桑葉茶ってなに?どんな効果があるの?どうやって作られているの?

茶外茶





桑葉茶というものをご存じですか?

先日桑葉茶を作っている静岡の農家のニュースが出ていました。
「桑葉茶」産業に育て 松崎の企業組合(2018年7月4日)
麦茶の記事でも軽くご紹介しましたが、桑葉茶もカメリア・シネンシスを使用していないので「茶外茶」「代用茶」とします。

明治時代に輸出が盛んだった生糸を作るための養蚕。
松崎は繭の名産地だったそうです。

生糸の輸出が減り、蚕の餌である桑葉の耕作放棄地が増え、再利用として桑葉茶が多く販売されるようになりました。

蚕の唯一の餌でもある桑葉には様々な効能があります。
桑葉茶の製法についてもまとめてみたいと思います。

桑葉茶の効能はどういったものがある?

食物繊維、ビタミン各種、ポリフェノールなどを含んでいます。
また、カルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルやアミノ酸類も多いそうです。

中でも注目される成分が、桑の葉にしかないと言われる「DNJ(デオキシノジリマイシン)」が非常に様々な体に良い効果をもたらすと言われています。

糖尿病予防 糖質の吸収と血糖値の急上昇を抑える
ダイエット効果 便秘解消、中性脂肪の排出を促す
肝臓や腎臓の機能向上 アルコールの分解と吸収を抑える

漢方では桑葉(そうよう)と言って昔から親しまれています。

桑葉茶はどうやってつくられているの?

最初にご紹介した静岡の桑葉茶(そうばちゃ)は粉末スティックを作っているようです。

1、粉末にする
2、葉茶

1、粉末にする

粉末にしているので葉の有効成分はすべて摂取できます。

桑葉茶だけだと青臭みが感じられるようなものは、抹茶粉末や青汁などが混ぜられているものも販売されていました。


糖質が気になる方にと人の心を動かす言葉が…。

粉末状になっているので水に溶かして飲めるというところが良いですね。

簡単に摂取できて、健康に良いというのは興味がない方にも訴求しやすいところです。

2、葉茶

自宅で作る場合などは、枝ごと切って天日干しにし、そのまま葉を煮て飲んだりもするようです。

葉茶の場合も桑葉茶独特な風味を消すために、紅茶や烏龍茶をブレンドしているものも多くあります。
また、緑茶や紅茶と同じ製法で作る方法もあるようです。

いくつかの桑葉茶製造方法を調べていると、煮る⇒(揉む)⇒乾燥が多いように見受けられました。