ローソンのMACHIcaféのフルーツインティがようやく飲めた!再販後




2018年7月3日から限定発売で全国のローソンのMACHIcaféで販売されたリプトンの「フルーツインティ」はわずか2日で予定販売数を出荷。

二週間で販売予定だったのを大幅に前倒しで販売終了してしまいました。

筆者は飲みそこなった一人・・・。

7月31日の再販を待ち望んでいました。
7月31日に20万個、8月28日に30万個が出荷されるということなので、早めに飲まなければ!と7月31日の午後に行ったら、すでに売り切れ…。

8月1日の朝イチに自宅近くのローソンでようやく出会えました!!!

ちなみにリプトンのフルーツインティについて(他の内容もあります)書いてありますので、ご覧ください。こちら

 

 

ようやくの出会い!

フルーツたっぷり。

ローソンの店員さんの様子をチラ見したところ、凍ってパッケージングされた容器を出してきて、ビニールの蓋を開け、紅茶を注いでいたようです。

「中身がまだ凍っておりますので、少しずつ溶かしながら召し上がってください」

とのこと。

確かに凍っていて、ストローが折れ曲がりました。。

お姉さんがスプーンもつけてくれたのですが、何せ通勤電車の中でしたのでシャーベット状態で食べる訳にもいかず、ゆっくりと溶けるのを待ちながら飲みました。

フルーツインティは東京と大阪の店舗でも水出し紅茶を使用しているので、紅茶の渋みはなく、あまりアールグレイの香りは感じなかったような…。

最初のうちはストローから入ってくるのはアイスティだけなのですが、じわじわとシロップ漬けされたフルーツの酸味と甘みが出てきて、時間が経つほど美味しいです。

まだシャーベット状です。

ダイスイチゴとパインとレモンが入っています。
二回ほどストローにいちごが入り込み、吸えなくなるという事態に陥りました。笑

自分でフルーツティを作るときは飲んだ後のフルーツはあまりおいしくないので食べないのですが、こちらはスプーンですくって食べました。
フルーツに甘味をつけているので、美味しいです。

350円を高いとみるか安いとみるかは人それぞれですが、店舗で購入すると600円ですので、高くはないと筆者は思います。(色々と違いますが)

しかも、東京や大阪へすぐに行けない地方に住んでいる人たちにとってはありがたいですよね。

筆者もお茶カフェをやっていた頃、アイスフルーツティは夏は大人気でした。
毎日フルーツが足りなくなって買いに走った覚えがあります。笑

また、違う記事で自宅での作り方などもご紹介していきたいと思います。

 

そういえば世界的にプラスチックストローが廃止の動きが出ています。
こういったテイクアウトカップもいずれ日本でも廃止の方向になるのでしょうか。
プラスチックストローの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください