フルーツインティ、デカフェ、スティックティ、嗜好飲料の先について少し考えてみる。

道 茶のいろいろ

先日トワイニング(片岡物産)のマーケティング部長による、2018年秋冬飲料の商品施策が発表されました。

2018年の春先は気温が高く、飲料業界に打撃を与えたこと。
引き続き変化を続けている核家族化による家庭用飲料の大きな変化もあり、今年の春夏はますます荒れたとのこと。

飲料業界は常に時代の流れとともに商品の変化があります。
茶飲料の《今》と《今後》を少し考えてみました。

現在ブームの茶飲料

カフェイン少ない(ゼロ)のドリンク

以前の記事でご紹介しましたが、ペットボトル飲料はデカフェ、ノンカフェインの茶や代用茶がますます増えてきています。

カフェインを敬遠する傾向は年々高まっているので、今後も開発や発売が続いていくでしょう。

【過去記事】
▼参照記事:カフェインゼロヘの挑戦。「キリン生茶」の試み。カフェインを吸着する物質っていったい何?!
▼参照記事:麦が珈琲に?!キリン CEBADA!代用コーヒーの代表、たんぽぽコーヒー(茶)とは?
▼参照記事:デカフェ茶やカフェインレス茶ってなに?どうやって作られているの?

抹茶ドリンク

抹茶ドリンクはここ数年常に人気です。

ネスレ日本では数年前から抹茶の需要増加を見越し、2016年には京都府と連携協定を結んでいます。

ネスレ日本の発売している「キットカット」の抹茶味も人気ですし、ネスカフェドルチェグストの「濃い抹茶」も人気。

マシンでコーヒーも紅茶も、さらに抹茶まで飲めるという優れもの。
筆者も持っています。

紅茶は自分で淹れるのですが、珈琲はドルチェグストを使って淹れると手軽で美味しくいただけます。

カフェラテ大好きなのです、筆者。


抹茶粉末ドリンクも好調です。

お湯に溶かすだけでドルチェグストで飲める抹茶と同様の味を楽しめるということで人気です。
確かに味がしっかりとした抹茶です。

機械を置くのが難しいというような方におすすめです。
スーパーやドラッグストアでも手に入ります。