ハニーブッシュティとは?ノンカフェイン?ルイボスティより飲みやすい?

ハニーブッシュ飲む レビュー


茶マニアの筆者は、新しいお茶があるとついつい購入してしまいます。
「茶」と言っても、今回はノンカフェインの「茶外茶」となります。

ハニーブッシュティ。

どんなお茶なのかを含めてご紹介してきたいと思います。

ハニーブッシュティとは?

ハニーブッシュの花

http://www.gassteas.com/index.htmlより引用

ハニーブッシュティはルイボスティの生産地である南アフリカで育つ植物を原料としています。

ルイボスティは学名「アスパラサス・リネアリス(Aspalathus linearis)」と言い、マメ科の植物です。

ハニーブッシュは学名「サイクロピア(Cyclopia)」という同じくマメ科の植物です。

どちらも南アフリカ産マメ科の灌木黄色い花を咲かせることから混同されることが多いのですが、別の植物です。

「サイクロピア(Cyclopia)」種の中にも様々な品種があり、それぞれ香りや味わいが違うそうです。

アメリカで10年以上前から話題となっていたものの、日本では輸入量が少ないそうで、それほど頻繁に見かけないように思います。

ハニーブッシュティの特徴は?

ルイボスティと同様ノンカフェインです。

また、抗酸化物質を豊富に含み、血糖値を下げる働きがあります。

遥か昔から南アフリカの原住民たちが「母乳の分泌を良くする」「不眠が解消する」「咳止め」などと薬代わりとして利用してきました。

実際にハニーブッシュにはイソフラボン等が含まれており、女性ホルモンと似た働きをするため、女性には特に良い飲み物とされています。

ハニーブッシュティーの味や香りは?

ハニーブッシュパッケージ

今回、こちらのハニーブッシュティをいただきました。

パッケージを開けた途端にハニーというだけあって、香り立つ蜂蜜の香り。
甘い柔らかい香りに期待が高まります。

「サイクロピア(Cyclopia)」の中でも最上級の「インターメディア種」を使用しており、非常に希少価値が高いそうです。

というのも、栽培ではなく野生のものを摘んで、茶にしているためだとか。

ハニーブッシュ裏

ハニーブッシュ側面

パッケージにご提案通り、カップにお湯を入れ、3分。
試してみると、少々味が薄いため、再度蓋をして3分ほど。