これからの時期の茶の保管に最適!茶箱の魅力!





じわじわと暑くなってきました。

今年は新型コロナウイルスの影響で春も満喫できず、夏の間もマスクをしなきゃならんのかとか陰鬱な気持ちになりますね。。

これからの梅雨、暑い夏、どうしても購入したお茶は悪くなってしまいがち。

お茶専用の冷蔵庫、冷凍庫などをお持ちの方は良いですが一般家庭でそこまで持っている方というはそれほどいない…はず。

さて、どうやって良い状態で保管しましょうか。

茶箱ってなに?

ここ数年、茶箱が非常に人気です。


雑誌などでもよく見かけますし、茶箱のデコレーションを行っている方もいらっしゃいます。
テレビでも紹介されたことがあるようですね。

サイズも様々作られるようになり、プレゼント用の箱としても喜ばれます。(特にお茶好きな方には)

こんなにオシャレに使えるのもいいですね。

茶箱はかなり古くから使用されていたようです。

例えば、明治時代に海外に輸出される際にも使用されており、蘭字(らんじ)と呼ばれた浮世絵風のイラストを貼って使用していました。
▼参照:浮世絵と西洋の出合い 戦前の輸出茶ラベルの魅力



茶箱の良いところは?

トップ画像は汚くて申し訳ないのですが、かなり古い茶箱です。
今でも現役で筆者が使用しています。


ミチミチに入れて茶葉の保管用に使用しています。
こちらには出来るだけ長期保管して熟成具合を確かめたいものを入れています。(中国茶台湾茶系が多いです)

中にアルミが貼ってあるのがわかりますでしょうか。(写真がうまく撮れずスミマセン…)

茶箱は中にアルミ等がコーティングしてあり、防湿性が非常に高く、断熱性もあります。防虫効果もあるそうです。

そのため、夏は快適な温度で茶葉を保管することが出来ます。

暑い日に開けると、中はひんやりとしているのですよ。
お米を入れたり、常温保管できる食材の保存にも最適!

茶箱には他の意味もある?

ちなみに茶箱というのは今までご紹介してきた「茶葉を入れる箱」という意味と「お茶淹れグッズをまとめておく箱」という意味があります。

1、葉茶を運送、貯蔵するのに用いる大型の木箱。湿気を防ぐため、内側にブリキや渋紙などを貼る。
2、旅行や野点(のだて)などのとき、茶道具一式を持ち運ぶための箱。
▼参照:デジタル大辞泉


こんな素敵な本まで発売されていました。

お茶好きな方は、小さい急須(蓋椀)と茶杯を持ち歩いて、宿泊先でお茶を淹れたりしています。

そのため、出張等が多い方は結構「オリジナル茶箱」を持ち歩いていますね。

下のリンクを見てください!

こんなに素敵なセットまであるんですよ!
これを持って山や海でお茶を淹れるというのもすごく良いですね。

籠に入っているところがまたツボですな。(^^♪
こちらプレゼントに今度必ず使おうと狙っているものです。ムフフ。

結び

自身が持っている茶箱はおそらく茶葉が30㌔くらい入る大きなものなので、茶葉を目いっぱい入れるとかなり重いです。

そのため、どうしてもプラスチックケースや衣装ケースを使用して茶葉の保管をしています。
茶の教室やお茶会等にも持ち運びしやすいのです。

現在は賃貸住まいのため躊躇っていますが、筆者もいつか落ち着いたら茶の保管をすべて茶箱に変えるつもりです!(宣言)

まぁ、茶箱に詰める前に飲みきるくらいの量を買うのが本当は正解◎!笑
でも、お茶好きさんはみんな分かってくれるはず!

夏も快適に美味しくお茶を飲むために、茶箱、おススメです♪



兼業茶農家とは?実際兼業茶農家ってどういう感じで茶と関わっているの?

筆者は非常に小さな茶畑で、茶業界全体から見たらお遊び程度の農家です。
(まぁ、そもそも兼業なのでお遊びみたいなものですが。汗)

「兼業茶農家です」

と言ってもよくわかっていただけないことが多いです。実は。

というのも、「兼業茶農家」というと「ほかの農作物」と「茶」の兼業だと思われるようだということに最近気づきました。笑

筆者の場合は「会社員」と「茶農家」の兼業です。
平日サラリーマン、土日農家

思えば、「茶農家」と言ってもお茶のことを知らない方から見ればなんだかわからないのではないかと思いまして、筆者のところを例に取り、少しまとめてみたいと思います。




「茶農家」、といってもピンからキリまで

「茶農家」というと、「茶の栽培して、管理して、製造して、販売する人たち」という印象を受け方は多いのではないでしょうか。(自園自製自販)

筆者は自身が栽培や製造に関わるようになるまで、もれなくそうでした。。

茶のイベント等でお見掛けする方たちは皆さんそうでしたし、直接お付き合いのある茶農家さんもそうだったからです。

ですが、茶の栽培から販売まで一貫して行う方は、おそらく絶対数としては少ないのではないかと思われます。

茶業経営形態は以下のように分類されています。

1、茶の栽培、製造から販売まで行う(自園自製自販)
2、茶の栽培、荒茶製造まで行い、販売(自園自製、自園自製兼買葉)
3、生葉を摘んで、販売(生葉売り)

というように茶農家の形態は別れています。(他にも様々な組み合わせは考えられますが大きく分類しています)

※自園自製⇒年間生葉処理量の80%以上を自給し、製茶した荒茶を販売する形態
※自園自製兼買葉⇒自園の生葉及び購入生葉を製茶し、荒茶を販売する形態。年間の生葉自給率が50%以上80%未満を「自園が主」、50%以下を「買葉が主」と言う
▼参考:「茶生産指導指針」静岡県経済農業協同組合連合会 平成20年版より

さらに、最近では茶農家をしながら茶の販売を行い、自製した茶を使用してカフェを経営したり、農家民宿を経営したりしている6次産業を行っている方も最近は多く見られるようになりました。

農家の茶畑を眺めつつお茶を飲めるというこちらも6次産業になるのでしょうか。

まだこちらの茶畑の中のティーテラスを体験したことはありませんが、最高でしょうね。間違いない。
※現在は新型コロナウイルスの影響で中止をしているようです。



筆者はどれにあてはまるの?実際何をしているの?

筆者の場合は、
3、生葉を摘んで、販売(生葉売り)
に近いです。
詳細を書いてしまうと身バレするので多くは書きません。色々と大人の事情が…ごにょごにょ

とはいえ、一部は少量紅茶や烏龍茶を作り、人に譲ったりしています。

趣味の域です。残念ながら。

実際何をしていたの?

読んで字のごとくなのですが、茶畑を管理して、新芽を刈り取り(摘採)、共同工場へ納品しています。


摘んだ生葉を軽トラに乗せたまま、軽量します。
前の車の下(緑の部分)は量りになっています。
(量りのサイズからみると、大きいトラックはどうするんだろうか…?)


計量が終わったら、茶葉を工場に入れます。

刈り取った生葉を入れた袋を軽トラから降ろし、

出していきます。


空になった袋を再度軽トラに積み込み、先ほどの入り口で量ります。

軽トラの重さを引いて、生葉量を計測。


こんな感じで畑⇒工場⇒畑⇒工場を繰り返します。

前回の記事にも書きましたが「やぶきたはさみ」と書かれていますね。
▼参照:日本のお茶刈り(摘採)について‐手摘み?ハサミ?機械?なんのこと?

以上。

と、筆者がやるのはここまで。

ここから先は共同工場にて荒茶の製造が行われます。
この日も工場を離れる際に、生葉を蒸している香りと乾燥している香りが漂っていました。

え?これだけ?!と思う方もいらっしゃるでしょうねー。
筆者モオモッテタ。。

兼業茶農家の現実

生葉を納品するまでの過程は、茶畑をきちんと管理して、良い葉を収穫することにある訳ですが、自然相手なので当然難しいことが多々あります。

筆者の地域は昨年霜にやられてしまった場所も多かったようで、芽が遅れて出てきた筆者の畑は難を逃れました。

そして、兼業茶農家の場合は土日等にしか摘採が出来ません。

GWの休みに少し有給を足したりして新茶期は出来るだけ長く畑にいられるようにするものの、気温が低い日が続いて芽が伸びなかったり、雨が多すぎて摘採できなかったりとなかなかうまくいきません。(´;ω;`)

さらに、自分で自由にお茶を作りたいという欲が出てくるのですが、それも簡単には叶いません。

小さくても茶工場を作るとなれば多大な費用がかかります。

若くてパワーのある方たちがクラウドファンディングで資金集めたり、中古の機械をもらったり安く購入したりしてカスタマイズしたり、自園自製自販を目指して奮闘しているのも見ています。

とはいえ、実際筆者のような生葉売りを行っているような方たちは高齢化が進み、畑を手放していっています。

放棄茶園は増え続け、「茶が売れない時代」と言われて久しい昨今です。

それならば放棄茶園をもっと多くの方に貸し出せばよいのに、と思うのですが、そこはまた法律等も絡み簡単にはいかないのです。。

茶を作ったはいいけれど、販売するのにも様々な縛りがあります。
この辺りもまたまとめてみたいと思っています。



結び

筆者はカフェを経営していたのですが、カフェは飲食店の中では非常に簡単に開業できる業態ではあります。

その代わり一般的に儲からない、と言われます。
客単価、低いですしね…。

開業資金はそこそこかかりますし、カフェだけの場合は資金的に厳しいのでテイクアウトを行ったり、イベントを開催したりとあれやこれや頭を悩ませていました。
テイクアウトも色々と縛りがあるので大変です。

兼業茶農家になってみて、こちらも同じようなものだと感じています。

当然、自身も製茶機械を導入して、製造販売を行いたいと思います。

まだ農家の仲間入りをしてからの時間が短いので、今後も様々な道を模索しながらいつかは専業で茶を作っていきたいと企んでいます。

苗や種の生育記録とともに、見守っていただければ幸いです。
▼参照記事:茶を育てる‐種から育てる編-
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編①ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編②ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編③ー

日本のお茶刈り(摘採)について‐手摘み?ハサミ?機械?なんのこと?





筆者は茶の栽培に関わるようになって日が浅いです。

何度も書いていてしつこいですが、筆者は元々お茶カフェを経営しており、淹れる方が専門でした。(おまけに紅茶の方が強い)

日本茶の資格も持っていますが、実際製茶の現場で細かく製茶についてお伝え出来るかと言えば(残念ながら)そうではありません。
今も怪しい部分は多々ありますが…

2020年の新茶期を過ぎて、色々と気づいたことや感じたことがあったのでまずはお茶刈りについて簡単にまとめてみたいと思います。

日本のお茶刈り(摘採)について

日本茶の場合、ほとんどの農家は機械摘みです。

…機械摘み、と言われて頭に浮かぶだけでも十分お茶を知っている人ではないでしょうか。
茶を摘むことを「摘採(てきさい)」と言います。

「機械摘み」と言っても、大きく分けて二種類あります。

可搬型機械摘み(二人用茶摘機)

②乗用型機械摘み

他にもレール式や自走式等あるのですが、今回は大きく上記2つに分けてメリットデメリットを見てみましょう。

①可搬型機械(二人用茶摘機)摘みとは?


▼参考:落合刃物工業株式会社HP

両側を人が持ち、後ろの部分に大きな袋をつけます。

本体の手前にギザギザの葉が付いているのが分かると思いますが、ここで新芽を切り、モーターで起こした風によって後ろの袋に切った新芽を送っていきます。

…という説明でも分かりづらいので、動画を探しました。(音注意!)

お分かりいただけますでしょうか…。
今は動画があってありがたいですね。

筆者も様々な農家がSNSで動画をあげているのを見て、「こんな機械もあるんだなぁ」や「持ち方がちょっと違う」などを学んでいます。
今年は特にSNSにアップしてくれている農家が多い気がしています。気のせい?

②乗用型機械摘みとは?

▼参考:落合刃物工業株式会社HP

こちらは両側にキャタピラが付いていますが、その間に茶刈機が付いています。(シルバーの部分)

そこで刈った茶葉を後ろのコンテナに積み込んでいくものになります。

かなり大型です。

こちら非常に分かりやすいです。

一人が茶刈機を運転し、ガーーーーっと刈り取り。
もう一人はコンテナから出した茶葉をトラックで工場に運ぶ。

しかも可搬型機械(二人用茶摘機)摘みに比べて一気にたくさんの量が収穫できることが分かると思います。

刈られた後も綺麗ですね。

※ちなみに、コンテナではなく袋をつけて収穫を行うタイプもあります。
今回は可搬型と比較しやすいようにコンテナのものを採用しました。



可搬型機械(二人用茶摘機)摘みと乗用型機械摘みのメリットデメリット

★可搬型機械(二人用茶摘機)摘み★

【メリット】
・小回りが利く
・微調整がしやすい
・山間地(急傾斜)でも刈れる

【デメリット】
・人手がいる
・収量が限られる

★乗用型機械摘み★

【メリット】
・大量に収穫が可能
・人手が少なくて済む

【デメリット】
・初期費用(維持費等)がかかる
・平地でなければ使用できない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

他にも細かい部分はたくさんあるのではないかと思いますが、大きい部分をピックアップして比較しました。
とはいえ、乗用型機械を使用したことないので筆者には細かいところは分かりかねます。。

可搬型機械(二人用茶摘機)摘みの場合は山間地(静岡の山の方など)ではよく見かけますし、乗用型機械摘みは平地(鹿児島など)でよく使われています。

傾斜が多いような場所ではどうしても可搬型機械(二人用茶摘機)を使わざるを得ず、効率が上がらないというのが現状です。

乗用型機械摘みは機械を購入するのにかなりの費用がかかると思いますが、茶畑の仕立て方も乗用に合わせてしまえば毎年安定した収穫ができて、しかも工場への搬送時間も短くなる傾向にあり、新鮮な状態で製茶に進めるため「より良いお茶」を作れると考えられます。

山間地ではあえて可搬型機械(二人用茶摘機)も使用せず、人の手で摘むことによりプレミアム感を持たせて販売しているようなところもあります。

※絶対、という訳ではありませんが機械で摘むよりも人の手で摘む方が茶葉の状態は良いと言われています。
機械の場合はどうしても摘む葉の位置にバラつきが出てしまいますが、人が摘むと同じ大きさで摘めるので良質になりやすいようです。
▼参照記事:煎茶伝統の手揉み茶が危機?手揉み茶とは?皇室献上茶とは?

時々聞く「ハサミ」って何?

こちらは茶業界用語なのではないかと思います。

筆者も最初聞いたとき「ハサミ?」となりました。。

機械刈りのことを通称「ハサミ」と言います。

「やぶきたのハサミです」=「やぶきたという品種を機械で摘採しました」
という意味です。

筆者が知っている限りでは可搬型機械(二人用茶摘機)摘みを「ハサミ」ということが多いように思います。(乗用の場合も言うのかな…?どなたか教えてください。)

農家に話を聞くときに時々出てくる場合があるので、覚えておくと便利です。
試験に出ます(笑)

ちなみに、本当に「茶ばさみ」というものもあります。

一人で茶摘みをすることが多い筆者はこちらが非常に欲しいです。

使ってみたことがないので詳細は分からないのですが、かなり収量が上がると思いますので欲しい…!

一人用茶摘機もあるのですが、そちらよりもレトロな感じで茶ばさみ欲しいです。(訴え)

結び


そもそも上記写真のように茶を仕立てているのは機械で刈り取るのに都合が良いためです。

手摘みで良ければ、「自然仕立て」という形で畝にせず、自然に伸ばして育てていきます。
▼参照記事:煎茶伝統の手揉み茶が危機?手揉み茶とは?皇室献上茶とは?
▼参照記事:旅の思い出2019年5月-京都府茶業研究所①(玉露の本ず栽培)-

茶農家は少しでも効率よく、収量が取れるように年間通して茶畑を管理しているのです。

そのためには機械で刈り取る際に一斉に新芽が伸びるように、茶期以外の管理や品種選び等が大事になってくる訳で、結局「茶農家スゲー」ってことです。(雑)

筆者は見習い(兼業)茶農家ですが、専業茶農家は本当にすごいです。

ただ、見習いだからこそ、「知らない人」の気持ちがよーくわかるのです。
筆者も知らないことがまだまだ多く、常に学びです。

「茶を知らない人」にいかに分かりやすく伝えていくか。

これは多くの茶業関係者の悩みでもありますので、筆者もできるだけ平易に伝えられるように努力していきたいと思います。

少しずつ新茶も届いてきました。
農家と自然に感謝しつつ、美味しくいただいていきたいと思います。(^^)/



製茶をしたい人にお勧めの本「茶の科学」「茶の絵本」

新茶のシーズンを迎え、SNS上でも萌黄色の茶畑の写真が毎日見ることが出来ますね。

茶畑になかなか行けない場所でカフェをやっていた頃は本当にこの時期のSNSは見るのが幸せである反面、行けないことへのもどかしさで辛かったというのが本音です。笑
しかも丁度この時期が一番の繁忙期だったりもするものでもどかしいこと限りなし。

兼業農家になった今は毎日萌黄色の中で過ごせることが幸せでなりません。
とはいえ、ただいま真っただ中ですので記事が書けずにおります。←言い訳

今年は新型コロナウイルスの影響で茶摘みさんを募集できなかったり、茶摘み(製茶)体験会を中止せざるを得なかったりで製茶が出来ない、というお茶好きさんも多いかと思います。

そんな時はお茶を作ることを復習(予習)してみると良いかと思います。



製茶初心者の方におススメの入門本

「お茶ってどうやって作られているんだろう?」
「生葉を摘んでみたけどどうしたらよいかわからない」
「製茶をしてみたい!」

というように製茶というものがよくわからない方には前回の記事でもご紹介していますが、こちらの本がとにかくおススメ。

まずは何かを作ってみるために、家にあるものを使用して製茶の仕方をご紹介しています。


▼詳細記事
製茶を始める前に。「茶の絵本」がおススメ!
▼参考記事
茶を作る2020‐出始めの新芽で作る釜炒り茶‐
茶を作る2020②‐出始めの新芽で作る紅茶‐

絵本と言いますが、侮るなかれ。内容はプロフェッショナル!

製茶をしたいという方は、これは本当に持っていた方が良いです。(断言)
筆者はお茶教室の資料を作る際などにも参考させていただいています。



製茶をしたことがある方には改めて基本を学ぶこちらの本を

昔、茶畑になかなか行けないところに住んでいた筆者が、定期的に製茶を行っている方に

「製茶が出来ないところにいますが、製茶をいつかしたいと思っています。その時に何か参考になる本はありますか?」

と尋ねた際、真っ先にこの本を紹介していただきました。

初版は1992年となっており、少々古い本ではありますが今現在もバイブルとして大活躍してくれています。

例えば、紅茶についての項を一部抜粋します。

「純オーソドックス製法では、自然萎凋であった。
これは風通しの良い萎凋室の萎凋棚に茶生葉をうすく並べて16~18時間静置する。
この間に若いリンゴのような爽やかな佳香が出てくる。この香りが出た頃を萎凋の終わりとする。
烏龍茶の萎凋のように揺青はしない。」


「CTC茶では青葉アルデヒドが主成分で、花香成分に乏しいが、オーソドックス茶ではリナロール、ゲラニオール、フェニルエチルアルコールなどの花香成分が種々バランスよく含まれている。」

等々。

文系の筆者にとって、最初この本を手に入れた時は開いた途端に何度も寝てしまうようなことが続いたのですが、製茶を定期的に行うようになると改めて勉強になることばかり書かれています。

気づくとスムーズに読めるようになっている自分の成長を感じます。←言ってしまった!!!偉そう!!!スミマセン…!!

お茶を科学したい方、是非是非手に入れてみてください!

結び






エピガロカテキンガレート、ヘキセノール、配糖体の加水分解…。

最初は本当に頭が痛くなるばかりでした…。
本には一言ずつ辞書をひいては書き込みをしていた記録が見られます。(苦笑)

趣味としても非常に面白いのですが、兼業農家としては当然美味しいお茶を作りたい訳でして、作るためにはチャという植物について知る必要があると思っています。

そして、チャという植物に限らず、土のこと、虫のこと、肥料のこと、農家をするということ、様々なことを学んでいきたいと思います。

あいにく、知識も経験も追い付いていないのが現状ではありますが、畑で気づいたこと、知ったことを記録し、本を開いて知識として定着させ、また応用できるようにしていければいいなぁと思うばかりです。

今年の新茶期が終わったら、今年学んだことや感じたことを踏まえて改めて勉強を進めていきたいと思います。

様々なことを学ぶ必要があると思うと、人生は短い…!

こちらのブログで茶に興味を持ってくださる方が増えるように、何か少しでも提供できるものがあるように細々ととでも頑張ります。(謎の決意)

他にもお勧めの本があるので、落ち着きましたらご紹介したいと思います。

茶を作る2020②‐出始めの新芽で作る紅茶‐

前回釜炒り茶を作った訳ですが、同時進行で紅茶も数ロット作っています。
▼参照記事:茶を作る2020‐出始めの新芽で作る釜炒り茶‐

紅茶は夏に日光をたっぷり浴びた葉で作ると美味しいと昔はよく言われていましたが今もそうなのか正直よく分かりません。。
実際、春摘みで作る紅茶、秋摘みで作る紅茶もたくさん出てきているからです。

少なくともうちの畑で作る場合は一番茶を使用した方が美味しく出来るように思います。(相方談)

という訳で紅茶作りをさらりとご紹介します。



紅茶の製法について

紅茶の作り方は、以前にも何度か簡単にご紹介していますが

萎凋⇒揉捻⇒発酵(酸化)⇒乾燥

となります。
▼参照記事:紅茶の選び方②~シングルオリジン?orブレンド?~

【萎凋(いちょう)】


写真は日干萎凋と言って、日の光に当てて水分を飛ばします。
静置萎凋というものもあり、涼しいところで一昼夜置く方法等様々です。

茶葉を萎らせて水分を抜き揉みやすくする工程です。
また、萎らせることにより水分が抜けて、香りの元が形成されます。

香りが良い紅茶には品種の違いもありますが、この萎凋工程が非常に大事だと言われています。
(ただ、今のところまだすべて解明されていない部分ですが…)

【揉捻(じゅうねん)】


読んで字のごとく、茶葉を揉む工程です。

揉むことにより、茶葉の中にある細胞を破壊して酸化酵素であるポリフェノールオキシダーゼによって<ポリフェノール(カテキンなど)>と〈酸素〉が結合して発酵(酸化)が始まります。
また、茶葉の中にある水分も外に出してやります。

写真は布にくるんで揉んでいましたが、ザルの上でそのまま揉む時もありますし、もちろん専業農家さんは揉捻機という機械で揉んでいます。

揉捻機は煎茶でも使用していますが、紅茶とは揉むことの目的が違うため作りが若干違います。
▼参照記事:旅の思い出2019年5月‐京都府茶業研究所②(製茶機械)‐



【発酵(酸化)】


良い写真が見つかりませんでしたが、揉捻の時の緑の葉から茶色くなっているのが分かるでしょうか。
この茶色になる変化はりんごを切ったときに断面が茶色になるのと同じものです。(酵素的褐変反応と言うそうです)

揉捻した際に壊した細胞から出た、ポリフェノールオキシダーゼによってポリフェノールの酸化が始まった状態です。

煎茶(蒸し製)の場合、ポリフェノールオキシダーゼの働きを最初に止めるため高温で蒸します。(最初に酵素を殺してしまうようなイメージです)
りんごの場合もポリフェノールオキシダーゼ(酵素)の働きを止めるため塩水につけたりしますよね。

【乾燥】


発酵(酸化)を十分に進めたところで、乾燥に入ります。

通常は高い温度で残ったポリフェノールオキシダーゼの働きを止め、その後じっくりと乾燥させます。

茶葉内の水分を5%程度まで減らし、保存が可能な状態にします。
水分が残っていると後から酸味が出てきたり、変なにおいになってしまったりします。

結び

今回はひとまず手作り紅茶の作り方をざっくりとご紹介しました。

新芽を摘んでは、様々な茶を作り、自身の中で製法や化学変化を見て学ぶ日々です。

作り方は生産者によっても、品種によっても様々で、筆者自身も手探りでやっている最中です。

ただ、様々な変化を自分の手の中で感じることができるのは非常に面白いです。
本やインターネットを見て頭の中で想像している限りでは全く分かり得ないことがふと理解出来たりします。

「百聞は一見に如かず」

を常に体験中です。

美味しい茶を作れるようになるまで日々精進です。←何を目指しているのか…w