茶道具について②‐お勧めの道具「温度計」‐

ずいぶん前に茶道具のはかりがお勧めであるという記事を書きました。
▼参照記事:茶道具について①-お勧めの道具「はかり」-

最近、お茶会にちょこちょこと参加させていただいている関係で、お茶初心者の方とお会いする機会も増えました。

もはやお茶と出会って20年ほど経つため、その頃一体何を思って、何を考えてお茶を淹れるという行為をしていたのかとぼんやり考えていました。

当時SNSもほとんどまだなかった頃でしたので、紅茶専門店に足を運び、「これがこの紅茶の味なのか」と頭に叩き込み、その紅茶を買って帰っては淹れる日々。(筆者は紅茶がスタートでした)
今は便利だなぁ。YouTubeでも淹れ方とか見られるし。

そんな日々を思い出しながら、「徐々に買い揃えていった道具ってなんだったろうか」と。

はかりの重要性について①で書きまして、次は温度計です。



湯の温度を測ることは重要?


どのお茶でも淹れるにあたり非常に大切なことがいくつかあります。
その中でも以下三点は必ず押さえておいた方が良いポイントです。

1、湯の量
2、茶葉の量
3、温度

少し細かく見てみましょう。

1、湯の量

茶葉の量に対するお湯の量はとても大事です。
お湯の量が多すぎたら味が薄くなりますし、少なかったら濃くなります。
特にこれに注意すべきなのは「紅茶」ではないかと思います。
多くの紅茶はティーポットで1回で抽出します。
5g300㏄で5分抽出、というように。

そのため、湯が少なく、味が濃い場合は湯を足せばよいのですが、薄かった時は調整が出来ません。
5分から10分まで抽出時間を延ばすことで対応できる場合もありますが、薄すぎる場合はもう…。涙
追い茶葉をすることもありますが、それなら潔く淹れ直した方が良いかと。。

ちなみに、台湾茶、中国茶は淹れ慣れると二煎、三煎と味を重ねたりできるので楽です。
一煎目が薄かったら、二煎目は長めに抽出する等の調整が可能です。


蓋碗(がいわん)という磁器の器で淹れているところを見たことがある方も多いと思います。
※茶壺というものもあります。

一煎目を捨ててから淹れる場合もありますし、茶葉の形状などによって淹れ方を変える必要はあるのですが蓋碗の使い方としては分かりやすいかと思います。
作法も色々あります。

2、茶葉の量

こちらは1とほぼ同じ内容になってしまいますが、「湯の量」に対する「茶葉の量」が非常に大切です。
そのため、茶道具について①ではかりの重要性について書いています。

はかりで茶葉の量、お湯の量を量ることにより、美味しく抽出できる確率がぐんと上がります。

正直、茶の初心者の方は最初これだけでも十分なくらいです。

3、湯の温度

湯の温度はこれまた非常に大事です。
今回のポイントはこちら!

1で「湯の量」が一番大事なのは紅茶、と書きましたが、「湯の温度」が大事なのが「緑茶」、続いて「台湾茶、中国茶」になるかと思います。

紅茶の場合は基本的に「沸騰した湯」を使用します。

対して緑茶ー特に柔らかい新芽を使った緑茶ーは湯温を下げることが必要になります。
例えば玉露だったら60℃~70℃、上質な一番茶は70℃~80℃程度など
茶葉によって異なります。←これ!!!ここ重要!!!

「茶葉によって(湯の温度が)異なります」というのが茶の難しいところであり、何より非常に面白いところです。
緑茶の淹れ方については簡単にこちらでご紹介しているので、是非参照してください。

というわけで、安定してお茶を淹れたいなら湯の温度を測りましょう。





よくお茶淹れのプロの方が「(お湯を入れた器に触りながら)これくらいが70℃です」とか言います。
確かにプロの方ですから、今までの経験からおおよその温度は分かるのでしょう。

ですが、

「そんなのわかるかーい!(# ゚Д゚)」

と思ったことが筆者にはたくさんありました。

実際、容器も違えば触った時の温度も違います。
筆者も一応店をやっていましたので、やかんの表面状態でおおよその温度は分かりますがやかんの質、ガスなのかIHなのかによってもかなり違いがありました。
(あと気圧とか。結構マニアックにやってるんですよ、実は。)

だからこそ、湯温を計りましょう!

温度計って買ったことありますか?
案外、温度計を持っていない方って多いと思います。


小学校で使った以来でしたが、20年前の筆者はまずこちらを購入しました。
紅茶のためのお湯の温度を測りたかったので、200℃まで測れるものにしました。
それでもネットで300円程度とは驚きです。
当時、どこで買ったのかももはや覚えていませんが、ホームセンターを探し回った記憶が…。

現在も持っていますが、今はほとんど使わなくなりました。
というのも温度を測るまで結構長い時間がかかるのと、割れた時に怖いということからデジタルに変えました。


今はこちらが主かも知れません。
温度を計測する時間は棒状温度計より早く、正確です。
ただ、ヤカンに立てておけないというデメリットがあります。(手でずっと持っている必要があります)

筆者はこれを長年使っていて慣れており、壊れないのでまだしばらく使う予定ですが、他のものも調べていましたらいいものを見つけました。


防水ですし、キャップで持ち手を延長することが出来るというところがかなり良いです。

急須内の湯の温度を測る程度ですと全く問題ないのですが、ヤカンや湯沸かしの温度を測りたい場合はヤカンの上空が非常に熱いので、持ち手を延長できるのはありがたいのです。
筆者はいつもトングで持ってました。そんで時々落としたりしてました。笑

もし今のデジタル温度計が壊れたら、こちらを購入しようと思います。

また、さらにお勧めなものがあります。
ケーキやパンを作る人にはお馴染みかと思いますが、こちらを一つ持っていると良いかと思います。


こういった放射温度計はあると非常に便利です。
熱くもないので、デジタル温度計よりも楽かと思います。
放射温度計の場合は製茶の時にも使用できるので重宝しています。

筆者はこちらの三つを用途に合わせて使っている感じでしょうか。
外でお茶を淹れる場合はデジタル温度計と短い棒状温度計を持っていきます。

結び

慣れてしまうと、本当に温度計はあまり使いません。
家で温度計で毎回お湯の温度を測っていたのはお茶の世界に入って最初の1年くらいだったかと思います。

ただ、外で初見の茶を淹れなければいけない時、イベント等で湯の温度が分かりづらい時(ポットで湯が配布されることもあるため)には温度計は必ず持って行っています。

自身の安心のためでもあります。
茶のレッスンや教室でも必ず持っていきますね。

お茶と長く付き合っていくと、自分の体調や相手の好みによってお茶を淹れられるようになるものです。

ですが、最初から上手に淹れるとか美味しく淹れるとかは考えなくてよいと思います。

どの分野でもそうですが、まずは「真似る」。
とにかく、本通り、袋の後ろにある通り、専門店のスタッフが言う通り、何度か淹れてみることから始めましょう。

いずれ肩の力を入れずに、ゆったりと自然にお茶を淹れられるようになります。(嫌でもw)

「習うより慣れろ」

ですね。

最初は基本的にじっくりとお茶と向き合ってみることをしておくと、その後の成長はとても早くなると思います。(量を計る、温度を測るというように軸を固めておく感じでしょうか)

そして、経験値が上がれば上がるほどお茶が楽しくなっていきますよ。(^^)/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください