熱中症?と思ったらまず何をする?熱中症予防の水分補給にオススメのお茶は?




暑い日が続く2018年夏。
異常な暑さが7月から続き、熱中症患者も急増しています。

熱中症までいかなくても、外の暑さと冷房との温度差で体もぐったり。
ついつい、ペットボトルの炭酸飲料を飲みすぎたりしますよね。

熱中症について、そして熱中症対策としてオススメのお茶をご紹介します。

今更だけど、熱中症とは?

熱中症とは、
暑さや湿度に体が適応できず、体温が異常に高くなった状態
のことを言います。

通常、汗をかくことにより体温を下げ、体を冷やします。
しかし、暑くて湿度が高い状態ですと、暑い空気が体温を下げてくれず、さらに湿度で汗が蒸発しないため、体温が上昇し続けてしまいます。

めまい、手足の筋肉のけいれん、手足の痛み、だるさ、吐き気、頭痛、注意力散漫などの症状が現れたら要注意です。

①風通しの良い日陰や冷房のきいた部屋に運ぶ
②水分を補給する
③脇、首、太ももの付け根を冷やす

こちらで回復が見られれば、軽度の熱中症ということになります。

①~③の対策をとっても状態が変わらない場合は病院へ行きましょう。

吐いてしまい水が摂取できない、何を言っているかわからないことを言い出す、意識障害などが起こってしまった場合はすぐに119番しましょう

総務省消防庁の熱中症情報より

 

 

熱中症になったときに飲むドリンクは?

 

総務省の熱中症情報で確認をすると、以下を推奨しています。

①ナトリウムが100ml当たり40~80㎎入っているもの
②水1Lに対して、塩3gと砂糖40gが入っているもの

これはいわゆる、スポーツドリンクや経口補水液になります。

 

 
熱中症予防と災害対策にこういうドリンクも水と一緒に数本置いておくのもオススメです。
スポーツの後や夏に汗だくになったあとにはとても美味しいですよね。
 

 
こちらは以前友人が熱中症のような症状になった際に、工事現場で働く父親からオススメされたと言っていました。
友人の父親はすぐさまドリンクを作って飲ませてくれて、熱中症の症状は一日ほどですっきりと治まったそうです。
それから夏の外出の際にはお守りとして持ち歩いているとのこと。
 

熱中症を予防するには?

 
①こまめな水分補給
②外に出た時は日陰を歩いたり、帽子をかぶる
③調子が悪くなったら無理せずすぐ休む
④睡眠や食事に気を配る
⑤日頃の体力づくり

上記5点を気にするようにしましょう。

中でも、一番簡単で重要なのが「こまめな水分補給」です。

今ではペットボトルもどこでも手に入れられます。
しかもペットボトルの場合は保存料が入っているものが多いので、暑い時に長時間持ち歩くのには最適です。

最近は自宅でお茶を入れたマイボトルを持ち歩く人も多いですよね。
マイボトルの記事はこちら

喉が渇く前に少しずつでも口の中を潤し、熱中症を予防しましょう。

 

 

 

熱中症予防に最適な茶は?

 

昔から夏の定番とされている「麦茶」は熱中症予防に最適です。

以前の麦茶の記事にも書いてありますが、大麦で作られている麦茶にはミネラルが豊富に含まれています。

汗からミネラルが出てしまうので、それを補うことで熱中症予防ができます。

ノンカフェインですので、年齢などを問わずにたくさん飲めるのも嬉しいところ。

カフェインが入っている緑茶、烏龍茶、紅茶なども水分補給には良いのですが、どうしても夏は大量に飲みたくなりますので、水出しにして成分濃度を下げてあげると良いでしょう。

水出しにすることにより、カフェインの大量摂取を防ぐことができます。
水出しの淹れ方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

 

結び

 
本当に異常な暑さの続く夏となっています。

東京では7月22日までに熱中症の疑いで搬送された人数(3544人)が、昨年一年の人数(3454人)を上回ったとのことです。

熱中症は65歳以上の方が半数を占めています。
年配の方は喉の渇きに気づきにくいということがあるため、喉が渇かない状態でもこまめに水分を取るように促してあげましょう。

そういえば、化学的にはわかりませんが、茶農家の方たちは炎天下の農作業の中で冷茶を常にたくさん飲んでいました。

それで熱中症にはなったことがないという話を何名も聞いているので、カフェインが入っているお茶でも薄めて飲めば熱中症には効果的なのかも知れません。

とにかく、水分補給!
少しでも調子悪かったら、すぐに休みましょう!

自分の命を守るのは自分ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください