「第8回 伊藤園 ウェルネスフォーラム~夏の緑茶摂取の有効性~」を拝聴して

冷茶 レビュー

大分遅いレビューになるのですが、ようやくYouTubeでアーカイブを拝聴しました。
「第8回 伊藤園 ウェルネスフォーラム~夏の緑茶摂取の有効性~」

下の方にYouTubeを貼っておきますので、是非ご覧ください。

伊藤園は色々なイベントを開催したり、こういった研究を定期的にフォーラムなどで発表(しかも無料!)してくださるのでありがたいです。
▼参照:2021/4/15「緑茶と健康シンポジウム」に参加して(1)ー緑茶と新型コロナウイルス研究最前線ー
▼参照:2021/4/15「緑茶と健康シンポジウム」に参加して(2)ー緑茶と新型コロナウイルス研究最前線ー
▼参照:伊藤園のキャンペーンがすごい!「真夏の火入れ大作戦」に参加してお茶を満喫!【前編】
▼参照:伊藤園のキャンペーンがすごい!「真夏の火入れ大作戦」に参加してお茶を満喫!【後編】

紫外線についての講演

5月はUVA,UVBは紫外線が一年で一番多い
※とはいえ、12月も三分の一くらいは紫外線が降り注いでいるので注意

紫外線に一番効果があるのは「黒の日傘」
紫外線1
UVBは表皮に影響を与える
UVAは真皮まで影響を与える

SPFはUVBをブロックする強さ
PAはUVAをブロックする強さ

晴れた日の買い物にはSPF5(PA+)程度の数値が低いものを使う

日常の買い物、散歩程度の光老化を避ける目的であればSPFは低いもので良い。
(ちなみに茶畑仕事の場合は恐らくSPF40以上、PA+++のようなものを使用するべきのようです。)

たっぷり塗って均一に塗り、3時間程度で塗り直す

日焼け止めは紫外線吸収剤や散乱剤が入っており、肌に負担をかけるので塗り過ぎないことも必要

緑茶のカテキンが紫外線からの肌ダメージを軽減させる
紫外線2

マウスに紫外線照射直後に緑茶カテキンを塗布したところコラーゲンの破壊が防げることが判明

塗布のみではなく、飲むことでも効果があることが分かった
1ℓの緑茶を12週間摂取すると、しない場合よりも紫外線に対する感受性が低くなる

それはなぜか?
→血清中のエピカテキンが増加し、皮膚血流量が増加
→血中に栄養が行き渡り、ダメージに対する抵抗力も上がる

【結論】緑茶を肌に塗り、飲むことで紫外線対策ができる

熱中症に対する水分補給についての講演

なぜ熱中症が起こるのか?

熱中症1

新生児は8割水でできている
細胞外液、内液は高齢者になると減っていく

毎日どれくらい摂取したらよいのか
摂取量と排泄量が同じになるように体液調整が行われている
例えば脱水しているときは尿量が減って、体液を調整してくれている

最低限飲まなければいけない水量がある
尿量600ml程度は水分が不足していても体の老廃物を排泄するために必要

暑くなると当然汗をかくため水分を摂取しなければいけない