2021/4/15「緑茶と健康シンポジウム」に参加して(1)ー緑茶と新型コロナウイルス研究最前線ー

コロナウイルス1 茶のいろいろ

カテキンとウイルス

昨年末からすっかり宇治茶と仲良しの筆者です。

今回は京都府茶業研究所主催の「緑茶と健康シンポジウム~緑茶と新型コロナウイルス研究最前線~」に参加させていただきました。(オンラインシンポジウムです)

新型コロナウイルスの研究をなさっている研究者の方たちが最先端の研究成果をお話してくれて、緑茶が新型コロナウイルスに効果があるのかというところまで触れてくださるそうなので興味津々です。

「緑茶と健康シンポジウム」の概要

■日時:令和3年4月15日(木) 午後1時30分~午後4時
■場所:宇治茶会館大ホール・Zoom配信

■主催:京都府
■共催:静岡県、(公社)日本茶業中央会、(公社)京都府茶業会議所、(公社)静岡県茶業会議所、(公社)鹿児島県茶業会議所

■後援:鹿児島県

———————–
1 開会

2 基調講演
「緑茶のインフルエンザ予防効果に関する研究について」
静岡県立大学健康支援センター長 山田浩 氏

3 パネルディスカッション
「緑茶の新型コロナウイルスに対する効果について」

【パネリスト】
京都府立医科大学 免疫学教授 松田 修 氏

仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター長 西村 秀一 氏

京都大学ウイルス・再生医科学研究所 准教授 三浦 智行 氏

静岡県立大学健康支援センター長 山田 浩 氏

京都府農林水産技術センター農林センター茶業研究所 技師 北尾 悠樹 氏

コーディネーター
京都先端科学大学 バイオ環境学部教授 藤井 孝夫 氏

4 閉会
———————–
※配布資料より引用

基調講演「緑茶のインフルエンザ予防効果に関する研究について」の概要

茶に含まれる主なポリフェノールには

・エピガロカテキンガレート(EGCG)
・エピカテキンガレート(ECG)
・エピガロカテキン(EGC)
・エピカテキン(EC)
・テアフラビン(TF)
・ストリクチニン

等がある。

緑茶の主成分であるカテキンには

抗酸化作用
血糖・血圧上昇抑制作用
抗動脈硬化作用

など多岐に渡るが、今回は以下に注目。

抗菌・抗ウイルス作用
免疫賦活作用

インフルエンザウイルスは多くの方がご存じの通り、飛沫や接触により「口腔、鼻腔、咽頭、喉頭」から侵入する。
それら上気道に侵入する際、カテキンやテアフラビンなどの茶の成分が感染を阻害することが知られている。