茶畑の二次活用を考える②‐0円でリースを作ってみた2‐

ソルゴーリース 茶にまつわるもの


茶畑の二次利用を考えるというシリーズを以前書いていました。

▼参照:茶畑の二次活用を考える‐茶杓(もどき)を作ってみる‐
▼参照:茶畑の二次活用を考える②‐0円でリースを作ってみた‐
▼参照:茶畑の二次活用を考える③ー茶の花で遊ぶー
▼参照:茶畑の二次活用を考える④ーヤブニッケイを使ってシナモンティを作ってみるー

そちらに合わせて番外編もいくつかあるのですが、今回は「0円でリースを作ってみた」のリベンジです。

茶畑にある材料を使って、0円リースを作ります。

ソルゴーが出穂したから何かに使いたい

今回はここが起点になっています。
ソルゴー出穂
さて。
何かに使えないもんか。

普通に切って土に返せばいいのですが、何かに使えないかとしばらく頭を悩ませていました。

検索すると、海外などではソルゴーの穂を利用してリースを作っています。
ほうほう。

そのまま花瓶などに生けておくというのも趣があります。

茶畑での遊び方を常に模索しておりますので、ソルゴーでも遊んじゃう。←決して暇ではない

リース作ってみよう

リース道具
土台のリースも昨年畑で蔓を巻き巻きしまして、簡単に輪にしたものをそのまま乾燥させています。

あ、そうそう昔店で使っていて仕舞い込んでいたグルーガンを引っ張り出しました。


強力にくっつけられるので、こちらを利用。(筆者のは遥か昔に100円ショップで700円で購入したグルーガンですが(^-^;)
リース材料
このあたりも同じように畑にあるものを拾ってきておいて、乾燥させています。

穂をくっつける
紐で数本縛って、グルーガンでリースに止めていきます。

バランスなどを考えながら、素材を少し付けてみて、ラフィットヤーン(家にあった)をリボン代わりに。


ナチュラルな色合いが出せるので