製茶をしたい人にお勧めの本「茶の科学」「茶の絵本」

新芽 製茶

新茶のシーズンを迎え、SNS上でも萌黄色の茶畑の写真が毎日見ることが出来ますね。

茶畑になかなか行けない場所でカフェをやっていた頃は本当にこの時期のSNSは見るのが幸せである反面、行けないことへのもどかしさで辛かったというのが本音です。笑
しかも丁度この時期が一番の繁忙期だったりもするものでもどかしいこと限りなし。

兼業農家になった今は毎日萌黄色の中で過ごせることが幸せでなりません。
とはいえ、ただいま真っただ中ですので記事が書けずにおります。←言い訳

今年は新型コロナウイルスの影響で茶摘みさんを募集できなかったり、茶摘み(製茶)体験会を中止せざるを得なかったりで製茶が出来ない、というお茶好きさんも多いかと思います。

そんな時はお茶を作ることを復習(予習)してみると良いかと思います。

製茶初心者の方におススメの入門本

「お茶ってどうやって作られているんだろう?」
「生葉を摘んでみたけどどうしたらよいかわからない」
「製茶をしてみたい!」

というように製茶というものがよくわからない方には前回の記事でもご紹介していますが、こちらの本がとにかくおススメ。

まずは何かを作ってみるために、家にあるものを使用して製茶の仕方をご紹介しています。


▼詳細記事
製茶を始める前に。「茶の絵本」がおススメ!
▼参考記事
茶を作る2020‐出始めの新芽で作る釜炒り茶‐
茶を作る2020②‐出始めの新芽で作る紅茶‐

絵本と言いますが、侮るなかれ。内容はプロフェッショナル!

製茶をしたいという方は、これは本当に持っていた方が良いです。(断言)
筆者はお茶教室の資料を作る際などにも参考させていただいています。

製茶をしたことがある方には改めて基本を学ぶこちらの本を

昔、茶畑になかなか行けないところに住んでいた筆者が、定期的に製茶を行っている方に

「製茶が出来ないところにいますが、製茶をいつかしたいと思っています。その時に何か参考になる本はありますか?」

と尋ねた際、真っ先にこの本を紹介していただきました。