本物の抹茶(仮)と量が多くて価格の安い抹茶。違いはなに?(加筆修正あり)

抹茶と抹茶の粉 日本茶


茶道の世界で用いる抹茶。
ここ数年でしょうか、外国(特にアメリカ)で非常に注目されています。

先日「世界!ニッポン行きたい人応援団」というテレビ番組で、アメリカ人の女性の回がありました。(2018年6月25日放送)

ワシントン大学で日本語を学ぶ20歳の女性なのですがとにかく抹茶が大好き!
その彼女が京都へって茶摘から碾茶作りなどを体験しています。

和食がユネスコの文化遺産に登録されてから、日本茶にも非常に注目が集まっています。
▼関連記事:ユネスコ無形文化遺産に日本茶を!大切な日本の文化を守ろう。

筆者も時折茶産地に行くのですが、外国人の姿を多く見かけるようになりました。

今回の番組のように、アメリカ人女性をも虜にしてしまう抹茶。
案外日本に住んでいる私たちの方が知らないことが多いものです。

スーパーやコンビニに行けば、抹茶のお菓子が溢れかえっています。

でも実はお菓子に使われている抹茶の多くは「本物の抹茶」(仮)ではない、ということをご存知でしょうか。

抹茶の価格はどれくらい?

抹茶というと、多くの方が真っ先に思いつくのは茶道に使われているものですよね。
まさにあの緑色の粉こそが抹茶です。


中でも価格が安く、手頃なものだと以下でしょうか。


とはいえ、なかなかいいお値段に感じますね。

逆に、こういったものもあります。