…うん。
ね。

まぁ、玄米の味なんてとんとしないし。
美味しい煎茶をいただきましたとさ。



結び

店に立っていた時は暇があれば常に何か実験を行っていたのですが、会社員になると時間も限られているためこういった長期の休みの時に遊びたくなるものです。

お茶飲んでごろごろ。
最高の幸せですねぇ。
あー、これでお金入ってきたらいいなーw

実験もシリーズ化したいもんです。

年末なもので、かるーい内容にしてしまいました。(?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください