「お茶を飲みたいけど飲みたくない」「お茶を飲むのが面倒くさい」病にかかった場合の対処法

ティーサーバ 独り言


筆者はお茶カフェを経営する前からお茶好きな訳でして、お付き合いはもはや20年以上となっています。

恋人でも夫婦でも倦怠期のようなものは当然ありますし、毎日毎日「大好き、好き好き」とは言ってられないものです。
気づくと日常になってしまったりしますよね。

とはいえ、その日常にも相手への「好き」という気持ちは根っこにあります。

それはあるのですが…それでも時には、

「お茶飲みたいけど飲みたくない」「お茶は飲みたいけど面倒くさい」

という日がやってくるのです。
筆者だけ…?

そんな時にはどうやってお茶を淹れているのか、筆者の体験を元にご紹介したいと思います。
※今回はティーバッグを使用する以外の方法をご紹介します。

「お茶飲みたいけど、飲みたくない」「お茶を飲むのが面倒くさい」病を発症した時には

憂鬱そうな女性
「お茶を飲みたいんだけど、淹れるのが面倒くさい」とか「お茶を飲みたい気もするけど何を飲んだらいいのか」という時には、

1,ひとまずお湯を沸かしてみる
2,体にどんなお茶を欲しているか聞いてみる
3,手軽に淹れる方法を全力で模索

こんな処方箋を出すことにしています。

1,ひとまずお湯を沸かしてみる

お茶を飲むのが朝のルーティーンなので、お湯を沸かすとほとんどの場合何も考えずに茶葉を選び出し、気づいたらお茶を飲んでいるパターンが多いです。

仕事の啓発本などを読むと、仕事をしたくない時は「まずはパソコンを開く」「ひとまず本を開く」というようなことが書かれています。

自分を起動させる感じでしょうか。

お湯を沸かして、湯気が立ち上るのを見ていると自然に「何を飲もう」と考えるようになるので不思議です。

2,体にどんなお茶を欲しているか聞いてみる

これは常に行っているかも知れません。

お茶だけではなく、食べ物も。

「今日は何食べたい?」
「今何飲みたい?」

と自分に問いかけるのです。

例えば、先ほども出しましたが「昨日食べ過ぎて胃がむかむかするなぁ。さっぱりしたいな」と思ったら、胃に負担が少ないほうじ茶をさっと出したり、

「睡眠不足で今朝は眠いなぁ」という時はガツンと渋めの紅茶を淹れたり、

「寒いし疲れた」という時には甘いチャイを作り、

「ストレスが溜まって、気分転換したい」という時には香りが良い台湾の高山茶を淹れたりします。

もし体に問いかけた時、「今日はお茶いらない」という時は、麦茶やハーブティ、時にはお茶を淹れずに白湯を飲むということもあります。
白湯だけというのは胃痛で吐きそうな時くらいかもしれません。

食べ物もそうで、「疲れ