最近増えている野草茶について~エント茶とイタドリ茶~

エント茶とイタドリ茶 茶外茶

ご無沙汰過ぎてもはや前回の記事を覚えていないレベルです。
え、もう2023年終わりますね。。

かなり前に北海道へ行き、ウポポイ初上陸しました。
他にも色々行ったんですけど、もうすっかりどこか彼方へ…記憶が…。

野草茶、最近人気でよく耳にします。
そのあたりのことを含めて筆者の考えなどなどをまとめてみましたので気軽にご覧ください。

ウポポイとは?

ウポポイ正面
まずウポポイについて少々簡単にご紹介を。

■施設名称:ウポポイ(民族共生象徴空間)
■住所:〒059-0902 北海道白老郡白老町若草町2丁目3
■HP:https://ainu-upopoy.jp/

筆者、学生時代の修学旅行でウポポイの前身である「白老ポロトコタン」(名前違ったらごめんなさい)に行きました。

うっかりみんなで伝統楽器ムックリを購入して、びよんびよんとバスの中で鳴らしまくってすぐに糸が切れた記憶が。←不要な情報
ムックリはこちら。

アイヌ民族については漫画でも描かれたこともあり、関心を持つ人が増えているようですね。


筆者もアニメは少しだけ見ました。←再び不要な情報

アイヌ民族は、自然と共に暮らし、自然からの恵みを慎み深く頂く生き方をしています。
彼らは自然を尊敬し、謙虚に生きることを重視しています。また、狩猟や漁業を基盤とし、捕った獲物の肉は食料に、皮は毛皮として使用したり物々交換に使用していました。自然との共生を重視し、必要以上には決して取らず、他の生き物のために残し、また来年のために置いておくという考え方を持っています。
これらの生き方は、アイヌ民族が長い歴史を通じて培ってきた智慧の表れです。
▼引用:BingAIチャット

ウポポイではアイヌ民族の舞踊や楽器の演奏、昔の住居や道具などの展示などもされており、様々な角度からアイヌ民族を知ることができます。

ウポポイで出会ったアイヌ民族の飲用茶

どこへ行っても茶への愛は止まらない筆者ですが、「アイヌの皆さんはどんなお茶を飲んでいたのだろう」というのことが気になりました。

園内の植物が多く生えていたところで相方とじっくり観察をしていたところ、アイヌの女性に声を掛けられました。
アイヌの方々が食べる植物や薬として飲む植物などを教えていただいた時、

「アイヌの皆さんはお茶は飲まないんですか?」
と尋ねると、

「私はこれを飲みます。」
と、ある植物を抜いて見せてくださいました。
ナギナタコウジュ
ナギナタコウジュというそうです。
筆者はさほど植物に詳しくないので存じ上げませんでしたが、色