茶を育てるー種から育てる編②ー

茶を育てる

一番茶期前に茶の種を植えた話を書きました。
▼参照記事:茶を育てる‐種から育てる編-

前述の記事は書くのが遅かったのですが、3月に種を植えています。

さて、その後どうなったのでしょうか。
(最近ゆるい内容のものばっかりですね…ハハハ)

土壌診断をしてみた

色々事情があり種を植えてからになってしまったのですが、簡易的な土壌診断を行いました。


新規の畑の土壌診断を別途依頼して行い、少々心配な事項を発見。

という訳で、こちらも簡易的に土壌診断を行ってみました。

茶は弱酸性の土を好みます。
pH4-5くらいが良いと言われています。

こちらの畑は若干pHが高く6くらい。
そのため、土壌改良で硫黄を撒くことにしました。

温泉の香りの、あの硫黄です。

そのため、


こんな装備です。(;^_^A

硫黄が人体にどう影響するのかはよく分かりませんが、目とか鼻に入ってしまうのが嫌なので、まるで「コロナファイター」のような出で立ちになってしまいました。。←丁度自粛期間中でしたので、近所の方には不審に思われていたかも…

これが4月頭くらいの話です。
畝間に硫黄を撒いて、あとは雨で土に入っていくのを待ちました。

6月頭にようやく…

畑に足を運ぶ度に見に行っては、「(芽が)まだ出ていない…」とがっかりしていました。

以前自身が3月くらいに種を植えてプランターで育てていた際、GW明けには確かに芽を出していたはずなのです。

ちょっと遅い気がする…。

「もしや、カラスか何かが種を掘り返してしまったのでは…?」
等の不安を常に抱えつつ、時折足を運んでは草をむしったりしていました。

今回も周囲の草払い(草刈り)を。

その後、穴から飛び出ている草を抜いていたところ、いくつか変化が!