「21世紀の紅茶を考える」熊崎俊太郎先生の講演会メモと参加して考えたこと

紅茶飲み比べ 紅茶


先日「NPO法人 現代喫茶人の会 主催・シンポジウム<第15回もてなし講座>」の「21世紀の紅茶を考える」という講演会に参加してきました。

講師はティーブレンダーとして名高い熊崎俊太郎先生。

一昔前は「紅茶王子」と言われ、今も紅茶業界で光り輝く存在。
ご自身で「元祖」と仰っていましたが。(今は他にも紅茶王子がいらっしゃいます。)

彼のお作りになった紅茶はどれも美味しく筆者はただのファンです。
熊崎先生の紅茶はフィーユ・ブルーで購入できます。

今回の講演についてまとめていきます。

「21世紀の紅茶を考える」について

今回の場所は大妻女子大学。
大妻学院
大学の講堂に入るなんて、かれこれ…何年振りでしょうか。
自分に娘がいたら授業参観のような気分です。

主催は「NPO法人 現代喫茶人の会」。
非常に興味深い会を常に行っており、筆者もちょくちょく参加させていただいています。

1回のセミナーが一般で2000円程度ですので、お茶に興味ある方は是非チェックしてください。
丁度コロナウィルスが問題となっており、こちらの講演会の少し後には国からイベントの開催を中止や延期するように勧告が出ました。

イベント主催者の方たちもかなり注意を行っていて、マスクの着用やアルコール、手洗いを勧めており本来ティータイムで食べる予定だったお菓子も持ち帰りということになりました。残念…。

とはいえ、何名でしょうか、60名70名ほどの人数が集まっていたように思います。

王子
熊崎俊太郎先生登壇。
王子のお顔はモザイク越しにご想像ください。

ティーブレンダーについてはこちらの記事も参照いただければ幸いです。

短期大学でも教鞭をとっているということで、実際の若い方たちの紅茶の捉え方なども所々で出てきます。

「21世紀の紅茶を考える」講演会メモ

まず紙コップで3種類の紅茶が配られ、少しずつ味を感じながら試飲。

①キームン紅茶=19世紀的紅茶