アールグレイとベルガモット

ベルガモット2 紅茶


昔から気にはなっていたものの、自分がある程度納得するまで調べ切れていないことが多くあります。

うるさいと思われそうですが、筆者は以前お茶カフェを営んでおりました。
メインは紅茶です。

にも拘わらず、残念ながら海外の紅茶のことを知らないのです。

現地に度々足を運べるほどの時間と財産がなく(涙)、今までも悔しい思いばかりでした。
今はありがたいことにオンラインで海外の資料を読んだり見たりすることも出来るようになってきているので、少しずつですが自分の知識をリニューアルしています。

尻すぼみする可能性ありですが、昔から自分の中で解決できてない課題を。

「アールグレイってなんですか???」

アールグレイの定義とは?

前にもアールグレイについては触れています。
▼参考:紅茶の選び方①-アールグレイなどのフレーバードティについて-

ChatGPTに「アールグレイの定義を教えて」と聞くと以下の答えが返ってきました。

アールグレイ(Earl Grey)は、紅茶の一種であり、香り高い柑橘系の風味が特徴的なブレンドティーです。アールグレイは、紅茶の葉にベルガモットオイルと呼ばれる柑橘系のフレーバーを加えることで作られます。

アールグレイは、19世紀にイギリスの首相であったチャールズ・グレイ伯爵(Charles Grey, 2nd Earl Grey)にちなんで名付けられました。彼は、イギリスと中国との間で行われた茶葉貿易の中でアールグレイのレシピを持ち帰り、その後イギリスで人気を博しました。

アールグレイは一般的に紅茶の葉を使用して作られますが、近年では緑茶や白茶をベースにしたバリエーションも存在します。ただし、アールグレイの特徴的な風味は、ベルガモットオイルの配合によるものであり、この柑橘系の香りがアールグレイの主な特徴となっています。

アールグレイは、甘さを加えたり、レモンやミルクを加えたりして飲むことが一般的です。また、アールグレイティーバッグや茶葉が市販されており、手軽に楽しむことができます。

アールグレイは世界中で愛される紅茶の一種であり、その独特な風味と歴史的な背景から、多くの人々に親しまれています。

念のため、BingAIチャットにも同じ質問を。

「アールグレイ」は、アール(伯爵)グレイ(固有名詞)で「グレイ伯爵」という意味なのです。
アールグレイは、ベルガモットで柑橘系の香りをつけた紅茶で、フレーバーティーの一種です。
アールグレイの販売会社は、トワイニング社、フォートナム&メイソン社がよく知られています。

追加でWikipediaも。

アールグレイ(英: Earl Grey)とは、ベルガモットで柑橘系の香りをつけた紅茶で、フレーバーティーの一種。
原料は中国茶のキーマン茶(祁門茶)が使われることが多いが、茶葉のブレンドは特に規定がないため、セイロン茶や、中国茶とセイロン茶のブレンド、稀にダージリンなども用いられる。
“Earl Grey” とは「グレイ伯爵」の意であり、第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイ(1830年代のイギリス首相)に由来すると言われている。

アールグレイの販売会社は、トワイニング社、フォートナム&メイソン社がよく知られている。

共通しているのは
1,ベルガモットで柑橘系の香りをつけているフレーバードティ
2,グレイ伯爵が関与していること
です。

もちろん筆者も何も否定はしません。
そうでしょうね、くらい。

ただ、アールグレイの発祥はいまだ不明です。
ChatGPTに英語で同じ質問をすると少し違った答えが返ってきました。

(前略)The precise origin of Earl Grey tea is uncertain, and there are various theories about its creation. One popular story suggests that a Chinese tea master blended black tea with bergamot oil to offset the lime flavor in the water at Howick Hall, the residence of the Grey family. Another account attributes the creation of Earl Grey tea to a Chinese mandarin who developed the blend as a gift to Charles Grey during his diplomatic visit to China.(後略)

人気のある話はグレイ伯爵が中国の官僚からアールグレイをプレゼントされて、住まいのホウィックホールの硬度の高い水の味が気になっていたグレイ伯爵の妻(レディ・グレイ)が中国茶のプロに頼んでブレンドしてもらったとかなんとか。(訳は大分怪しいですが…)

グレイ伯爵ではなく、妻が関与している…!