【世界の茶事情】紅茶大産地ケニアの茶価格は下落、一方小さな茶園は増加の兆し

新芽 茶のニュース


大寒となり、まだまだ寒い日は続きますね。

そろそろ寒茶を作りに行こうかなと考えているところです。

さて、タイトルの件ですが先日対局にあると感じられる記事が二つありました。

一つは紅茶の大産地であるケニアでは3年連続紅茶の価格が下がっているというもの。
もう一つはイギリスで小さな茶園を作っていることについて。

最近日本でも見かける気がしているこれらの内容について考察してみたいと思います。

ケニアの紅茶の価格が3年続けて下落

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【記事概要】
Kenya Tea Development Agency (KTDA)は2021年1月18日、3年連続でケニアの紅茶価格が下落していることを明らかにした。

2019年と2020年の同時期を比較して、小規模茶生産者の収穫した生葉は0.7%少なくなっている。

また、モンバサティーオークションの同時期の2019年と2020年を比較すると価格は14%減少とのこと。

ケニアでは長年茶の作付面積を急速に増やしていたため、生産過剰になっていることと世界的な茶の供給過剰が重なったのではないかと見られている。

新法によって価格が安定することが望まれている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらは先日も記事にしましたが、新しい茶法が制定されてケニア茶の価格や小規模茶農家の待遇が改善していくのではないかというニュースと関連があるようです。
▼参照記事:【続】ケニアの茶産業について‐茶法改定とTea Board of Kenya (TBK)とTea Research Foundation (TRF)の再設立‐

細かいところは筆者もまだまだ勉強不足で理解しきれていないものの、Kenya Tea Development Agency (KTDA)の従来体制に恐らく問題があり、ケニア茶が低迷しているところを改革していく途中なのだろうと考えています。

新法はケニア政府に承認されており、今年の生産から適用になるものと思います。

今年からのケニア茶全体がどうなっていくのかを今後も追っていきたいと思います。
▼参考記事:Kenya’s tea prices fall for 3 consecutive years amid global glut

イギリス ジャージー島での茶生産

イギリスのジャージー島で茶を栽培している方の記事を見ました。

ジャージー島って…?
となったので調べてみるとこちら↓

イギリス本土よりは下の方ですが、緯度およそ50度。
これを日本に当てはめてみると…あてはまりません。。

ほぼ同緯度だと樺太の真ん中より下くらいです。

日本の場合は北海道でも一部茶を育てているところがありますが、経済的北限としては従来と変わらず新潟茨城を繋ぐ線上あたりであろうかと思います。
▼参照記事:日本最北の茶木は北海道にあった。ー北海道古平市へー

ジャージー島はイギリス王室の属領であるそうです。

また、有名なジャージー牛はここで生まれているとか。
ジャージー牛のミルクや乳製品(クロテッドクリームなど)は乳脂肪が多く、とてもおいしいです!!

イギリス本土で茶を育てていると言えば、お茶好きな方は皆さんご存じかと思いますが「Tregothnan Estate(トレゴスナンエステート)」。

2005年に初のイギリス国産紅茶を販売して話題になりました。
※このあたりはまたまとめてみたいと思います。

今回の記事のJersey Fine Teaは2017年から栽培をスタートし、昨年からようやく茶を生産したとのことです。

現在は6エーカー(およそ2.4ha)をすべて種子から栽培し、これからまだ増やす予定。
現在白茶、緑茶、紅茶を販売中。

2018年の植え付け直後に冬の寒さで苗がずいぶんやられてしまったようですが、今シーズンは製茶機械も届きいよいよ本格始動とのこと。
■詳細はこちら→JerseyFineTea.com.