簡単にお茶を飲めるグッズ⑤ーMennäONEー






簡単にお茶を飲めるグッズシリーズは気づくと5回目になっています。

暑いので毎日ステンレスボトルにお茶を入れて、がぶがぶ飲んでおります。
ペットボトルも併用しながら、マスクで暑い中、熱中症には要注意です。
▼参照記事:熱中症?と思ったらまず何をする?熱中症予防の水分補給にオススメのお茶は?

こんな暑い夏には給茶スポットもおススメです。
▼参照記事:熱中症予防に「給茶」や「お茶Bar」!お茶屋さんで色々なお茶を楽しもう!

そして、簡単にお茶を飲めるグッズシリーズで以前ご紹介していたteploティーポットがついに日本でも購入できるようになったようです。
▼参照記事:簡単にお茶を飲めるグッズ②-【追記あり】Teplo “The Smart Bottle”と”IoT teapot teplo”-

25000円で自動で、しかも体調に合わせてお茶を淹れてくれるティーポット。
試してみたい気持ちは満々です。
(25000円のお小遣いと置く場所をなんとか捻出したいところ)

そちらとは別に今回は筆者が非常に気になったカナダのお茶グッズをご紹介したいと思います。

そういえばなかったかも!

今回ご紹介商品の紹介記事を読んでいて、「あれ?そういえばこういう商品はなかったかも…」と思いました。

例えば、筆者も持っていて以前ご紹介しているこちら。


HARIOフィルターインボトル ポータブル。
▼参照記事:簡単にお茶を飲めるグッズ③ーHARIO/ハリオ フィルターインボトル・ポータブルー

このように茶葉を入れて、お湯を入れたり水を入れたりして持ち歩くタイプのボトルはたくさん販売されています。

上記記事の中にもリンクありますが、筆者はこれの前に持ち歩いていたのが「ビタントニオ ツイスティプラス」でした。
他にも今は様々なメーカーから販売されていますので、使い勝手の良い、自分のお気に入りを探して見てください。

で。

ふと気づいたんです。

保温とか保冷効果が無いってことに。←今更

今回筆者おススメの商品(MennäONE)は痒い所に手が届いている!


MennäONEは茶葉を入れて持ち歩くタイプのボトルです。

それらは今日本でもたくさん販売されていることは上記でお伝えしています。

そして、さらに前に筆者が使用していた「ビタントニオ ツイスティプラス」は、茶葉を入れたままにして持ち運べる上に、抽出し終わったらボトルを回転させて弁を閉め、茶葉と抽出液をしっかりとセパレートすることが出来ます。(自分の良いところで抽出を終了させられる)


煎のきく烏龍茶系などもしっかり水を切っておけば、外で何煎か飲むことが出来ます。

急須(ティーポット)とカップが一体化しているような便利さです。

MennäONEはそのさらに上をいきます。

HPを見ると、

1. Fill the infuser basketPlace loose-leaf or bagged tea inside the infuser basket.  Fill the vessel with water and attach the top

2. Twist the ring

After a few minutes of steeping, turn the ring to the closed position to stop the tea from brewing further.

3. Enjoy on the go!

Enjoy perfectly brewed tea! After drinking, you can add more water to steep again and again!

▼参考:https://mennalife.com/

となっています。

2の説明を見ると「ビタントニオ ツイスティプラス」と同じようにボトルについているリングを捻ることで茶葉と茶液をセパレートして持ち運べるようです。

さらに、筆者が今回ものすごく注目したのがこちら。

”Our double-walled vessel keeps things hot or cold for up to 6 hours.”

これですよ!

最大6時間、保温保冷効果があるそうなのです!!!

素晴らしい!!!



何がそんなに素晴らしいのか?

筆者は夏の間、茶葉を入れっぱなしで持ち歩くタイプのボトルは使いません。

ステンレスボトルなどに水出しのお茶を入れる、もしくは熱湯で濃いめに抽出したお茶に氷を目いっぱい入れて急冷茶を持っていくか、のどちらかです。

あくまでも保温、保冷効果のあるステンレスボトル。

というのも、お茶ははただの葉っぱと水ですので、どうしても水につけておいて高温のところにおいておくと痛みます。。

そのため真夏の長時間持ち歩きは危険ですので、出先でペットボトルを購入することも多々あります。

MennäONEはその辺りも考慮して(いるかどうかは知りませんが)、茶葉を入れたまま持ち歩ける上に保温保冷効果があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください