筆者おススメの本⑦ー紅茶と日本茶‐茶産業の日英比較と歴史的背景‐ー

紅茶と日本茶 レビュー


こちらのブログを書くのがあまりにも久しぶり過ぎて、書き方を忘れております。。

更新できずにいた間、主に海外の方から「このブログは最高だ」「○○の記事がとてもよかった」「とても勉強になっている」「次の更新はいつか」というようなありがたいメッセージを多くいただいていました。
ただ同時に迷惑メールも激増中でして、どうしましょ。(;^_^A

この場を借りて御礼申し上げます。
投稿は不規則かつ少な目ですが懲りずにお読みいただければ幸いです。

久しぶりの投稿は本のレビューになります。

専門かつ発行数も少なそうだけど!「紅茶と日本史‐茶産業の日英比較と歴史的背景‐」の概要



筆者は数年前に某オークションで発見して即買いしました。

今では蛍光ペンであちこち線を引き、汚くなってますが大事な本です。

筆者は相松義男氏
大正9年静岡県生まれ。
小樽高商卒業後、三井物産に入社。
日本茶輸出組合参与、全日本紅茶振興会常務理事、産業構造審議会専門委員などの要職を兼務し、日本茶業振興に寄与。

こちらの「紅茶と日本史‐茶産業の日英比較と歴史的背景‐」は昭和60年に出版されています。
消費税の記載とバーコードがない本って今や貴重ですね。

第一部は「イギリス紅茶産業の発展」、二部は「国際市場における紅茶と日本茶」となっています。

相松氏が三井物産で勤めていたところから、和紅茶(国産紅茶)の輸出について詳しく書かれています。

以下、筆者がこの本から特に学びを得たところをご紹介したいと思います。

「三井」と「紅茶」の長い歴史と強い絆

上述しましたが、本の筆者の相松氏は三井物産に在籍していたことから「三井」と「紅茶」との歴史や輸出などについて詳述されています。

元々近江琵琶湖近くの武家だった三井家は、戦乱の世で伊勢の松坂に逃れ、のちに刀を捨てて1615年に造り酒屋兼質屋を開店します。

「越後殿の質屋」と言う名で地元に愛され、少しずつ規模を拡大、江戸に呉服屋を開店します。

この越後屋呉服店が三越デパートとなり、この儲けを資本として為替問屋三井組、この三井組を中核として明治時代になると三井銀行、三井物産、三井鉱山が設立され、1909年(明治42年)に持株会社の三井合名会社となり、戦前の三井コンツェルンを形成していきます。

現在の三井伊勢丹ホールディングスの前身でもある三井物産は実は非常に和紅茶(国産紅茶)と関わりが深いのです。
このあたりは三越伊勢丹ホールディングスの事業内容「三井のあゆみ」を参考にどうぞ。

①紅茶伝習所で作られていた和紅茶(国産紅茶)の輸出を担っていた
②日清戦争後統治した台湾で茶園を開拓した
③オリジナルの和紅茶(国産紅茶)を販売し、今も継続している

①はこの本で初めて知りました。

明治時代に世界で必要とされていたのは緑茶ではなく紅茶でした。
外貨を稼ぐための手段として紅茶製造を推進する明治政府は全国に紅茶伝習所を作ります。

そこで作った和紅茶(国産紅茶)はロンドンに送られ、R・W・アーウィン(三井物産の代理店)で売りさばかれていたそうです。
アメリカの貿易商社ウォルシュ・ホール商会とか、益田孝とかについてもっと掘り下げたいところです。

紅茶伝習所についての簡単な概要は以下ブログを参照ください。
▼参照:日本でも紅茶が作られている?-和紅茶(国産紅茶)の歴史やイベントなどについて-