熱中症予防に「給茶」や「お茶Bar」!お茶屋さんで色々なお茶を楽しもう!

茶のいろいろ

「給茶スポット」×「お茶Bar」を知っていますか?

熱中症予防にこまめに水分を取りましょう、と先日熱中症の記事に書きました。
特に今年(2018年)は特別熱中症患者も増えています。
常時こまめな水分補給が何より一番の熱中症対策となります。

「マイボトルを持って外出したけど飲みきってしまった」

「お茶屋さんでお茶を購入したいけど茶葉を100gを買うのは怖い。ちょっと試し飲みしてみたい。」

「家に急須がないけど、自分でお茶を淹れてみたい」

そんな方に最適な「給茶スポット」と「お茶Bar」!
ご紹介します。

「給茶スポット」×「お茶Bar」とはなに?

全茶連(全国茶生産団体連合会)」と「象印マホービン」と「株式会社吉村」が企画運営している、コラボイベントです。

【2021/3追記】
「給茶スポット」×「お茶Bar」はそれぞれ別の活動として今後も継続のようです。

マイボトルでのエコライフを支援する取組として象印マホービン株式会社さんがスタートした「給茶スポット」。
吉村は2007年から事務局として、キャンペーンの開催などを担ってきました。
喫茶営業許可のないお茶屋さんでは液体を販売する「給茶スポット」は運営できないことから、一回分の茶葉を購入して自分で淹れる「お茶Bar」を日本茶業中央会の補助事業として茶業界に広げました。
2019年の給茶協議会で、2020年から使い捨て容器を使用する「お茶Bar」は「給茶スポット」と切り離す運営となり、「給茶スポット」の事務局を象印マホービンさんへ移行し、吉村は応援団となります。

▼引用:株式会社吉村のHPより

日本茶の普及を目指す各企業が結びついて、全国のお茶屋さんを巻き込んで、様々なイベントなどを行っています。

給茶スポットとは?

こちらのマークを見かけたことはないでしょうか?
※こちらのマークは筆者が利用させていただいていた時(2016年くらい)のものとなります。若干古いです…。

「給茶スポット」は給茶スポットにマイボトルを持っていくと、プロが手ごろな価格で美味しいお茶を淹れてくれます。
※価格は店や茶葉の種類によって違います

マラソンをしている時に、途中で水分補給する場所、そんなイメージです。

マイボトルを持っていくので、無駄な資材も無くエコロジー。

珈琲、紅茶や日本茶などなど、カフェやお茶屋さんが給茶スポットとして登録しています。
ゆえに、日本茶だけでなく、様々なドリンクが楽しめます。

環境問題によりペットボトルも縮小、プラカップも今後無くなっていくかと思います。
▼参照記事:ティーバッグのマイクロプラスチック問題とは?ティーバッグで茶を飲むのは危険?
▼参照記事:プラスチックストローが禁止?どうなる台湾のタピオカミルクティ!

マイボトルを持ち歩く習慣もここ数年で格段に定着したように感じていますが、筆者お勧めのマイボトルもご紹介したいと思います。