地理的表示(GI)と地域団体商標。茶に絡む商標にも様々なものがある?!

新芽を乗せた手 茶のいろいろ


先日「宇治」の商標登録について少し追記をしました。

茶には国に登録し、国から保護されている名称等があります。

また、国に登録はするものの、団体で管理しているものもあります。

今回は「地理的表示(GI)」と「地域団体商標」についてまとめてみたいと思います。

「地理的表示(GI)」とは?

GIの図
何度かこのブログでも扱っています。
▼参照記事:インド、アッサムティの地理的表示(GI)保護制度
▼参照記事:「西尾の抹茶」が地理的表示(GI)保護の登録取り下げ?!GIの問題点とは?

一番簡単な例は「インドのダージリン地方で作られた紅茶以外、ダージリンティと名乗ってはいけない」というものです。

もしくは、「フランスのシャンパーニュ地方で作られた発泡性のワインしか、シャンパンと名乗ってはいけない」でしょうか。

地理的表示(GI)は「その土地の特徴を生かして作られたものを知的財産として保護するための認定制度」ということ。

元々、茶としては「八女伝統本玉露」と「西尾の抹茶」が登録されていました。

しかしながら、「西尾の抹茶」は2020年2月に登録生産者団体からの要望により消除されています。
▼参照記事:「西尾の抹茶」が地理的表示(GI)保護の登録取り下げ?!GIの問題点とは?

よって、現在(2020/6/15)日本の茶で地理的表示(GI)登録されているのは「八女伝統本玉露」のみとなります。

地域団体商標とは?

(図)「地域団体商標 特許庁」カラーのロゴ
「地域に根差した団体が地域ブランドの商標を有し、その団体の構成員が使用できるもの。
地域の名称と商品(サービス)に関連性があり、ある程度の認知度が必要」です。

こちらの登録がされているものが以下になります。

【茶】
足柄茶、伊勢茶、宇治玉露、宇治煎茶、宇治茶、宇治碾茶、うれしの茶、掛川茶、かごしま知覧茶、河越抹茶、川根茶、霧島茶、くまもと茶、甲賀のお茶、静岡茶、知覧茶、西尾の抹茶、東山茶、福岡の八女茶、政所茶、美濃白川茶、八女茶

【茶外茶】
甲斐の桑パウダー、甲斐の桑茶

【海外】
CEYLON TEA(せいろん てぃー)

以前記事にしましたが、中国で「宇治」が商標登録されてそれを訴え、現在も訴訟が続いています。

最近、中国の国家知識産権局が「宇治は日本の有名な都市であり、抹茶の産地」と認めたそうです。
▼参照記事:【2019/11/18、2020/6/12追記あり】中国で「宇治」が商標登録?!今後宇治茶と名乗れなくなる?!

地理的表示(GI)と地域団体商標の違いは?

特許庁に分かりやすいPDFがありましたので、そのまま表を添付させていただきます。

GIと地域団体商標
▼引用: