茶の慣行栽培と有機栽培について②~有機栽培=安心安全か?~

新芽綺麗 茶を育てる

前回の投稿でざっくり有機栽培や慣行栽培についてまとめてみました。
▼参照:茶の慣行栽培と有機栽培について①~農薬や化成肥料などなど~

今回はズバリ、「茶の有機栽培=安心安全?」について触れていきたいと思います。

なんとなく心理的に有機栽培のものは安心安全、と思ってしまうものです。
筆者自身も実はそうでした。

しかし、「有機栽培=安心安全」と安易に紐づけして良いのでしょうか。

茶(食)の安心安全とは?
考えてみたいと思います。

あくまでも筆者の考えるところであることをご了承ください。
ご意見等ありましたら是非ご連絡ください。

「安全」と言う言葉について

「食の安全と言う言葉の定義を教えて」とChatGPTに聞いたところ以下の回答を得ました。

食の安全とは、人が食品を摂取する際に健康への悪影響を引き起こす可能性がないことを保証することを指します。つまり、安全な食品は、人体に有害な物質が含まれていないだけでなく、衛生的に生産され、保存され、調理されていることが求められます。食の安全は、食品生産から流通、販売、調理、消費に至るまでの一連のプロセスにおいて確保される必要があります。また、食品の品質や栄養価についても考慮する必要があります。食の安全は、食品衛生や衛生管理の観点から、法律や規制によっても保護されています。

「茶」も口に入るという意味では「食品」ですから、食の安全についてChatGPTに聞いてみた訳ですが、”人体に有害な物質が含まれていない””衛生的に生産され、保存され、調理されている”ことが「=安全」だと言えるかと思います。

ではお茶に限定した場合はどういう回答になるでしょう。

ズバリ、「有機栽培の茶は安全か?」とChatGPTに聞いてみました。

有機栽培の茶葉は一般的に安全と考えられています。有機栽培は、化学的な肥料や農薬を使用せずに栽培された作物であり、作物が健康であることを確保するために、自然な肥料や防虫剤、除草剤が使用されます。このため、有機栽培の茶葉には、有害な化学物質の残留物が含まれる可能性が低くなります。

ただし、有機栽培の茶葉にも、適切な管理が行われない場合には安全性に問題がある可能性があります。また、茶葉が栽培される土壌や水源が汚染されている場合には、有機栽培であっても安全性に問題がある可能性があります。

そのため、茶葉を選ぶ際には、信頼できる生産者から購入することや、生産者の栽培方法や品質管理について調べることが重要です。また、茶葉の製造過程においても、適切な衛生管理が行われているかどうかを確認することが重要です。

【補足】自然な肥料や防虫剤、除草剤とは?
こちらはBingAIチャットに聞いてみました。
有機栽培で使用してよい農薬や化学肥料は、日本では有機農業推進法によって「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと並びに遺伝子組み換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法と用いて行われる農業」です。つまり、有機栽培で使用してよい農薬や化学肥料は、化学的に合成されたものを使用しないものです。

ここで改めて「有機栽培茶が安全」であると言い切るには、
1,有機農業推進法に基づいた栽培をしているか
2,汚染されていない土壌や水源で栽培されているか
3,きちんとした衛生管理がされているか

がポイントかと思われます。

有機栽培茶は安全であり、安心でもあるのか?

ここで少しややこしいことを書いてみます。
今まで「有機栽培茶は安全か」についてまとめてきました。

ここからは「有機栽培茶は安心か」についてです。

上記でまとめた通り、栽培面、衛生面を合わせて国が定める有機農業推進法に基づいて有機栽培を行っていれば、「有機栽培茶=安全」と言えるのではないかと思います。

しかしながら、近くのスーパーの片隅や小さなお店の店頭には”有機栽培認定されていない(JASマークがついていない)”けれど「安心安全な」「体や自然に優しい」「無農薬」という謳い文句がついた野菜やお茶を見かけませんか?

ネット検索してもたくさん出てきますね。

たくさんの”有機栽培認定されていない(JASマークがついていない)”ものたちについてはどう考えますか?

少し筆者のことを例に出します。

◎無農薬、無化学肥料で茶を栽培している。
◎畑はいくつかあるが、ほとんどは他の畑から離れており人家が隣にあるところもある。(=農薬の飛散はほぼない)
◎(きちんと調べた訳ではないため仮定だが)人が住んでいる地域ということで水の汚染もない。
◎小さい工場はいつも綺麗に掃除をし、茶を製造する時以外には使わないよう衛生管理に気を配っている。
◎茶を詰めるのも手袋をし、マスクや帽子を被って密閉された場所で行っている。
◎袋には乾燥材や脱酸素剤などを入れて出来る限り茶葉が良い状態を保てるようにしている。