輸出をされていた日本茶ー商標である蘭字についてー

OHYO 茶にまつわるもの

日本茶は明治から昭和期に盛んに輸出されていたことをご存知ですか。

お茶を勉強されている方や詳しい方には周知の事実かも知れません。
ですが、案外知らないというのが現状です。

でも、思い返せば歴史の授業で、必ずみんな学んでるのですよね。

「生糸」と「日本茶」

江戸幕府が終わって明治の時代に入る頃、輸出用茶箱に貼られていた蘭字というラベルが非常にオシャレで興味深いものだと最近知りました。

蘭字についてまとめてみたいと思います。

蘭字ってそもそも何?

蘭字一覧
▼写真:フェルケール博物館「蘭字ー日本の輸出茶ラベルー」展図録

どこかで見たことがある方もいるかと思います。

蘭字というのは、出だしで少し書きましたが輸出用茶箱に貼られたラベルです。

長い江戸時代が終わり、明治期に入る頃茶の輸出が行われるようになりました。

当時、中国南部の葦科の植物で編んだ「アンペラ」(ゴザのようなもの)で茶箱を包んでいましたが、そのアンペラに貼られていたものです。

アンペラ茶箱
▼写真:フェルケール博物館「蘭字ー日本の輸出茶ラベルー」展図録

こちらは静岡県清水市にあるフェルケール博物館で実際に見ることができます。

色あせてはいますが、綺麗に貼り付けたものだと感心してしまいます。

最近は、日本茶にこのような蘭字を模したパッケージのものも販売されるようになりました。


現代で販売されていても全く遜色ないオシャレさですよね。

海外の方がどういった反応をされるのかは分かりませんが、プレゼントして、お茶の説明と蘭字の説明が簡単に出来たらカッコいいなぁと妄想してしまいます。

江戸時代末期から横浜の外国商館扱いの輸出品には、商館ラベル(商標)がつけられており、茶用の蘭字だけではなく、生糸や缶詰なども似た雰囲気のラベルが付けられていたそうです。

蘭字が生まれる経緯は?

江戸時代末期、アメリカと日