ノンカフェインで多くの効能があるルイボスティ!どうやって栽培され、作られているの?

ルイボス飲む 茶外茶


ルイボスティについて、すでに記事を書いていたような気になっていたのですが調べてみると「ハニーブッシュ」しか出てこなくて愕然としました。
▼参照記事:ハニーブッシュティとは?ノンカフェイン?ルイボスティより飲みやすい?

実はルイボスティに関してのニュースを読んでいて、記事を書き始めたものの、まず自身でルイボスについて書いていなかったことに気づいたという話でした。。

夏になると茶ばかりではなく茶外茶も大量摂取するようになるので(麦茶とか)、ルイボスも時期的にはまぁ、ありかな…ということで、今更感がなんとなくありつつもルイボスティについてまとめていきたいと思います。

ルイボスティについて

ルイボス赤い
ルイボスはWikipediaによれば、

ルイボス(Aspalathus linearis、アフリカーンス語:rooibos)はマメ亜科のアスパラトゥス属(英語版)の一種である。

針葉樹様の葉を持ち、落葉するときに葉は赤褐色になる。南アフリカ共和国は西ケープ州ケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈(英語版)一帯にのみ自生する。

とあります。

19世紀後半に書かれた植物学の記録には、ルイボスは当時セダルバーグ一帯の先住民(サン族とコイ族?)の伝統的な飲み物であったと記されています。

植民地以降、紅茶の大ブームが起こった時代に本場中国紅茶の代替品として利用されるようになったとか。

1904年に南アフリカの実業家が中国のキームンの作り方を踏襲し、樽で発酵させることによりルイボスティを生み出します。
ただ、ルイボスの種を発芽させるということは難しく、その当時はビジネスとしては成り立たなかったそうです。

元々自生していたルイボスをその後様々な研究者たちが商業的に栽培できるようにしてきて、ある程度の量を生産できるようになったという歴史があるようです。
※ルイボスの歴史はもう少し掘り下げて調べたいところですが、筆者自身もほとんど知らなかったので今回はWikipediaから引用させていただきました。

ルイボスティの製造方法

おおよそは上記の動画を見ると分かりますが、製法は以下になります。
※製法についてはこちらから引用

【栽培】

ルイボスの種子は2月から3月の間に播種されます。
苗木は数か月後に移植。
そこから収穫できるようになるまで、約18ヶ月かかります。

毎年春に黄色い花を咲かせ手種を作ります。
種子は熟すと飛び出してしまうため、集めることが難しいそうです。

こちらは先ほどのWikipediaに書かれていましたが栽培を始めようとした昔は、種子を集めた蟻の蟻塚からルイボスの種子を集めるという現地の人の情報から種を集めていたそうです。

現在は植物の周りの砂をふるいにかけることによって種子を集めています。

【収穫】

夏から初秋の間に50㎝程度で刈り取って、まとめて工場に運びます。

【切断】

1.5mmから5㎜程度にカットします。
天然植物のフェノール活性(フェノール類の活性化?)を促すためにカットを行います。

【発酵】

水をかけ、空気を含ませて山積みで発酵を行います。
34℃~38℃で10時間から14時間<
茶と同じく酵素による発酵で、この過程で水色が琥珀色になり、独特の香りを放つようになります。

【乾燥】

天日干しされ、その後等級分けされます。
※この後蒸気殺菌されるようですが、動画にはその様子は出てきません。

 

【補足】
なお、ルイボスには二種類あります。
通常の赤いルイボスとグリーンルイボス。