【前編】近未来の「ミルクティ」は植物性ミルクを使用?牛乳以外のミルクティ(代用ミルク)を飲み比べてみた!

未来ミルク飲み比べ 実験

筆者元々お茶カフェを営んでおりまして、メインは紅茶。
スイーツと紅茶を楽しんでいただき、紅茶を日常的に楽しんでいただくような提案を行っていました。

また、紅茶教室を店でも開催させていただいて、夏はアイスティ、冬はミルクティの教室が非常に人気でした。

ミルクティについては今までもちょくちょくブログのネタにもしているのですが、筆者自身がミルクが好きなものでついつい熱く語りがちです。
▼参照記事;筆者お勧めの本①‐「人とミルクの1万年」‐
▼参照記事:紅茶のミルク後入れ派が8割?!2003年王立科学協会の発表から15年

コロナの影響もあり、教室系もしばらくお休みいただいていますが常に新しい内容を考えています。

ここ最近非常に食糧問題に関連することを目にする機会が多く、将来的に酪農というのもどうなっていくのだろうと考えていました。

例えば、「昆虫食」や「代用肉」の増加を考えると、「牛乳」自体も今後は代用ミルクが増加する一方であるかと思います。
すでにスターバックスアメリカでは代用ミルクとして豆乳、アーモンドミルクにプラスして「オーツミルク」が定番として入るようです。

そんなことを考えつつ、将来的に「牛乳」ではないミルクティについて考えていこうと思っています。

…ということでまずは代用ミルクの飲み比べを行いました。

どんな植物性ミルクを使ったの?

植物性ミルクの飲み比べ
今回使用したのは5種類です。
植物性ミルク全部

1,ライスミルク(米)
2,ヘンプミルク(麻の種)
3,オーツミルク(オート麦)
4,アーモンドミルク(アーモンド)
5,無調整豆乳(大豆)

実はこれにココナッツミルクも入れる予定だったのですが、諸事情により(忘れてた)今回は5種類です。

オーツミルクとヘンプミルクに関してはそれ自体を飲んだことがなかったので非常に楽しみです。
ヘンプミルクに関しては少し前の記事でスコットランドやイングランドで飲まれているということを知り、気になっていました。
めちゃくちゃ探しました…。(ネットでもよかったのですが…)

▼参照記事:2000人を対象に英国人の紅茶の飲み方調査!ティーバッグはお湯