「茶の湯の歴史を問い直す」シンポジウムに参加して④

茶の湯の歴史を問い直す2 日本茶

ついにラストの④。
あと、やっぱり暑いです。←

前回までの内容はこちら
▼参照:「茶の湯の歴史を問い直す」シンポジウムに参加して①
▼参照:「茶の湯の歴史を問い直す」シンポジウムに参加して②
▼参照:「茶の湯の歴史を問い直す」シンポジウムに参加して③

最後の講演になります。

最近ようやく茶の湯の茶道具に興味が湧いてきた筆者はちょこちょこ某オークションサイトなどを除いたりしています。
買わないけど。買えないけど。

第4講「茶の湯を創った青磁茶碗ー馬蝗袢は本当に東山御物か?ー」

講師は東京国立博物館主任研究員の三笠景子先生。

茶碗の話をする際に必ず出てくる「総じて唐茶椀捨りたるなり」という言葉がある。(山上宗二記)

この記述の後に「今は高麗(朝鮮半島)茶碗や楽(日本)茶碗が人気だ」とある。
※「山上宗二記」が書かれたのは丁度「「茶の湯の歴史を問い直す」シンポジウムに参加して②」で梯弘人先生が話していた秀吉が各地の大名を集めていた時代。

東京国立博物館では昭和55年(1980年)「茶の美術」という展覧会を開いた。

その展覧会では茶の湯の道具を総合的に美術史の遡上に上げた画期的なイベントだったとされている。
企画担当された林屋晴三先生は美意識の変化を「唐物数奇から侘数寄へ」(漢字あってる?)と明快に説明。

今日では足利将軍家の唐物数寄の喫茶から竹野紹鴎を経て、侘茶を極めた最たる人物として千利休へと続くとされている。

茶碗について

唐物茶碗とは?
唐物茶碗と聞くと多くの方は天目茶碗を思い浮かべるのではないか。
しかしそれらは大きく分けて「天目」とくくられていて、唐茶碗とは呼ばれていなかった。

では何が唐茶碗?
平安鎌倉の頃から日本人が多く受け入れてきた青磁のことを指すのではないか。

青磁茶碗といえば??
人形手や珠光青磁というものも青磁と言われる焼き物に入る。

…青磁は主流ではないような気がする。
やっぱり天目ではないか??

その最たるものが馬蝗絆であろう。

青磁茶碗というのは茶会記が記されるようになる頃から茶会で頻繁に用いられている。
天目も高麗茶碗も青磁茶碗も自由な使い方で用いられている。

天正年間、その後も茶会の記録を見ると青磁の茶碗は使用されている。

山上宗二が言っている「総じて唐茶椀捨りたるなり」というのはある一面のみの見方なのでは?
こういった傾向はあったのかも知れないが、青磁茶碗を使っているケースも多々見られる。

侘数寄は千利休だけに象徴させてはいけない
様々な茶人がいて、色々な美意識があったはず

と書かれており、ここがポイントなのではないか。

続きは本を(笑)←先生が実際に仰っていたのです!という訳でリンクをば…

馬蝗袢について

馬こうはん
馬蝗袢は実は茶の湯の席で使われたことがない?謎多き茶碗。

・平重盛(平安時代)所持というのは本当?
・足利義政が中国に送って直したというのは本当?
・馬蝗袢の「蝗」はイナゴのこと。最近はヒルだと言われているがどちらにせよ口をつける茶碗にふさわしい??
・薄くて軽いため湯を注いだ時は熱くて飲めないのでは?

「青磁輪花(りんか)茶碗