【2020/3/27現在】新型コロナウイルスによる2020年の茶の状況について

茶のニュース

  1. Home
  2. /
  3. 茶のニュース
  4. /
  5. 【2020/3/27現在】新型コロナウイルスによる2020年の茶の状況について

現在(2020/3/27)、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、2020年東京オリンピックは延期、首都近郊での外出自粛要請が出ました。

「人間とウイルスの戦争だ」とフランスの首相が仰っていましたが、まさにその状態になりつつあります。

そんな中、茶のシーズンは刻一刻と近づいており茶業界は戦々恐々としています。

今の段階で筆者が調べられた限りをまとめたいと思っています。
※これらに関しては出来る限り更新をしていきたいと思っています。



インドの状況

インドは2020/3/25から21日間のロックダウンに入りました。
今のところは500人程度の感染者、10名程度の死亡者となっていますが、13億人もの人口を抱えていますので今後感染が拡大する可能性も十分あり得ます。

インドと言えばダージリンが真っ先に頭に浮かぶ方が多いかと思います。

活動が全くのゼロなのかどうかまでは分かりませんが茶園も閉鎖という状況になっているようです。

現在まさにダージリンファーストフラッシュの時期に入っていますが摘採は行われていません。

ロックダウン前に低地で摘採され製造されたものは一部あり、輸出されるのを待っているような状態のようです。
バイヤーの出入りも出来ませんし、オークションも閉鎖されていますので、ロックダウンが解除された後から動き出すことになるのではないかと考えられます。

INDIAN TEA ASSOCIATIONによれば2020/4/3に予定していたインド茶取引日を延期し、今後の日程については未定となっています。

ダージリンファーストフラッシュの最大輸出国はドイツと日本ですが、そのどちらも輸入が減るのではないかという不安はありつつ、ファーストフラッシュの安定した生産や味のおいしさを知っているバイヤーは問題なく購入するのではないかという記事もありました。

ダージリンファーストフラッシュファンの方はたとえ多少品質が落ちたり、価格が上がったりしたとしても必ず購入するでしょうね。ええ、知ってます。お茶好きってそんな生き物です。

アッサムも3000エーカーの茶畑を有するRungajaun Tea Estateが閉鎖になったとのこと。

▼参照記事:https://worldteanews.com/editors-choice/indian-tea-industry-begins-first-flush-harvest-amidst-export-concerns

ダージリンに近い位置にあるネパールもロックダウンに入っています。
2020/3/24~31までとなっています。

個人的にお世話になっている茶園も閉鎖となり、オーナーに連絡をしたところ「ネパールでの被害はそれほど出ていないけれど、予防策」と仰っていました。



スリランカの状況