日本の茶には様々な品種がある?品種について学びたい!

品種本 茶のいろいろ

暑い日が続きますね。

相変わらず 仕事休みの日は畑に足を運んでいますが、それ以外は省エネモードで動いております。

出勤するだけで体力を奪われ、仕事で精神力を奪われ、帰って寝るだけですよ。本当に…。

さて、今日は品種について少し考えてみたいと思います。

茶の品種とは?

以前自身の畑でも「実生」と「苗」とどちらも育てているということを書きました。
▼参照記事:茶を育てる‐種から育てる編-
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編①ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編②ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編③ー
▼参照記事:茶を育てるー挿し穂から挿し木編④ー

品種名は基本的に同じ遺伝子を持ったものの総称のため、挿し木で育てられるものだと考えた方が良いかと思います。
「やぶきた」とか「べにふうき」とか。

茶の教室を行う際に割とはじめの段階でお話しておくのが「茶には品種がある」ということです。

茶への興味がそれほどない方からしてみれば、茶畑に生えている茶は全部「茶」でしかない訳で、それが在来実生だろうと、やぶきただろうと、香駿だろうと全部「茶」以外の何物でもないのです。

「ほら、葉っぱの色と厚みが違うだろう?」

といくら言ったところで、「…言われてみれば、そうかな?そうかも知れない。」くらいです。
とはいえ、筆者も葉の形状などを見て品種を当てられるほどの力はありません。
もしかしてこの品種かも?くらいです。

そのため、茶の教室等で最初に説明させていただくのが、

「お茶には品種があります。
お米にコシヒカリやササニシキがあるようなものだと考えてください。」

ということです。

よく耳にする例えですが、お米で考えると非常に分かりやすいです。
例えば、寿司に向いているのは「コシヒカリ」、冷えても美味しいのでお弁当には「ゆめぴりか」等。

それと同じように紅茶向きの品種だったら○○、煎茶向きなら△△…と様々あります。
※海外のものは除く

また、病害虫への抵抗性、寒さや暑さへの強弱等々、品種にも様々な個性があります。

品種に興味を持った!

品種本
ここまで読んで品種に興味が出た!!!という方は結構なもの好きですね。(笑)

恐らくすでに興味を持っていて、たまたまこの記事にぶつかった方が多いのではないかと思います。

品種についてご興味ある方には「新版 茶の品種」という本をお勧めします。

こちらは「公益社団法人 静岡県茶業会議所」にて販売されています。

もしくは、「品種のお茶専門店心向樹」でも購入できます。

心向樹では1煎パックの煎茶、紅茶、烏龍茶等が販売されているので品種の勉強をしたい方にはかなり良いお店です。
▼参照記事:世界お茶まつり2019!<セミナー編④>「茶の品種から考える<これまでとこれからの日本茶>」

品種の違いで茶が楽しくなる

以前紅茶のブレンドについての記事を書きました。
▼参照記事:紅茶の選び方②~シングルオリジン?orブレンド?~

この中で「シングルオリジンティ」と「ブレンドティ」があることについて説明をしているのですが、日本の場合も同