筆者お勧めの本③ー茶の涙ー






暑い暑いと言いながら、少しずつ朝晩は秋の気配を感じるようになりました

若い頃は「暑さだって寒さだって終わりが来るよ。辛いことも悲しいことも永遠には続かない。」と言われてもその一点の苦痛に目を奪われて先のことなど何も見えなくなっていましたが、今は少し長い目で見ることが出来るようになった気がします。←どうした?!

前回は茶柱倶楽部という漫画のご紹介を書いたので、今日も茶の漫画をご紹介です。

茶の涙について



水面かえる著

2009年から2011年に無料のWEBコミック誌「EDEN&ブレイドコミックアーカイブ』」(現『WEBコミック EDEN』)にて連載。
NPO法人日本茶インストラクター協会協力。

単行本は全4巻。

フランス人のハーフである主人公「内藤涙(ルイ)」は宇治で900年の歴史を持つ老舗茶屋「神那木」の元筆頭茶師。

突然日本茶の輸入禁止を決めたフランス漁農相や中東出身の大富豪を相手に日本茶の素晴らしさを披露し、「神那木」の元筆頭茶師を辞めることになった悲しい過去と対面していくことに。

詳しい内容は是非手に取って読んで見てください。



筆者おススメポイント


漫画の内容も面白く、あちらこちらに茶に関わっている方たちの思いや伝えたいことが入っているので取材協力されている方たちのお顔が浮かんできます。

伝えたいことが多すぎて、4巻には収まりきらない内容になっている感じが正直ありましたが。。

また、巻末に「日本茶 茶のみ話」という本編の補足が数ページ書かれているのですが、ここは日本茶を飲み始めたばかりの方などには非常に役に立つ内容ばかりです。

美味しい淹れ方、水出しの作り方、等はお茶を実際に淹れる時の参考になりますし、「茶問屋について」とか「合組」についての説明等もあります。

品種についても触れており、簡単でかつ明快に説明がされているので自身の勉強にもなりました。
▼参照記事:日本の茶には様々な品種がある?品種について学びたい!
▼参照記事:紅茶の選び方②~シングルオリジン?orブレンド?~

あとは、これは有名ですが、茶業界の有名人がキャラクターとして出ていらっしゃいます。(答え、書いてた…)
▼参照記事:世界お茶まつり2019!<セミナー編③>「日本茶のビンテージを知る」

結び

昔は生粋の漫画っこ(?!)だったのですが、最近は漫画読まなくなっておりました。

頭を空っぽにして漫画の世界にどっぷり漬かるのはなかなかに楽しいものです。
実際はお茶のことで頭がいっぱいでしたが。(笑)

今年の冬も家に籠ることが多いかと思いますので、茶関係の読んでいない図書(読んだけど忘れてしまった)を片付けていこうと思っています。

他にもお茶関係の漫画があるので、そちらも読み次第ご紹介しようと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください